人気ブログランキング | 話題のタグを見る
モーレツな人達の単行本発売!_a0087957_0565018.jpg

Travolgente! Famiglia Italiana
これが「モーレツ!イタリア家族」のイタリア語訳です。
漫画のモデルであるイタリア家族の登場人物達が集まる食事の場で、長い話し合いのなされた結果決められたのがこれでした。

(私)「なんていうか、あの、こう、台風の目みたいな・・・」
(家族)「やだよ、そんな台風の目みたいな家族なんて、凄く迷惑そうじゃないか」
(私)「(・・・実際それに近いものがあるとは思うんだけど・・・)いや、台風ってんでもないなあ、こう、全員エネルギーが爆裂してるっていうイメージの・・・」
(姑)「エネルギー爆裂してるなんて、そんな風にあんたの目には見えるの!?」
(私)「(見えますとも)いや、あの、だから、元気でパワフルで、こう、見てると凄いような」
(姑)「見てると凄いようなってどういう意味よ!?」

・・・・このような会話がなされた揚句、旦那が後からこっそり「これが一番いいと思うよ」と紙に書いてくれたのがこのTravolgenteなわけですね。

Travolgente: ① 性急な 乱暴な 猛烈な ②《比喩的》魅力のある 心を惹きつける

姑には②の意味合いを強調して納得してもらい、はれてこの単語に決定したというわけです。

それにしてもほんと、これ以上この家族に相応しい言葉はイタリア語にはありませんよ。

13日に発売されました。
私はまだ見てません。

モーレツな人達の単行本発売!_a0087957_0562763.gif

# by dersuebeppi | 2006-10-18 00:59

再びイタリアへ

漫画仕事が一段落したところで明日からまたイタリアです。

今度はリグリア州(ジェノバのある州)とエミリア州(パルメザンチーズやフェラーリなどを生産しているところ)を中心に周ってきます。
夫と子供と猫はリスボンに置いていきます。

再びイタリアへ_a0087957_23472227.jpg

写真は4日間も滞在するユネスコ世界遺産にも登録された「チンクエテッレ」ってとこです。

ところでジェノバ・・・ジェノバと言えばマルコですよ、マルコ。
再びイタリアへ_a0087957_23495328.jpg

母を訪ねて三千里。
子供心に不条理な世界の過酷さが鋭く突き刺さり、いつも楽しみに見るわりにエンディングで気分が暗くなる名作アニメ。
でも私、あのアニメの歌が大好きでした。アンデスのフォルクローレチックなところが夢とロマンを掻き立ててくれたもんです。

あとこのアニメでポンチョってもんにも興味が沸きました。
大人になってからボリビア人の行商から購入したことありましたが、色黒のわたくしがそれを着てると周りからスペイン語で話しかけられそうなので、ついにそれを着て外へ出かけることはありませんでしたが。
あれ、一体どこにしまっただろう・・・
# by dersuebeppi | 2006-10-07 23:51

仕事に身が入らない

仕事に身が入らない_a0087957_22182680.jpg


PCを買い換えてから、結局これから離れられない状態が続いています。
仕事しないと間に合わんのに。

そんな時、古代ローマ時代に人々が口にしていた言葉を思い出す私です。

「焦りなさい。ただしゆっくりと」

古代ローマ時代やルネッサンス時代のように、触発を糧とする多くの知識人が発生していた時期ならではのお言葉ですね。

だから私は今日は中国でどっさり生まれたというパンダに癒されて過ごすことにします。
# by dersuebeppi | 2006-10-01 22:19

しゃかいのがくしゅう

それにしても、この表紙はよく見ると凄いなあと思います。

小さな少女が手拭いを姉さんかぶりにして、モンペ姿でカブを引っこ抜く。
これすなわち、しゃかいのがくしゅう。
しゃかいですよ、確かに農家の収穫のお手伝いは。

しゃかいのがくしゅう_a0087957_6305066.jpg


だけど、このカブのでかさは一体・・・・
あ、桜島大根だそうですよ。
裏に出てました。

今から32年前のしゃかいのがくしゅうです。
# by dersuebeppi | 2006-09-29 06:31

懐かしいヨーヨー

ここ最近妙に自分が小学生だったときのことを思い出してばかりいます。
ポルトガルという土地が、日本のような激しいキャピタリズムの中で、物欲を刺激しまくられるような環境とかけ離れているせいかもしれません。
ここは日本のように建物もそんなに建て替えたりしないし。
何十年も乗り切ってきたような古い商店もいっぱいあるし。

小学校3年生か4年生くらいだったかなあ、このラッセルヨーヨーってのが大流行したのって。
懐かしいヨーヨー_a0087957_208373.gif


もう欲しくて欲しくてたまらんかったですよ、わたしは。
ファンタのロゴのやつね。
懐かしいヨーヨー_a0087957_2085082.gif


で、「犬の散歩」などの妙技を習得してみたかったんですよ。
でも高かったんですよ。カンタンに変えない値段。
値段覚えてないけど、とにかく当時にして500円以上だったと思う。

母親は「暮らしの手帳」の愛読者だったんで、こんなアメリカ資本主義万歳みたいな代物は駄々をこねても買ってくれませんでした。

だけど、最終的には一人でこっそり買いにいったんですよ。
ちょっとづつ貯めた小遣い持って。
近所の「喜多商店」に。
しかもファンタが欲しかったくせに、最終的には透明なコカコーラのロゴのやつを入手しました。

ああ、すばらしい充足感だったなあ。
あんな底抜けの青空みたいな充足感、大人になってからは滅多にないですよ。

結局犬の散歩という妙技は最後までできませんでしたが。
# by dersuebeppi | 2006-09-28 20:09

漫画家ヤマザキマリのブログ。連絡先等はプロフィール欄をご覧下さい


by Thermari
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30