人気ブログランキング |

<   2020年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

イタリアでのCOVID-19感染者拡大について、個人的な経験で思いあたる要因のあれこれ


ものすごく個人的見解ではありますが、いまのイタリアでの感染拡大について、自分のイタリア人家族や彼らの日常生活レベルで思い当たることをいくつか。もちろんイタリア人といっても多種多様なので、これはあくまで私のエッセイ漫画などに出てくる家族親族友人をベースとした考えです。


その1)

EUの中でも特に高齢化が進んでいるという意味を踏まえれば、こちらの記事が概ね参考になるかと思われます。

https://wired.jp/2020/03/20/why-the-coronavirus-hit-italy-so-hard/

そしてこの記事にも触れられているように、イタリアもスペインも、基本的に老人を放っておかない国民ですし、高齢者と一緒に暮らす家族が多い。

イタリアの実家も二人の高齢者を亡くなるまで自宅で介護をしていましたが、親族と限らず近所に一人暮らしの老人がいれば必ず世話を焼く。何はともあれ老人は敬われる存在なわけですが、今回はそれが裏目に出てしまったケースが多いと思われます。

実際ネットの動画にも入院中の本人による証言が上がっていましたが、自分が感染していると知らずに家に帰ってきて、お父さんに移してしまい、自分は軽症で済んだのにお父さんは亡くなってしまったという事態もあるようです。

我が家でもかつて、小姑がもらってきた風邪が85歳の祖母に感染してしまったことがありました。


その2)

少なくとも私の周りのイタリア人は、痩せ我慢は美徳だとは思っていません。

怒る時は怒る、泣きたい時は泣く。言いたいことも言いたい放題。

そして、体調がちょっとでも悪ければすぐに病院。

私の場合であれば、自分が平気だと行っても、周りに執拗にゴリ押しされて病院へ行くことになるわけです。

不安材料が芽生えればどんどん取っ払っていく。2月なかばにロンバルディア州のコドーニョで最初の感染者が見つかり、パドヴァ州で最初の死者が出た直後、ウィルス検査が大人数に対して一斉に実施された背景にはそんな彼らの不安症な性質が関わっていたのではないかと思われます。


その3)

たとえば私の義母はインフルエンザが流行り始めると薬局からワクチンを買ってきて、家族中に注射をしまくっていました。

私も今までに何度もやられました。イタリアでは日本と違ってそれが可能なのです。

うちの家族だけでなく、流行病に対する不安や気構えが日本に比べると強い人がイタリアには多いという印象はあります。


その4)

医療崩壊と言われている現在のイタリアの医療機関ですが、私もイタリアでは何度か入院をしたことがあり、そのうちの数回は病室満員ということで廊下に寝かされていました。出産をした病院でも、なるべく早く退院してくれ、ということを言われました。

病室がないので帰って安静にしていてくれ、と言われたこともあります。もちろん地域にもよりますが、病床の不足など医療管理の不具合については、もともとイタリアでは社会問題になっていました。


その5)

イタリアではいまだに風邪を引くとハンカチで鼻をかむ人がいます(少なくとも私の周りには何人か思い当たる人がいます)。しかもそのハンカチは使用される度いちいちポケットに収納されているわけで、そのハンカチを触った手で何かに触れれば菌は拡散して当然。

私の義妹はかつてインフルエンザ中に私の家にやってきて、あまりに咳き込むので日本のマスクをあげたら、大げさだと言ってもらってくれませんでした。

子供もマスクをして小学校へ行ったら「疫病じゃあるまいし取れ」と言われました。治安の悪い国では風邪とはいえ顔を半分も覆っているのは確かに穏やかではありません

でも感染症にかかった人がマスクをする習慣がもともとあるのとないのとでは、いまのような事態には歴然と出るような気がします。


とはいえ、こうしたイタリアでの事態を、文化の違う土地での対岸の火事と捉えてしまうのは危険です。

私は毎日イタリア家族と電話をしていますが、電話の後すっかりイタリアでの危機感に染められた頭で街へ出て、電車の中で若い子が空いた座席に座るなりそれまでつり革に触れていた手で菓子パンを引きちぎって食べていたり、イベントに人が集まったりしているのを見ると、とても動揺してしまいます。


「日本はどこか楽観しているように見えるけど、これは世界全体の問題。大げさだと思われても、外出もなるべく控えるに越したことはない」

これは毎回電話のたびに、イタリア家族から念を押される言葉です。


イタリアでのCOVID-19感染者拡大について、個人的な経験で思いあたる要因のあれこれ_a0087957_11041768.png
(HANAKO 鈴木おさむさんエッセイ「ブスの瞳に恋してる」イラストより)


参考エッセイ


イタリアでのCOVID-19感染者拡大について、個人的な経験で思いあたる要因のあれこれ_a0087957_11041711.jpg
(女性自身「ハッスル日記」エッセイより)
イタリアでのCOVID-19感染者拡大について、個人的な経験で思いあたる要因のあれこれ_a0087957_08012544.jpeg
(「それではさっそくBuonappetito!」2014年刊より)





by dersuebeppi | 2020-03-23 11:11


昨日は下高井戸の映画館で「2人のローマ教皇」(The Two Popes)を観た。


久々の投稿:「2人のローマ教皇」_a0087957_10232887.jpg


これは映像ストリーミング会社であるNetflixによるオリジナル作品なので、配給会社による宣伝があちこちでなされたわけではないからきっとご存知ない方も多いと思う。Netflixに登録している人であればいつでも見られる作品なわけだが、私としてはやはり大きなスクリーンで見てみたかったので、映画館での公開は嬉しかった。

監督は「シティ・オブ・ゴッド」などの作品で知られるブラジル人監督フェルナンド・メイレレス。



久々の投稿:「2人のローマ教皇」_a0087957_10232267.jpg


一緒に観に行った漫画家とり・みき氏から世田谷線の電車の中でNetflixの作る映画の方向性や特徴などについての説明を受けたが、実際、映画というものの本来のあり方、そして産業化が加速する段階で映画が失ってきたもの、実在の人物を演じるとは何なのか、史実とフィクションの織り込み方など、ありとあらゆることを考えながらの鑑賞になった。


ジョナサン・プライスもアンソニー・ホプキンスもそれぞれの教皇を見事に演じているのだが、彼らの佇まいからは現実とフィクションとの境界線への意識が感じられた。それこそ、クオリティの高い役者でなければ醸し出せない“演技力”というものなのかもしれない。

そっくりその役になりきりながらも、役者たちがそれぞれのインテリジェンスを表現に昇華させて、観衆の知る実在の人物や実際のエピソードと原作との狭間を、しなやかで頑丈な絹糸のように織り込んでいる。

いい映画というのは良い役者が良い演技をしている映画、という捉え方もできるわけだが、この作品はまさにこの二人の登場人物の対話のみで構成されているので、そういった意味でも久々に極上の映画を見たという感覚に浸ることができた。


もちろん日本のようにローマ教皇そのものが何なのかそれほど知識が浸透していない国においては、その概要を知る上でもおおいに役にたつだろうし、何よりこの二人の国籍が、たまたまドイツとアルゼンチンという、歴史も国民性も文化も異なる要素を携えたバックグラウンドだという点に、さりげなくもしっかり、抜かりなく着眼しているのも小気味良い。ホルヘ・マリア・ベルゴリオ(現教皇)のアルゼンチンでの軍事独裁政権下における記憶の回想シーンも、当時のアルゼンチンの有様を、それはそれでもう一つの映画作品として捉えられるような味わい深い演出になっていたのも印象的だった。



久々の投稿:「2人のローマ教皇」_a0087957_10373908.png



あえて被写体を中心に置かない空間を生かした映像の切り取り方のセンス。突然微妙な揺れが固定されてフォーカスが絞られるカメラウォーク。3Gとはとても思えない見事なバチカン市国やサン・ピエトロ寺院の再現、スペイン語、英語、イタリア語、ドイツ語、ラテン語が入り混じってもなんら違和感のない言語処理。ABBA、メルセデス・ソウザ、タンゴからフォルクローレ、クラシックにポップスといった様々な音楽の取り込み方も秀逸。

様々な忖度でがんじがらめにならない作品にはやはり潔くてポジティヴなパワーがある。


ドキュメンタリー的要素に潜むドラマティックさをユーモラスという良い舌触りのオブラートに包んで観衆の意識に浸透させていくテクニックも満遍なく駆使されているのだが、それも爺さんの言動ならではの自然さで、取って付けたようなやり過ぎ感が感じられなかったのも勉強になった。



オフィシャル・トレイラー1





オフィシャル・トレイラー2






肖像画の被写体にしたくなるようなアンソニー・ホプキンスとジョナサン・プライス
久々の投稿:「2人のローマ教皇」_a0087957_10372534.jpg

上映情報:





by dersuebeppi | 2020-03-02 10:58

漫画家ヤマザキマリのブログ。連絡先等はプロフィール欄をご覧下さい


by Thermari
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31