<   2018年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧




[PR]
by dersuebeppi | 2018-08-27 22:55
「世界をつくってくれたもの。」ほぼ日刊イトイ新聞

本日より数日間のインタビュー連載がスタートします。
(下の画像をクリックして下さい)



[PR]
by dersuebeppi | 2018-08-27 12:42
a0087957_15451723.jpg


更新されております:

ヤマザキマリの『世界を食べる』
「串刺し料理に見る、ハングリーのDNA」




[PR]
by dersuebeppi | 2018-08-21 15:45
a0087957_01343983.jpg

地元の人も行かなければ、多分どこの国のガイドブックにも出ていないであろう
パドヴァの昆虫博物館Esapolis。

ヴァカンスまっただ中という時期も重なり、もちろん自分以外の客は誰もいない。
入り口は一般の人の家を訪れる時と同じ様に、呼び鈴を押す。

5回くらい鳴らしてやっと瓶底眼鏡をかけたお嬢さんが扉を開けてくれた。
掃除中だったのか右手にはモップが握られている。


a0087957_01323023.jpg


もともとはこの地域で営まれていた養蚕記念館みたいなものだったのが
パドヴァ大学との提携で昆虫博物館になったのだそうだ。
だから博物館の展示物の半分以上は蚕の繭。

品の良いアンティーク戸棚の中に巨大な蚕の幼虫と成虫のフィギュアが展示されていた。
いつ頃作られたのか知らないが、どうして真ん中が横に割れているのかわからないが
なかなか恐ろしい。

a0087957_01322910.jpg

今夜の夢に出てくるかもしれない成虫の触角

a0087957_01322904.jpg


廊下に陳列されている標本も、形が整えられていないだけでなく
脚がもげていたり、昆虫の向きが回転していたりと、かなりいい加減な様子


a0087957_01323919.jpg


a0087957_01322895.jpg

養老孟司先生もおっしゃっていたが、海外の標本はいい加減なのが多いらしい。
私なんか標本は額に入った自然の芸術作品、なんて思ったりしているわけだが
これを作った人にしてみれば標本は観察に支障がなければそれでいいや、という感じなのだろう。
クワガタの標本箱の右下に蚕の繭が落ちていた。
繭が多過ぎてあちこち混入してしまったのだろうか。

ちなみに18世紀の蜂の標本は、布地に貼付けられていた。

a0087957_01322972.jpg

去年のグッチの蜂シリーズが思い出された。

a0087957_11092212.jpg



昆虫採集の道具や,古のパドヴァ大学の昆虫学者達の肖像が階段に寂しく並べられている。




a0087957_01323016.jpg


誰もいない廊下をひたすら進んで行くと、正面の部屋の中央にはまたしても
巨大蚕のフィギュアが飾ってあった。
今度は先程のやつよりずっとリアルなものだ。

a0087957_01323009.jpg

昔息子にねだられて買ったモスラのフィギュアを思い出した


別室に入るとなぜかそこには南洋の魚の入った水槽が設置されていた。
壁の上部には三つの穴が空いていて、2つは塞がれているが1つはとなりの部屋が見える。
もともとここには何があったのだろうか。

a0087957_01323911.jpg


実物の写真は載せないが、実はこの昆虫博物館には、害虫の展示が大変多い。
しかも生きているマダガスカルのゴキブリは増え過ぎて巨大な水槽がいっぱいになっていた。

a0087957_11014165.jpg

子供達に昆虫の魅力を広めるのがこの博物館の主旨の1つでもあるらしいのだが
ゴキブリばかり何種類も、しかも生きたままのがあんなにいっぱい水槽に詰まっていたら
逆効果なんじゃないかな、とちょっと思ったりしたわけである。

次に多かったのはナナフシ類。
これも水槽の中で羽化していて、結構な数になっていた。

果たしてパドヴァのちびっこ達は、ここに来ることで本当に虫好きになってくれるのであろうか。
ちょっとばかり心配である。

a0087957_01514024.jpg

この博物館で一番面白かったのは、養蜂の部屋だ。
中が見える仕組みの養蜂箱に接続したアクリルの通路がそのまま壁の外に繋がっていて、
ミツバチ達の出入りをじっくり観察できるようになっている。

プリニウス先生がこの世で一番素晴らしい生き物だと大絶賛していらしたミツバチだが
確かに見ていると、なんと社会的で秩序のある昆虫なのかと感心してしまう。


a0087957_01514109.jpg


出口付近には巨大飛翔クワガタがつり下げられていた。


a0087957_01514017.jpg

受付付近にもと展示物であっただろう昆虫の標本がバラ売りされていた。
最初に出て来た瓶底眼鏡のお姉さんから、どれかいらないかと声を掛けられる。

脚のもげたトゲナナフシと、日光で変色したアトラスオオカブト。値段はたったの20ユーロ。

家に帰ってからも考えてみて、どうしても欲しかったらまた来ます、と告げて外にでた。
メンテナンスも含めて、財政的にかなり厳しいのだろう。心配である。



以上、パドヴァの昆虫博物館Esaolisの概要でした。


a0087957_01323058.jpg














[PR]
by dersuebeppi | 2018-08-19 02:12
a0087957_09571676.jpg

ALITALIA機内誌「PASSIONE」


今回のエッセイのテーマは北イタリアのドロミティ山塊。
うちの家族がむかしから休みの度に出かける場所です。
ドロミティが生んだヴェネチア・ルネサンスの巨匠ティツィアーノについてもあれこれ書いております。

こちらからお読み頂けます。

a0087957_09580881.jpg

そしてこのドロミティは只今公開中の映画『ハン・ソロ』のロケ地にもなっております。

a0087957_14075403.jpg











[PR]
by dersuebeppi | 2018-08-18 10:00

ただいま発売中の集英社グランドジャンプに掲載されている『オリンピア・キュクロス』
最新号のラストのコマ....


a0087957_16281897.jpg



勿論、手塚るみ子様からはしっかり許諾を頂いております!



[PR]
by dersuebeppi | 2018-08-16 16:28
NHK Eテレ『100分で名著』
for ティーンズ
a0087957_07523105.jpg

 100 de 名著HPより↓

第1回 サン=テグジュペリ 「星の王子さま」

【放送時間】
2018年8月6日(月)午後10時25分~10時50分/Eテレ
【再放送】
2018年8月8日(水)午前5時30分~5時55分/Eテレ
2018年8月8日(水)午後0時00分~0時25分/Eテレ
※放送時間は変更される場合があります
【講師】
ヤマザキマリ(漫画家)
【生徒役】
鈴木福
【朗読】
谷原章介(俳優)、小芝風花(俳優)
【語り】
小口貴子

永遠のベストセラー「星の王子さま」。何気なく読みすごすと素敵なファンタジーで終わってしまうが、言葉の一つひとつを丁寧に読み解くと、「生き方」「友情」「愛」「死」といった哲学的なテーマが鮮やかに浮かび上がってくる。小説読みの達人ヤマザキさんに、文学から生き方を学ぶことの大切さを教えてもらう。


a0087957_07522844.jpg

a0087957_07522654.jpg





[PR]
by dersuebeppi | 2018-08-06 07:05


2004年ごろ、当時暮らしていたリスボンに送られて来たテレビ番組のDVDの中に、尾びれが病気になった雌イルカのフジに、人口の尾びれを装着させ、何度も失敗と試作を続けた結果フジがジャンプをできるようにまでなった、というドキュメンタリーが入っていて、子供がどうしてもどうしてもどうしても頑張るフジに会いたいと言い出した。

生まれてから彼が貯めてきた全財産1万8千円を献上され、私達家族は沖縄の本部町に数日間滞在して、毎日フジの居る沖縄美ら海水族館に通った。人口尾びれを付け替えるデモンストレーションのときにフジが素直に浅瀬へ滑り込んできて、飼育員に身を委ねている姿が印象的だった。

あれから14年、ふたたびでっかくなった息子とふたりで水族館を訪れてみると、フジが4年前に45歳で他界していたことを知る。でも、フジの為にブリヂストンが試行錯誤してきた人口尾びれは初期から最後のまでが展示されていた。


帰り間際にガチャガチャをやったらジンベエザメと、プールの中から外の子供を見ているイルカと飼育員のモデルが出てきた。


a0087957_09022400.jpg


[PR]
by dersuebeppi | 2018-08-01 09:03

漫画家ヤマザキマリのブログ。連絡先等はプロフィール欄をご覧下さい


by Thermari
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30