カテゴリ:未分類( 804 )

テルマエⅣ巻のヒロイン

若い子を描くのが苦手で気が乗らないし(小学生くらいまでは好き)、現代日本の若い子と接点があまりない事もあって、もし自分一人でテルマエを描き進めていたとしたら、絶対出て来なかったⅣ巻の登場人物、さつき。
私だったら、もし同じ立場の登場人物を出すなら、絶対におっさん大学教授か、ローマ人の物語を愛読する爺さんとかにしてしまっていたでしょう。

実はこの天才温泉芸者には、奥村編集長の熱い思い入れがたっぷり盛り込まれているのでした。
2年ほど前。
テルマエ・ロマエが何気に定期連載になると決まった時点でのこと。連載になるならヒロインを出そうと奥村編集長から提案を受けたわたくし。
テルマエにはヒロインというか、若い女子を出すというつもりは全く無かったので「え!?」となるも、
「だってよ、ルシウス、苦労ばっかりで可哀想やで?」という彼のルシウスへの思いやり・・・(?)
まあ、そうですよね。
奥さんに逃げられて辛い思いをして、何度もタイムトリップして、そのくせ毎回中高年か輩としか出会わないで帰って来るっていうのもね・・・

しかし、ただ若くて美人なだけではいけない。
古代ローマ狂という変人の側面も持っている、
「温泉芸者」。

編集長の頭の中では一体どんな女性がイメージされているのか!?
うーん・・・わからん。
伊豆まで温泉芸者を体を張って体験しにもいったが・・・うーん・・・
しばし考え込んだ挙句・・・

結果的にさつきのモデルはうちの旦那になってしまいました。

昨日、届いたばかりのⅣ巻を「内容を説明してくれ」というので、焦りながらパラパラと彼の前で捲って済ませようとした私ですが、やはりさつきの部屋の描写のページで「ちょっと待って!!」と指を挟まれ「・・・ふーん・・」と怪訝な顔になってその描写を見つめる旦那。
それから諦めたように、すたすたと自分の部屋に戻って行ってしまいました。
気付かれた。ははは・・・

a0087957_230342.jpg


ところで、上戸彩さんが映画で演じられるヒロインはさつきではありません、念の為!
[PR]
by dersuebeppi | 2011-12-22 23:01
a0087957_10543021.jpg


ローマ魔除け付き特装版の先行販売に続き、本日なにも付いてテルマエ・ロマエと、お風呂で読める「風呂マエ・ロマエ」付きテルマエⅣ巻が本日発売でございます~

4巻の内容は・・・

まあお読みいただければお判りかと思いますが、ルシウスはこれからクライマックスに向けて大奮闘していく予定なので、ちょっと展開のスタイル変えました。
ハドリアヌス帝から今までにないスケールの大きな企画を提示されたからには、これくらい日本で苦労してもらわないといけません。

2巻で終わらせるはずだったのにもう4巻。
私も早く続きを読みたい(描きたい)ので、頑張ります!!

あ、それとお風呂で読める風呂マエ・ロマエ、お湯に入れてみました。
a0087957_10553685.jpg


こんな製本技術があったなんて!
っていうか、これをルシウスが見たら鳥肌だろうな・・・
ウェルギリウスやセネカの著書をこういう仕様にしたら、古代ローマ人も風呂で読書ができたはず!!

ほんとに恐るべし、日本人の風呂と寛ぎへの執着・・・
[PR]
by dersuebeppi | 2011-12-22 10:59
今日やっと手元に届きました、
テルマエ・ロマエⅣ 特装版。
単行本と一緒に付いてくるのが、テルマエ・ロマエⅡの一話目のエピソードに出した、古代ローマの魔除け「ティンティナブラム」。
精巧に作られているとは聞いていましたが・・・スゴい。
旦那も「とうとうこんなのものまで・・・」と絶句。

っていうか・・・
a0087957_930762.jpg

©Mari Yamazakiって・・・・

いや、そうなんですけどね、私が描いたものだから。

でも、オリジナルはあくまでも古代ローマ人作ですから!!
私にはこんな凄い物を発想できるファンタジーは残念ながら無いです(笑)

あと、ガシャポンのストラップも!! 
a0087957_9304544.jpg


子供の頃はスヌーピーとかキティちゃんとかが大好きで、自分の描いたキャラクターがこういうグッズになったらいいのになあ~なんてこと幾度となく考えた事ありましたけども。
やった!夢が叶いました!!
・・・・素っ裸の男達で。
[PR]
by dersuebeppi | 2011-12-21 09:32


2012年1月12日(木)の24時45分より3回だけ(3週)放送開始です。フジテレビ系列15局やBSフジでも放送されるそうです。
主題歌は、チャットモンチー書き下ろしの新曲「テルマエ・ロマン」。

これ見てたら無償の日本の銭湯に行きたくなってきました・・・
[PR]
by dersuebeppi | 2011-12-19 23:43
えっと、今日発売だそうです。

まずテルマエ・ロマエの4巻特装版(ローマ時代の魔除け付き)
a0087957_11133862.jpg

通常のテルマエⅣは来週、22日発売です。

それと月刊PEN ルネッサンス特集(イタリアに私を招聘したマルコ爺さんについて等を書いたコラムが掲載されています)
a0087957_11135544.jpg


あと、もう発売されてますが、講談社KISS+「地球恋愛」 チベット編
a0087957_11164821.jpg


師走のあわただしさの中、皆さまのちょっとした息抜きのお供に是非!!


わたくしは今全力で仕事と格闘中・・・・
なんでだろう、どんなにこなしてもこなしても、何も減っていかない感じがするのはなんでだろう・・・

でも本日はシカゴ交響楽団のマーラー「交響曲第6番」聞きに行ってまいります~
[PR]
by dersuebeppi | 2011-12-15 11:19

年末年始の仕事いろいろ

a0087957_925862.jpg


家の外へもろくに出ていない毎日が続いております。まあ、外はマイナスだし雪も降ったし、どっちにしろ引き籠るにはこれ以上無い好条件という見方もできますけどもね・・・
早く峠を越えたいものです。

私が関わった12月の刊行物など。

8日 講談社KISSプラス 連載再開「地球恋愛」 チベットを題材にしております
10日 月刊文芸春秋 年賀状に書き添えたい一言
12日 コミックビーム テルマエ・ロマエ
15日 月刊ペン 特集ルネサンスとは何か イラスト&コラム4P 「ルネサンスの思い出」 
25日 創美社オフィス・ユー ジャコモ・フォスカリ第2回目
年末 チャリティ漫画「僕らの漫画」 
その他諸々。

(すみません、整理がてら書いてみました。1月も温泉関係の特集などいろいろございます)

というわけで、もし機会がございましたら上記の執筆物、ご覧頂けると嬉しいです。
[PR]
by dersuebeppi | 2011-12-10 09:28
a0087957_2237787.jpg


2012年4月28日公開予定の映画「テルマエ・ロマエ」
HPができましたので是非、特報映像などをご覧ください!!
「映画テルマエ・ロマエHP」←こちらをクリック
[PR]
by dersuebeppi | 2011-11-26 22:44
a0087957_22433567.jpg

ところで、このルッカ・コミックフェスティバルのメインゲストのお一人である谷口ジロー先生。
来年の春に私のテルマエ・ロマエがフランスでも出版されるのですが、その版元はジロー先生の本も出しているところで、パリからやってきていたその担当者、私との打ち合わせが終わるなり「あなたに是非谷口先生紹介するわよ!!」と私を先生のサイン会場へ引っ張っていきました。
a0087957_22453272.jpg

フランスはもとより、イタリアでも大人気の谷口ジロー先生のサイン会場は人がごった返してイモ洗い状態。そこをかき分けて無理矢理サインスタンドに近づいて行くフランス人編集者。
a0087957_22461127.jpg

「あ、あの、今はちょっとご遠慮したほうが!」なんて私の日本人らしい気遣いは却下され、私はサインに忙しい谷口先生の前へ引っ張り出されました。
(実を言うと、もしかしたら・・・と思って愛読している谷口先生の「坊っちゃんの時代」をシカゴから持参してきており、そこにサインをしてもらいたいとう魂胆を胸に秘めていたのですが、この時は持ち合わせておらず、それもあってか緊張と焦りで表情が歪みっぱなし)

すると谷口先生、いきなり「あ、ヤマザキさん?! 佐藤さんがね、さっきヤマザキさんを探してて・・・」と仰る。「佐藤さんどこ!?佐藤さん!」とサインも途中でストップしてしまった谷口先生。
佐藤さん?? と首を傾げるも、いや、もしかしたら先生の関係のどなかたかが私に用事があって・・・と自分なりの解釈で納得。
「おかしいなあ、佐藤さんどこ行ったんだろう」としきりに谷口先生、行方をくらました佐藤さんを気遣っていらっしゃいますが、取り合えずその夜の授賞式という式典で再び谷口先生とはお会いすることになっているので、その場から私は立ち退くことにいたしました。

その直後のことです。
私のテルマエに関するトークセッション会場で、一組の日本人夫婦が私を見つめてニヤニヤしているのに気が付きました。 
良く見ると知っている顔。
「あーーーっ!!」と数秒間をおいてから大声で叫ぶ私。「佐藤さん!!」

そのふたりは、今から25年前、私がフィレンツェでド貧乏学生をしていた頃にアエロフロートで席が隣になった佐藤さん夫妻ではないですか!
なんと約25年ぶりの再会。

某出版社に勤務していた佐藤さんはその時、イタリアにホテルのガイドブック本か何かを作りに行く途中で、私はなんと当時暮らしていたフィレンツェのボロ屋にカメラマンさんも含むこの3名をお呼びして、大変ショボいご飯を御馳走したのでありました・・・
私はその後この佐藤さんの奥様からイタリアの小さなコラムを執筆する仕事などを頂いたり、日本に帰国した際にも一緒にご飯を食べたり等の交流があったのですが、どこかでそれがぷっつりと途絶えてしまい。

「でも待って、なんで谷口ジロー先生が佐藤さんを知っているの!?」と不思議がると、
「だってずっと谷口さんの担当やっていたんだもの」と佐藤さん。「ちょどあなたと知り合ったあの頃・・・いやあの直前まで坊っちゃんの時代を・・・」
「ええええ~!?」
「でもあなた、あの時全く漫画なんかに興味持ってなかったじゃないですか!」と佐藤さん。
そ、そうだけど・・・そうなんだけど・・・

その後授賞式でシカゴから密かな期待を胸に抱きつつ持って来た「坊っちゃんの時代」に谷口先生からご丁寧にサインを頂いて満足し、このルッカにおける奇妙な偶然の出会いをみんなで面白がり、また東京で一緒にゆっくりお会いしましょうよと約束。
a0087957_22595399.jpg

(授賞式。顔のぶれている私のとなりは坂本真一先生・・・舞台裏で3人で風呂話。坂本先生はお子様3人の後にお風呂に入るのでお湯が何時も足りなくて、だけどそこに無理矢理浸かるんだとおっしゃってました。なんか微笑ましいです。そして舞台右側にいらっしゃるのが谷口先生)

ほんと、色んな意味でルッカには来るべきだったのだと痛感。
一度会って別れた人でも再び会う人には必ずどこかでまた出会う。
そういう必然性を感じてなりません。
a0087957_22474248.jpg

[PR]
by dersuebeppi | 2011-11-07 23:00
a0087957_22161775.jpg

ルッカ・コミックフェスティバル。
まさかこんなに大規模な祭典だったなんて、これは行ってみるまでちょっと想像できませんでした。
まだニュースはチェックしていませんが、5日間の開催期間で少なくとも15万人は訪れていたんじゃないかと思います。
a0087957_2202664.jpg

日本のコミック系の集まりと違うのは、街全体が祭典の会場になるということ。
a0087957_22144074.jpg

別に漫画やアニメに興味が無い一般人でも誰でもじゃんじゃん参加できること。
コスプレも完成度なんかどうでもよし、本人がそれに酔いしれて楽しければよし。
老若男女に家族連れ、なんでもあり。

いやあ~
たった3日しか滞在できませんでしたが、実に楽しかったです。
a0087957_2204682.jpg

ちなみに私は今回、イタリア語版の「テルマエ・ロマエ」が出版された事に及んで、2日間に渡って人生初のサイン会をさせていただきました。
a0087957_2211367.jpg

捲ってみれば、かわいい女の子なんか一人も出てこない、おっさんの裸だけの内容だと言うのにもかかわらず、みんなしっかりと本を胸に抱えて並んでくれて、もうなんだか申し訳ないやら嬉しいやら。

2度設けられた講演会みたいな場では、必死で「この漫画は皆さんが良くご存知のニッポンの漫画で描かれるようなモエもカワイイも何もありません、絵柄も全然漫画っぽくありません。その点はよーくご了承頂きたい」と
a0087957_2214532.jpg

必死で語る私。そのうち議題は「サブカルとはなにか」にまで及んで収集が付かなくなる始末。
しかもサイン会と違って講演会に来ている客層は何だかもっと大人な感じで、私が想像していた明るく和気藹々な雰囲気というよりは、大学の講義みたいになってしまいました・・・
a0087957_222572.jpg

でもその翌日のサイン会では
「あなたはこの漫画にはモエもカワイイも無いって言っていたけど、私にはルシウス、超モエですっ!!」という眼鏡女子が現れて感動してしまいました。あなた、かなりレベル高いわ!!と答えながら握手を交わす私達。
それから、ある男子はルシウスがショールームに出て来るシーンを開いて、
「ここに出て来る女の子が好きです、このシーンが一番お気に入り」と教えてくれました。
やはりイタリア人にはイタリア人の読み方があるものなのかもしれません。

街中に繰り出せば、そこはもう完璧なイモ洗い状態。
でも一人としてそれにストレスを溜めているような様子もなく、道行く様々なコスプレにカメラを向けています。
a0087957_2223824.jpg

このコスプレも、別にとにかくどうでなければいけない、という規定はありません。
皆の知っているメディア上でのキャラであれば何でもよし。
a0087957_2225957.jpg

またこのコスプレーヤーの皆さんの陶酔しきっている様子。堂々とした様子。物凄いゆとり感。
a0087957_22103669.jpg

中には汗で背中に貼り付けたものが剥がれ落ちて居たり、段ボールで作った装着式のメカ衣装がボロボロになっている人もいましたが、もうそんなことには誰も頓着しません。
家族全員でコスプレってのもいましたし、体の不自由なバットマンの車椅子を押しているのが執事アルフレッドっていう、ちょっと胸を打たれるコスプレも見かけました。
若い男の子達の衣装なんて、間違い無くお母さんが手を貸してくれたにちがいないですし、なんていうか、こう、それぞれの背景に温かく寛容な家族や友人達のサポートが必然的に垣間見えて来るのです。

かなりご高齢の老人カメラマングループが一生懸命にそんなコスプレーヤーにレンズを向けていますが、私はそれを見ていて「ああ、これはベネチアのカーニバルのゆるゆるバージョンかもしれない」と思いました。
あんな格調高さはどこにもありませんが、そのお陰で参加者全員が一体化して楽しめる祭典になっているのです。

たまに、日本人には何だか分からないコスプレもいたりして、そしてそれがやたらに人気だったりするので物凄く気になりましたが・・・・でもこのように世界中の漫画が入り混じっているのもとても面白いなと思いました。
a0087957_2213724.jpg

日本にいると他の国の漫画を広く知る機会ってなかなか無いと思うのですが、このコミックフェスティバルではそういった点でも非常にグローバルで、そんなこともあってきっと居心地の良さを感じたのかもしれません。

a0087957_22135367.jpg

人生に一度、この美しいルネッサンスの古都で開催されるマンガを軸にしたイタリア人の人生謳歌祭り、是非機会があったら漫画大国である日本の方にも見に行って頂きたいなと思いました。
a0087957_22141677.jpg

(ルッカはフィレンツェから70キロ。食べ物もめちゃくちゃ美味しい素晴しい街ですよ!! レストランに行ったらなんとこんなサインが!!!)
a0087957_22242268.jpg

[PR]
by dersuebeppi | 2011-11-02 22:29

イタリア人版ルパンⅢ世

テルマエ・ロマエのキャスト写真、イタリアのいくつかのサイトでも取り上げられていたりしますが、中には自分達の祖先を日本人が演じると言うのが驚きだというコメントも見られました。
まあいづれこの映画がイタリアで上映されるようなことがあれば、平たくない日本人俳優陣の現場での馴染みっぷりにも納得してもらえるとは思うのですが。

それでふと思い出した、「イタリア人版ルパンⅢ世」。
ルパン好きなイタリア人って沢山いるので(うちの旦那も)、まあこれもアリなのかと。
確かにこの作品のキャラの多くが(五右衛門以外)イタリア人には違和感無く演じられるタイプだから、っていうのもあるのかもしれません。
a0087957_21582097.jpg

私の調べたところ取り合えず2種類実写が制作されてたみたいです:
a0087957_2261789.jpg

a0087957_227248.jpg

a0087957_21592758.jpg


確かに考えてみたらルパンの性格って日本人よりイタリア人に近いかな・・・特に美しい女性を目の当たりにした時のリアクションなんて、もろステレオタイプなイタリア男像。へらへらしてても、鼻の下長くしてても許されるこんな男は日本人男子とは結びつけにくいものがあります。

でもやっぱり・・・私の中ではルパンもフジコも次元も銭形警部も(勿論五右衛門も)日本人なんですけどね。
フジコもなあ~ 
イタリア女が演じるよやっぱり強さが如何せん出過ぎる感じがしてしまうんですよね。
どこかに何気なく生活臭が漂ってしまうんですよ、イタリア女性は。どんなにカッコよくてセクシーでも。
フジコはやっぱり日本人女性特有の奥深いセクシーさじゃないと完全にあの雰囲気は出ないような気もしますね。

この動画は一番上の写真のキャストによる実写版です。

[PR]
by dersuebeppi | 2011-10-26 22:17

漫画家ヤマザキマリのブログ。連絡先等はプロフィール欄をご覧下さい


by Thermari
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30