a0087957_20105649.jpg


創作ノート(という程エラそうなもんでもないが)をぺらぺら捲っていたら、「今日の夢: 御茶ノ水ウィーンの皆がでてきた」という走り書きを発見。
いつの夢だったのか記憶にはないのですが、その文字を見たとたん急に目頭が熱くなりました。

本当に短い期間ではあったが、私の中に一生忘れられない記憶を作ってくれた、名曲喫茶ウィーン。

せっかくこうしてブログも立ち上げたことだから、あのしっちゃかめっちゃかなアルバイトの日々をここに記しましょう(というか、ただ単に記憶を整理したいだけ)。


今は無き名曲喫茶ウィーンとの出会い、それは・・・・1984年。私がイタリア行きを決定し、それまで通っていた某ミッションスクールを高校1年終了後にクラスメートにも内緒でこっそりと辞めて、出発予定の夏までの期間みっちりと御茶ノ水のアテネ・フランセで過ごそうと決意した時でした。
イタリアへ行くのになぜアテネ・フランセだったかは言及しないでください。
当時はイタリア語を学ぶのもそんなにメジャーなことではなかったのと、私をイタリアへ招聘してくれたマルコ爺さんがフランス語と英語べらべらだったので、とりあえず彼との必要最低限な会話をマスターする意図があったから、だったと思われます。

春にな、窮屈だったそれまでの女子高とオサラバして、大泉学園の町から御茶ノ水までの道のりを楽しく通う日々がスタートいたしました。

アテネ・フランセで振り分けられたクラスの生徒は浪人生が半数を占めていましたが、中にはこの人仕事はどうしているんだろう?と疑問を抱かせられるような働き盛りの男性や、80歳近くの爺さんや、可愛いくておしゃれで、とりあえず遊びたいから大学には行かなかった、というよな人たちも混ざっておりました。
そう、あれは今思えば日本がまさに華々しきバブルを迎え入れようとしていたころですね。

街行くこじゃれた若者の小脇には「BIGI」やら「Melrose」だのと、だいたいそこでいくらくらいお金を使ったのかが想定できるようなブランド名が記されたビニールの袋が二つ折になって挟み込まれ、ますます小型化が進むウォークマンでスタイルカウンシルやらU2を聞きながら、そこが日本であることを忘れて歩くことが可能なような、そんな時期でした。 


a0087957_20143214.jpg

                 スタイル・カウンシルのふたり

私も当時は17歳。そういった周囲から発されるスタイリッシュ誘惑に巻き込まれないわけがありません。
欲しいものもいっぱいだし、買いたいカセット(当時はCDじゃない。カセットに2500円とか払ってたなんて信じられませんが)いっぱいだし。
だけどうちの母親はむかしから清貧ポリシーまっしぐらの「暮らしの手帳」愛読者で、欲しいものがあると、「わかった。じゃ作ってあげるね」と答えてくれる人でした。
だからお小遣いも、必要ではないという理由からそんなにもらえなかった私は、アテネ・フランセのおしゃれなお姉さんたちや、御茶ノ水界隈の若者を見るたびにむなしいため息をつくしかなかったのです。

そんなある日、学校帰りにぶらぶらと御茶ノ水界隈を歩いていて、ふと目に止まった一枚の求人広告の貼り紙。
「求む。ウェイトレス。名曲喫茶ウィーン」

隣は丸善。向かいには画材屋さん。なかなかアカデミックな環境じゃなういですか

一日考えてから、どうしても「BIGI」の二つ折り袋を小脇にはさんでみたい執念に負けて、思い切ってこの張り紙の場所に電話で連絡を入れてみた私。
母には内緒でしたが、オーケストラの団員である彼女のこと、最悪「だって、名曲喫茶だよ!? 名曲が聞けるんだよ!!」と言えば許してくれそうな気がした上での決断でした。

つづく。
[PR]
# by dersuebeppi | 2006-10-21 20:21
a0087957_0565018.jpg

Travolgente! Famiglia Italiana
これが「モーレツ!イタリア家族」のイタリア語訳です。
漫画のモデルであるイタリア家族の登場人物達が集まる食事の場で、長い話し合いのなされた結果決められたのがこれでした。

(私)「なんていうか、あの、こう、台風の目みたいな・・・」
(家族)「やだよ、そんな台風の目みたいな家族なんて、凄く迷惑そうじゃないか」
(私)「(・・・実際それに近いものがあるとは思うんだけど・・・)いや、台風ってんでもないなあ、こう、全員エネルギーが爆裂してるっていうイメージの・・・」
(姑)「エネルギー爆裂してるなんて、そんな風にあんたの目には見えるの!?」
(私)「(見えますとも)いや、あの、だから、元気でパワフルで、こう、見てると凄いような」
(姑)「見てると凄いようなってどういう意味よ!?」

・・・・このような会話がなされた揚句、旦那が後からこっそり「これが一番いいと思うよ」と紙に書いてくれたのがこのTravolgenteなわけですね。

Travolgente: ① 性急な 乱暴な 猛烈な ②《比喩的》魅力のある 心を惹きつける

姑には②の意味合いを強調して納得してもらい、はれてこの単語に決定したというわけです。

それにしてもほんと、これ以上この家族に相応しい言葉はイタリア語にはありませんよ。

13日に発売されました。
私はまだ見てません。

a0087957_0562763.gif

[PR]
# by dersuebeppi | 2006-10-18 00:59
漫画仕事が一段落したところで明日からまたイタリアです。

今度はリグリア州(ジェノバのある州)とエミリア州(パルメザンチーズやフェラーリなどを生産しているところ)を中心に周ってきます。
夫と子供と猫はリスボンに置いていきます。

a0087957_23472227.jpg

写真は4日間も滞在するユネスコ世界遺産にも登録された「チンクエテッレ」ってとこです。

ところでジェノバ・・・ジェノバと言えばマルコですよ、マルコ。
a0087957_23495328.jpg

母を訪ねて三千里。
子供心に不条理な世界の過酷さが鋭く突き刺さり、いつも楽しみに見るわりにエンディングで気分が暗くなる名作アニメ。
でも私、あのアニメの歌が大好きでした。アンデスのフォルクローレチックなところが夢とロマンを掻き立ててくれたもんです。

あとこのアニメでポンチョってもんにも興味が沸きました。
大人になってからボリビア人の行商から購入したことありましたが、色黒のわたくしがそれを着てると周りからスペイン語で話しかけられそうなので、ついにそれを着て外へ出かけることはありませんでしたが。
あれ、一体どこにしまっただろう・・・
[PR]
# by dersuebeppi | 2006-10-07 23:51
a0087957_22182680.jpg


PCを買い換えてから、結局これから離れられない状態が続いています。
仕事しないと間に合わんのに。

そんな時、古代ローマ時代に人々が口にしていた言葉を思い出す私です。

「焦りなさい。ただしゆっくりと」

古代ローマ時代やルネッサンス時代のように、触発を糧とする多くの知識人が発生していた時期ならではのお言葉ですね。

だから私は今日は中国でどっさり生まれたというパンダに癒されて過ごすことにします。
[PR]
# by dersuebeppi | 2006-10-01 22:19
それにしても、この表紙はよく見ると凄いなあと思います。

小さな少女が手拭いを姉さんかぶりにして、モンペ姿でカブを引っこ抜く。
これすなわち、しゃかいのがくしゅう。
しゃかいですよ、確かに農家の収穫のお手伝いは。

a0087957_6305066.jpg


だけど、このカブのでかさは一体・・・・
あ、桜島大根だそうですよ。
裏に出てました。

今から32年前のしゃかいのがくしゅうです。
[PR]
# by dersuebeppi | 2006-09-29 06:31
ここ最近妙に自分が小学生だったときのことを思い出してばかりいます。
ポルトガルという土地が、日本のような激しいキャピタリズムの中で、物欲を刺激しまくられるような環境とかけ離れているせいかもしれません。
ここは日本のように建物もそんなに建て替えたりしないし。
何十年も乗り切ってきたような古い商店もいっぱいあるし。

小学校3年生か4年生くらいだったかなあ、このラッセルヨーヨーってのが大流行したのって。
a0087957_208373.gif


もう欲しくて欲しくてたまらんかったですよ、わたしは。
ファンタのロゴのやつね。
a0087957_2085082.gif


で、「犬の散歩」などの妙技を習得してみたかったんですよ。
でも高かったんですよ。カンタンに変えない値段。
値段覚えてないけど、とにかく当時にして500円以上だったと思う。

母親は「暮らしの手帳」の愛読者だったんで、こんなアメリカ資本主義万歳みたいな代物は駄々をこねても買ってくれませんでした。

だけど、最終的には一人でこっそり買いにいったんですよ。
ちょっとづつ貯めた小遣い持って。
近所の「喜多商店」に。
しかもファンタが欲しかったくせに、最終的には透明なコカコーラのロゴのやつを入手しました。

ああ、すばらしい充足感だったなあ。
あんな底抜けの青空みたいな充足感、大人になってからは滅多にないですよ。

結局犬の散歩という妙技は最後までできませんでしたが。
[PR]
# by dersuebeppi | 2006-09-28 20:09
漫画家としてお恥ずかしいことですが、私の描く漫画の絵柄には一貫性がありません。

ドラマチックな少女漫画にはそれ風に。
原作者付きれあればその作品の内容によって絵柄を変えます。
経済学者の本のイラストであれば、またそれ用のタッチに変えます。
ギャグショート漫画であれば、もちろん登場人物は2頭身ないし3頭身です。
(まあ、それぞれ自覚はなくてもちょっとは個性が露出してはいるんでしょうけど)

毎度このような試行錯誤のようなことをしていてはいけないと思うのですが、どうもむかしっから模写だの肖像画だの描いてばかりいたせいで、独自性を生み出す能力が欠けてんのかもしれません。

私のギャグ漫画を読んだ方が「どれ、もっとこの人の漫画読んでみるか」と思って下さって、うっかり前に取り上げた内館牧子さん原作のドロドロ漫画「有名人」や、ハーレクインロマンス(本出したことあり)などを購入された場合のことを思うと、ちょっと焦ります。

でも考えてみたら、漫画だけじゃなくてカラオケのナンバーも一貫性ないし。
(ハクション大魔王、サラ・ヴォーン、山下達郎、ちあきなおみ、シンディ・ローパー、越路吹雪、フランク・シナトラ、堀ちえみ等を歌います)

昔読んでた漫画も一貫性ないし。
(小学校のとき大好きだった漫画:がきデカ、マカロニほうれん荘など秋田書店モノ全て、萩尾望都、竹宮恵子、梅図かずお、土田よしこ、一条ゆかり、つのだじろう等を愛読してました)

a0087957_3211223.jpg


この一貫性のなさ、スタイルのなさが自分的には心地よいので、まあ別にこのままでもいいんですけどね・・・

(写真は「モーレツ!イタリア家族」)
[PR]
# by dersuebeppi | 2006-09-27 03:23
さきほど届きました。
待ちに待っていた小包が。

私も参加させていただいた同人誌「赤い牙」6号の詰まった小包が・・・・
(震えています)

す、すばらしいっ!!すばらしすぎっ!!!
こんな凄い作家さんたちと一緒に載せていただいて猛烈興奮!!!
(あ、ご興味のある方はこちらで注文していただけるみたいです:http://www.toranoana.jp/mailorder/article/04/0010/10/94/040010109497.html)

自分の漫画そっちのけで皆さんの作品を薄笑みを浮かべて読みまくるわたくし。
興奮して血の巡りがへんになってる心地を味わいつつ(こういう生生しい感覚は歳をとらないと把握できないと思われる)

し、しかもなんだか旨げなものまでどっさりと入ってるじゃないですか・・・・
しかも空間を埋めるために詰めてある新聞も面白そうじゃないですか・・・
(すべて皺を伸ばしました)
Mさんが連載されてる雑誌まで・・・

おまけに暖かいお手紙と一緒になんだか懐かしい写真まで入れていただいて(何年前だ、これ?ただただ楽しい一夜だったことはずっと覚えとります。朝まで新宿でカラオケオールナイトしましたっけ)。
ああ、今度東京行ったら必ずまた朝までカラオケしたいわあ!
そのときは必ずゴールドフィンガー歌うよ!

もう、ほんとにありがとうございますMさんSさん。

a0087957_435648.jpg
「赤い牙6」の私の漫画「VICTORIA」


a0087957_435251.jpg
小包と新聞を広げたところ


a0087957_2161374.jpg
懐かしいお宝写真(皆さんに会いたい・・・)
[PR]
# by dersuebeppi | 2006-09-22 21:07
私が漫画を描くようになった経緯です。

私はかつてフィレンツェのアカデミアという美術学校で油絵を専攻しておりました。
ですが、オリジナルな作品よりも数多く手がけたのは模写。
そしてその模写をやり続けていくうちに実物に使われたのと同じ顔料を摘出したくなり、やがて興味の方向は美術史へ転換。そしてそれに便乗して古い絵の修復。
アルバイトとしては、故人の肖像描きなんてのもやりました。
亡くなってホヤホヤのじい様の顔を描かせられたこともありましたっけ。

しかし、そのどれをとっても安定した収入源にははらず、アパートの電気は切られ、ガスも止められ、アンデルセンのお話にでも出てきそうな過酷でひもじい日々が続くようになりました。
そんな私に見かねたアカデミア時代の友人(ハイグレードなオタク)に薦められ、漫画を描くようになったのでした。

漫画、そういえばむかしキャンディキャンディとか読んでたよなあ・・・と少女時代の漫画の熱意を思い起こし、いろいろ描いてみることにしました。とはいえ、私にとってその当時漫画を描くのに参考できた唯一の作家が「つげ義春」(唯一持っていた漫画本)。しかも投稿作品は新聞紙にくるんで発送。
投稿先は今はもうありませんが講談社から発行されていた「Mimi」という少女漫画。
「なんだ、これ」というのが、初めて私の作品を目にした当時の担当のご感想だったようです。

そしてデビューして数年後に単行本(内館牧子原作)「有名人」を出していただきました。
画家が主人公の原作なので、私にやってみないかということになったみたいです。

a0087957_432950.jpg

原作を読んだ時は、想像を絶するストーリー展開に腰が抜けそうになりました。これを漫画にせよと!? という思いを必死で抑制して描きつづけた作品です。ちなみに主人公は有名作家で、だけど売れなくなってレズになってアル中になって、最後に復帰します。
[PR]
# by dersuebeppi | 2006-09-21 23:01
単行本に載せる写真のひとつです。
右手に食べかけアイスのコーン。
左手に携帯電話。
彼女の運転する助手席に座る私はいつも決死の思いを強いられます。

漫画では、いかにも「イタリアのおっかさん」という様子で描かれている姑ですが、実際はこんなです。痩せて、メガネも掛けていて知的な外観です。

でも彼女の人格を私の脳内フィルターで漉して絵にすると、漫画のような登場人物になるわけです。

中身は漫画のまんまです。
a0087957_4473784.jpg


9月の最初にイタリア語をお教えしていたお嬢さんが日本から2日間遊びにいらしたときに撮っていただいた家族ショットも添えておきます。
a0087957_4481818.jpg


お父さんと夫に関しては漫画も実態もあんまり変わりないです。
[PR]
# by dersuebeppi | 2006-09-21 18:28