<   2017年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧

昨日はブルガリ・アウローラ・アワードの授賞式でした



推薦者の阿部寛さん、そして私を含む受章者10人のひとりである現代美術家の毛利悠子さんと。

a0087957_09163355.jpg




美しいブルガリのジュエリーを身にまとったモデルさん達

a0087957_07452539.jpg



煌びやかな一夜でありました。

こういう時間を過ごした後は、無償に人里離れた場所に行きたくなります。









[PR]
by dersuebeppi | 2017-11-24 07:50
a0087957_09001396.jpg

更新されております:

第148回 「“ダ・ヴィンチ作品が508億円で落札!”は、画家に夢を与えるニュース!?」



[PR]
by dersuebeppi | 2017-11-22 09:03
「旅するイタリア語」のコーナー“プリニウスの伝言”
第一回目の放送は本日(11月20日深夜24時)です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


a0087957_07133390.jpg

10月からEテレで放送中の「旅するイタリア語」
昨年度はルネッサンスの絵画を紹介する“偏愛”コーナーを担当しておりましたが
今年度は『プリニウスの伝言』とタイトルし、我らがプリニウス大先生についてや博物誌、イタリアの自然災害などについて語ります。

実はこの撮影時、わたしはノロウィルスにやられていました。
どんな有様の自分が映っているのか、内心見るのが怖いです。


a0087957_06574340.jpg


テキストには私のエッセイが全部で4回掲載されますので、イタリア語を学ぶついでに是非プリニウスについてのあれこれも知っていただけたら嬉しゅうございます。

a0087957_06573878.jpg


ミラビリス貯水槽で撮影中↓
a0087957_07132759.jpg
詳細はこちら↓






[PR]
by dersuebeppi | 2017-11-20 07:46

「国境なしの5日間」

イベント詳細

昨年より始まり大好評いただいた本ゲスト企画。今年は古代ローマを舞台にした漫画「テルマエ・ロマエ」の作者ヤマザキマリさんが登壇します。当日は学術的なテーマについて講演の他、事前に集めたみんなの質問にも回答予定!イタリアでの留学経験、シリア・ポルトガル・アメリカなどで在住経験があり、主著として「望遠ニッポン見聞録」「国境のない生き方」などがあるマザキマリさん。その生き方はまさに今年の外語祭のテーマ「国境なしの5日間」にぴったり。あなたも目や耳から「国境」を超えてみませんか?

a0087957_07165773.jpg

【開催日時】
2017年11月25日(土) 13:00~14:30

【開催場所】
東京外国語大学 府中キャンパス 講義棟1階101教室

【出演者】
漫画家ヤマザキマリ

【参加料の有無】
有料

【参加料金】
学内生500円、一般600円(当日券あり)

※日時・場所・出演者、イベント参加に関する条件や料金等が変更になる場合があります。事前に会場・主催者までお問合せいただくか、公式サイト等で最新情報をご確認ください。


[PR]
by dersuebeppi | 2017-11-18 07:17
これからの季節、クリスマスの贈り物としてもご自分用としてもおすすめの本、ということで番組でご紹介したのはこちらになります:



1)「トムテ」著者:リードヴェリ/ウィーベリ

a0087957_06050153.jpg




3)「てぶくろ」著者:エウゲーニー・M・ラチョフ

a0087957_06045918.jpg




4)「冬の犬」著者:アリステア・マクラウド
この本は中継の都合で時間が取れずご紹介できませんでした。なのでこちらに紹介文を上げておきます。

a0087957_06050538.jpg


アリステア・マクラウドは樵、炭坑夫などを経験し、こつこつと勉強をして博士号を取り、英文学の教師をしながら地道に作品を書きつづけてきた、寡作な作家です。31年の作家人生において16作品しか残しておらず、ベストセラーになったのも63歳の時。

私はそんなマクラウドの作家としての姿勢も大好きです。


この短編集の中におさめられている作品は、カナダの東端にある極寒の地ケープ・ブレトン島で、自然や動物と生きる人々のさりげない日々と命のありかたと向き合う飄々とした描写が切なく、哀しく、だけどどこか暖かくて、とても印象的です。


表題にある作品を始めどれでもほんのりと物悲しさが漂う内容になっていますが、北国という雪と氷に包まれた空間でなければ育まれない美しい感性というものがあることに、読者はきっと気がつくでしょう。私も子供の頃は北海道暮らしですが、北国は人間を内省的にさせるのかもしれません。

楽しく元気で過ごしていたくても、たまにはこういう本を読んで、哀しさや淋しさ、生きることの儚さに浸ることも人間には必要なのだと思います。


私にとっては、マクラウドがこの世に残してくれた、素晴らしいプレゼントです。



a0087957_14010258.jpg
Alistair Macleod






5)「それはさっそくBuonappetito!」著者:ヤマザキマリ

a0087957_06050398.jpg



[PR]
by dersuebeppi | 2017-11-17 10:00
明日(17日)のNHK"あさイチ"で再び私のイチオシ本を紹介します。

今回のテーマは「クリスマス」ですがそれに固執せず、世界の北国の「冬」が判る作品を選びました。
どれも私の大好きな絵本や小説です。

それと、私のイタリア家族の惨憺たるクリスマスの有様も恐らくご紹介できるはず…
宜しかったらご覧下さい。




[PR]
by dersuebeppi | 2017-11-16 10:43

人生相談 根掘り葉掘り尋ねられ面倒=回答者・ヤマザキマリ

「私は絵を描くのが好きで、大学の文学部に在学しながら美術部で活動しています。同じ学年に絵の上手な女子学生がいて、なぜか私をライバル視しているらしく、使っている絵の具の種類とか、スケッチの技法とか、細かいことを聞いてきます。別に秘密にするようなことではないので答えますが、正直言って面倒くさくて仕方ありません。「私に構わないで」とも言えず、どう接するべきでしょうか」(19歳・女性)

私の返答はこちら↓



[PR]
by dersuebeppi | 2017-11-15 10:20
更新されております:

a0087957_01055379.jpeg







[PR]
by dersuebeppi | 2017-11-15 01:07
急遽決まったライブのお知らせです:

11月27日(月)
斎藤ネコ(vln)ストリングスカルテット
グレート栄田(vln) 山田雄司(vla) 藤森亮一(vc)
ゲスト: とりマリ&エゴサーチャーズ
ヤマザキマリ(vo) とり・みき(g) 葛岡みち(key) 伊藤健太(b) 松井泉(perc) サンコンJr.(ds)
open18:30/start19:30 ¥3000/3300+drink  
10/16~前売券店頭発売 ・予約受付  予約 こちら




[PR]
by dersuebeppi | 2017-11-13 23:34
The Freewheeling Yamazaki Mari: Citizen of the World and Bestselling Manga Artist Kiyono Yumi (Interviewer)

a0087957_12471673.jpg







[PR]
by dersuebeppi | 2017-11-13 12:50

漫画家ヤマザキマリのブログ。連絡先等はプロフィール欄をご覧下さい


by Thermari
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30