<   2017年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

a0087957_02405849.jpg

やはりプロットを作って考証、そしてネームに仕立てるまででしょう。

下絵とかペン入れはまだラジオのニュースや音楽を聴いたりしながらできるけど、ここまでの段階では部屋を閉め切って音も何もかも遮断。メシも抜き。
根を詰め過ぎると吐きそうになるので注意。
しかも体調が然程芳しく無いときにこの作業は相当辛い。かなり辛い。

漫画にしなくてもいいのなら、そしてなにより毎月の締め切りさえなかったら、私はおそらく部屋に引き蘢って好きなだけ調べごとをし続けるのでありましょう。調べた事を結果に纏める必要性がなければ楽しい作業のはずなのですが。


[PR]
by dersuebeppi | 2017-05-23 02:45

虫型装飾品

a0087957_01051180.jpg

全部気に入ってます
(ヘラクレスブローチは革製。白い連なっているやつは蝉です)

それにしても香川照之さんの虫番組、羨ましいな.....


[PR]
by dersuebeppi | 2017-05-22 01:08

朝焼けの日は天気が悪い

ということで今朝の窓からの景色

a0087957_12441905.jpg

バーニング

[PR]
by dersuebeppi | 2017-05-21 01:13

譜面台にいつのまにか

買物に出て戻ってきたら、その隙に部屋のピアノの譜面台にプリントアウトされた斯様な譜面が置かれていた。
えーっ......... なんで........  これを弾けと.......... 


a0087957_13060547.jpg



もしかしてイタリアでも報道されてたのだろうか、また長編アニメを手がけられるというニュース。

[PR]
by dersuebeppi | 2017-05-20 13:09

寝具と風呂

a0087957_12445115.jpg

日常の生活において重点を置いている2つの環境
あとはどんな有様でも、とりあえずマットレスが素晴らしいのと、広く無くても快適な浴槽があればわたしは幸せです。


a0087957_12444685.jpg


マニフレックスはフィレンツェのメーカーなのですが、学生時代は「ああ、こんな快適そうなマットレスで寝てみたい」という思いをつのらせていました。実現したのはあれから30年後。毎日就寝時間を待ち遠しく過ごしております。


マニフレックス「ヤマザキマリ_インタビュー」




[PR]
by dersuebeppi | 2017-05-20 12:58
a0087957_13074039.jpg

谷口ジローさんと松本大洋さん、そしてわたくしの絵がレイアウトされた大判ハンカチ。
ルーブルNo.9展用の企画商品です。猫、ルーブル美術館、ダヴィンチ、そしてパルミラ遺跡が一体化した貴重品。

福岡での展覧は5月28日まで。7月15日からは名古屋にて回顧展最終の開催となります。
近隣にお住まいの方は是非足を運んでみて下さい。


ルーヴル美術館特別展 「ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~」





[PR]
by dersuebeppi | 2017-05-19 13:26

パドヴァ いつもの散策

原稿に息詰った時はぶらりと外へ。


a0087957_14072417.jpg

家のすぐそばにあるパドヴァ大学のスペーコラ天文台


広場で語り合っていた自転車おしゃれ中年カップル


a0087957_14072378.jpg

Bacaro Padovano


a0087957_14072474.jpg
a0087957_14072532.jpg


プロセッコと鶏肉のサオールを摘んで家へ戻り、再び原稿。

[PR]
by dersuebeppi | 2017-05-18 14:21

澁澤龍彦ふたたび

a0087957_13483085.jpg
澁澤龍彦が亡くなってからもう30年だそうです。

澁澤龍彦というひとを最初に知ったのは10代のころイタリアで読んだマンディアルグの翻訳だった、などという話を寄稿しておりますが、この本に執筆したことがきっかけでまさか巖谷國士氏とツイッターでコミュニケーションができるとは、なんたる展開。

高校時代から留学時代の初期にかけてはやたらとシュールレアリズムに嵌っていたのですが、アンドレ・ブルトンやアントナン・アルトーに傾倒しまくり(下の写真は留学直前マン・レイ撮影のアルトーを油絵にしたもの。この絵はこの後、まだ住む家も決まっていないイタリアまでわざわざ持っていった)、パゾリーニの「ソドムの市」から澁澤訳のサド公爵やらマンディアルグをその内容に動じる事無く毅然と読む、という背伸び感弾ける青春時代が脳味噌にフラッシュバックしてまいりました。恥ずかしい。なんて生意気な青春時代……

a0087957_13482018.jpg

もうすっかり大人だし、きっと別の解釈ができるようになっているはずだから、ぼちぼちまたあの時代の書物を読み直してみてもいいかもしれません…


文藝別冊 『澁澤龍彦ふたたび』

相方とり・みき氏も興味深い澁澤の見解を寄稿していらっしゃいます。
a0087957_13483879.jpg

[PR]
by dersuebeppi | 2017-05-18 13:54
a0087957_17183292.jpeg




更新されております:ヤマザキマリの地球のどこかでハッスル日記
『第124回「フランス新大統領に学ぶ『年上の妻を持てば男度も上がる!?』」

[PR]
by dersuebeppi | 2017-05-16 17:27

ピアノ



今回イタリアの家に帰ってきたら、部屋にサプライズが置いてあった。

a0087957_14282574.jpg
旦那と舅、姑の3人でお金を出し合って調達したそうです。

50歳の誕生日祝いということらしいですけど、「せっかく15年もやってたピアノ、忘れたらもったいないよ」と言われ、仕事の合間にぼちぼち弾いてます。

久々のピアノは、ショパンとかモーツアルトを弾くとレッスンの為に我武者らに練習していた辛い記憶が蘇ってきますが、楽器に付録で付いていた名曲集の譜面にエリック・サティのジムノペディがあったので弾いてみました。いい。
ユリイカの特集でトリビュートマンガを描かせて頂いたこともありますが、50歳になって奏でるのならサティですよ奥さん。

a0087957_14342532.jpg




[PR]
by dersuebeppi | 2017-05-16 14:35

漫画家ヤマザキマリのブログ。連絡先等はプロフィール欄をご覧下さい


by Thermari