<   2017年 02月 ( 21 )   > この月の画像一覧

Oggi4月号のインタビュー

小学館「Oggi」4月号にわたくしのインタビューが掲載されております
宜しければご覧下され

a0087957_2117553.jpg


a0087957_21173999.jpg

[PR]
by dersuebeppi | 2017-02-28 21:18
a0087957_216417.jpg


更新されました:
ヤマザキマリの地球のどこかでハッスル日記
第114回 「私がはまった香り」
[PR]
by dersuebeppi | 2017-02-28 21:11

ふたつの海のあいだで

a0087957_8565538.jpg


ティレニア海とイオニア海という、ふたつの海に挟まれた南イタリア・カラブリア。
この州にあるとある町を舞台に繰り広げられる人間の凄まじくも逞しく、情熱に突き動かされる人々のあり方を描いたカルミネ・アバーテの日本語訳新刊「ふたつの海のあいだで」(関口英子訳・新潮社)

文芸PR誌「波」にも書評を書かせて頂いております。

a0087957_8571273.jpg


作者であるアバーテも古アルバニア語源の言葉を喋るという地域の出身だそうですが、カラブリアという地域の人々の独特なメンタリティと奥深さに読み進めているとどんどん引き込まれていくでしょう。物語のなかに登場する、昨今ではシチリアのマフィア、カンパニアのカモッラを凌ぐ犯罪組織とされる“ンドラゲタ”の脅威をものともしない、ジョルジョ・ベッルーシ爺さんの生き様には惚れ惚れするばかりです。

イタリアのこういった側面をとらえた作品も日本で多くの方達に読まれますように。
[PR]
by dersuebeppi | 2017-02-28 08:57

昨日の山口 本日の東京

a0087957_8445976.jpg


只今山口県立美術館で開催中のポンペイの壁画展、空間を生かした展示が2000年前の家屋の壁画を効果的に演出していて素晴らしかったです。
考えてみたら、今までは自分からイタリアへ赴いてでしか見る事のできなかった古代の、家屋の壁画が、向うから日本にやってきて、あちらこちらを巡回しているっていうのは凄い事です。
山口県界隈にお住まいの皆様、まだ絶讃開催中なのでこの機会をお見逃し無く!
そして昨日のトークショーにもおこし下さった皆様、ありがとうございました。お会いできて嬉しかったです!
山口県立美術館 世界遺産ポンペイの壁画展




そして本日はこちらのラジオに出演予定です
プリニウスのお話もする予定
たまむすび


夜には神楽坂のラカグにて斯様なトークショーもございます 
a0087957_8431939.jpg

ヤマザキマリ×とり・みき「世界は『プリニウス』をどう読んだか」
[PR]
by dersuebeppi | 2017-02-27 08:45
a0087957_1071955.jpg

(↑写真は本文と関係ありません:イタリア実家近辺。冬の間、山から羊飼いが降りて羊を遊牧させているのです)

本日2月24日は上野の東京都美術館にて開催中の「ティツィアーノのヴェネチア派展」にて
ヴェネチアルネサンス盛期のティツィアーノやその周辺のひと達のお話をします
こちら
a0087957_1073569.jpg


夜には大分県別府へ移動:
明日2月25日は大分香りの博物館にて
”ヤマザキマリ「香りのトークショー」”を開催します。いろいろな香りやにおいについてのお話をしてきます!
こちら
a0087957_1091029.jpg


その翌日2月26日は山口県立美術館にて開催中の「世界遺産ポンペイの壁画展」で
とり・みきさんとプリニウスやポンペイの話をしてまいります
こちら
a0087957_1092443.jpg


そしてその翌日2月27日は東京にもどり
神楽坂のラカグにて
ヤマザキマリ×とり・みき「世界は『プリニウス』をどう読んだか」 
がございます。
こちら
a0087957_1094776.jpg



帰国早々どさ回りな日々
[PR]
by dersuebeppi | 2017-02-24 10:10
a0087957_23122274.jpg


第113回「家族殺しの衝動」  ←ここをクリック

今回のこのコラムでは、家族や親族に対して抱く殺意というものを取りあげていますが(タイトルは衝動となっていますが、計画的なものも含めて)、家族・親族内の殺傷事件は実際今現在のイタリアでも起きています。数時間前にニュース番組でも、2010年に嫉妬が理由で従姉妹を殺害した女が終身刑を言い渡されたことが報道されていました。
これは南イタリア・プーリア州で起った事件ですが、捜査の進展途中、自分の娘が姪を殺したと知った母親が、自分の夫に「お前が殺したことにしろ」と命令(夫はそれまでも妻のいいなりだった)、出頭し殺人容疑で逮捕されるも、その後の捜査によっていろいろ腑に落ちないことだらけとなり、やがて真犯人が発覚。6年の歳月を経てこのような顛末になった次第。

a0087957_23125396.jpg

(左上から時計回りに、殺害された少女、殺人犯にされた少女の叔父、真犯人の従姉妹、殺人事件の発端となった嫉妬対象の男性?、少女の母親、夫に殺人犯になることを強いた真犯人の母親  photo by oggi.it  

そういえば、映画「ゴッドファーザー 2」でも弟であるマイケルが兄フレドを....
家族の結束の強さと権力の複雑なもつれが見事に描かれていた衝撃的な場面でした

a0087957_0523351.jpg




現在、漫画でも家族殺しの人(プリニウスのネロ)を描いている最中なので、いろいろと感慨深いのでありました。
[PR]
by dersuebeppi | 2017-02-21 23:20
更新されております:
ヤマザキマリの「世界を食べる」 
今回は「スシ」です。

ヤマザキマリの「世界を食べる」  世界のSUSHI


a0087957_14425293.jpg

[PR]
by dersuebeppi | 2017-02-21 14:43
最近アップされたWebインタビュー2件:

a0087957_14241237.jpg


湯煙コラム
Vol. 117 ヤマザキマリ
お風呂、それはリスペクトするもの
「お風呂には1日3回ほど入ります。温度は43℃で、5分くらい浸かれば十分。私がお風呂好きを公言しているわりにサッと出てしまうので、「ヤマザキさんはカラスの行水ですね」とよく驚かれます」

a0087957_14243414.jpg



毎日新聞
MyWay
 漫画家・ヤマザキマリさん

「姑は長生きしそうだし、大変な日々は続くでしょう。でも、苦労も失敗も生きる力の肥やしになります」
[PR]
by dersuebeppi | 2017-02-20 14:32

見つめられる暮らし

常に観察されています

a0087957_647624.jpg



a0087957_6473669.jpg



a0087957_64825.jpg



a0087957_648404.jpg


岩合番組を写すとやはり同類も気になるようだ

a0087957_6511351.jpg

[PR]
by dersuebeppi | 2017-02-18 06:53
更新されました:
ヤマザキマリの地球のどこかでハッスル日記
第112回 「私のお菓子偏愛歴」


a0087957_1583714.jpg


それと週刊現代今週号に「私の人生の10冊」なる記事が出ておりますので、読書のご参考にどうぞ
a0087957_20883.jpg


(といっても とても選べるもんじゃないんですけどね  なので特に若い時に影響をうけたものを10冊)
[PR]
by dersuebeppi | 2017-02-15 02:01

漫画家ヤマザキマリのブログ。連絡先等はプロフィール欄をご覧下さい


by Thermari