<   2016年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧

実家の裏には広大な農地があり、そこを毎年農家の人に借地しているわけですが、奇抜なエンジニアの義父アントニオが何を思ったか、そこに植えられるトウモロコシでいきなり「迷路を作る!」と言い出したのは、今年の春のことでした。
そして、つい先日、この迷路のお試しデーが開催されたそうです。
(ベネト州のこの地域は広大な緑地が現在不法な開発で無条件で崩されつつあり、それに反発する意味もあった模様)

a0087957_2349429.jpg


a0087957_235011.jpg


a0087957_2351333.jpg


迷路もいいんですが、エンジニアの本職(写真上の白髪の人)の方はいったいどうなったのでしょう。
噂によると30年越しのプロジェクト(奇抜なオートバイ)が密かに完成しつつあるという噂ですが…
しかし、(ある種の)男子ってどうしてこんなに迷路が好きなんですかね?
プリニウスも博物誌で迷路についてを熱く語っているし、デルスも子供の頃は絵と言えば迷路ばっかり描いていたし、相棒のとりさんも子供時代は迷路に取り憑かれていたらしい……

a0087957_2351587.jpg


a0087957_2353525.jpg


a0087957_23532981.jpg


そしてなんで船……

a0087957_2354368.jpg


迷路で疲弊した後の皆さん、ヒッピーの集いみたいな有様になっています


そしてもうひとつ実家ニュース

a0087957_23543167.jpg


アントニオのミニ雑種の愛犬(チワワ大)が人知れず懐妊し、仔犬を生みました。ネズミ大だそうです。
[PR]
by dersuebeppi | 2016-07-28 23:58
a0087957_2211534.jpg

中央にはスーフィーダンスを踊る人が

a0087957_221527.jpg

家の窓の下に集まってきていたダマスカスの猫達


a0087957_223126.jpg

隣国レバノンへ行く時にはこの年季の入った車で移動


a0087957_2243842.jpg

トルコ帽を被って微笑むわたくし
後ろのトイレットペーパーは鼻紙用
[PR]
by dersuebeppi | 2016-07-27 22:07
フィルム撮影なのでアルバムからそのまま転写

2003年頃のパルミラ

a0087957_4231777.jpg


a0087957_4234896.jpg


a0087957_4241219.jpg


a0087957_4243342.jpg

丘の上のアラブ城よりパルミラ遺跡を望む

a0087957_425247.jpg

野良犬を触っているのはわたくし
[PR]
by dersuebeppi | 2016-07-27 04:27
ヤマザキマリの地球のどこかでハッスル日記
第88回 「ルーブル美術館」は絵描きの道を選ぶ勇気を与えてくれた空間

a0087957_331430.jpg


>ヤマザキマリの地球のどこかでハッスル日記


26日放送のNHK朝のニュース「おはよう日本」でお話したことの補足的エッセイです:
[PR]
by dersuebeppi | 2016-07-27 04:02 | WEBエッセイ
明日26日、NHK総合「おはよう日本」(7時台放送)で「ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~」が紹介されます。
ルーヴル美術館が選んだ「漫画」」の内容と魅力、そしてパルミラをモチーフに描いた私の出展作品についても触れる予定:

a0087957_17322334.jpg

[PR]
by dersuebeppi | 2016-07-25 17:32
一人旅がしたいです、久々に。
もうこんなに理不尽でぐちゃぐちゃでワケのわからん支離滅裂な世の中なんかどうでもいい、と安直に思いたくなる気持ちを振り切って。
体力があるうちに様々な事象に毅然と向き合っていく為にもしっかり脳味噌の栄養補給をしておきたい。
(そんな時間があるかどうかは別として… いや、忙しさは理由にならんな)


a0087957_16315911.jpg

(5年前のチベットの写真)
[PR]
by dersuebeppi | 2016-07-25 16:36
a0087957_15563290.jpg


明日から六本木・森アーツギャラリーで開催される、ルーヴル美術館特別展「ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~」。

参加している日仏16名の作家のひとりとして私も作品を出展させて頂いておりますが、今回私が描いた作品にはセリフがありません。
その為か、メディア系の取材などでもこの作品の主旨についての説明を促される事が多いのですが、美術館を訪れて絵画や彫刻を見る時、人はその作品に対して具体的な説明を求める事はしません。
今回はルーブル美術館との拘わりも考慮して、あえて『言葉の無い絵画と接する様に読んでもらいたい漫画』を描いてみました。

開催前にイタリアへ帰ってしまった為、展示会場で全ての作家の方達の作品を見る事ができたわけではないのですが、会場の奥の方の壁に並べられた私の作品「美術館のパルミラ」は、何気にエンターテイメントからは逸れた、異質な雰囲気を放っているように思われました。

a0087957_15575195.jpg


漫画というツールを用いて叶う幻想世界の描写に、古い新しい関係なく、歴史的な記録を投影させたくなってしまう私の嗜好はここにも反映されていますが、今回の作品に盛り込まれている“歴史的記録”は、如何せん新しく、生々しいものかもしれません。
a0087957_15592522.jpg


様々なインタビューで今回のテーマになっているシリアを含む中東の問題やパルミラの遺跡についての質問をたくさん受けました。

a0087957_15582728.jpg

パルミラが嘗てはユーラシア大陸の西と東を結ぶ重要な隊商都市であり、そこを交差する様々な国の人種によって齎された多様な宗教や文化が、軋轢を起こす事無く毅然と共存しあえた、今の地球の荒んだ有様からしてみれば考えられないほど進化した視点を持った世界だった、というのはこの漫画で伝えたかったことの1つです。

でも、この作品における最大のテーマは“ルーブル美術館”です。


a0087957_161116.jpg


美術館とは、ありとあらゆる時代の、様々なバックグラウンドを抱えた作品が時空を超えて、毅然と展示されている場所であり、凶暴性の消失した過去の時間と今を生きる人間が静かに向き合うことのできる、究極的にデモクラティックな場だと私は思っています。

a0087957_161571.jpg


開催は明日7月22日〜9月25日まで。
ローソンではこのような作家別のチケットも販売されているそうです。ルーブルに思いを託すフランスと日本の作家陣の作品を斬新にコーディネートされた展示会場でゆっくりご覧下さい

a0087957_1623086.jpg


「ルーヴルNo.9 〜漫画、9番目の芸術〜」
[PR]
by dersuebeppi | 2016-07-21 16:11
a0087957_13552742.jpg

テロが頻発するようになってから空港では緊張感が自然と募るようになってしまった。いろんな国のハブ空港を使うと、セキュリティの微妙な差異などもなんとなく感じられる。
a0087957_13545590.jpg

フランクフルトでの5時間のトランジットはネームで費やし、ヘトヘトになって飛行機に乗ったら客室乗務員から素敵な表紙の雑誌を配られた(おっさんが読む為の雑誌)。

祝、ビキニ誕生70周年
モデルはうちの猫の名前にしたベレン・ロドリーゲスとその姉妹
a0087957_1355491.jpg


目だけの保養でもすこしだけ疲れが癒えました
a0087957_13563659.jpg


でもやっぱり疲れた… どこでもドアを・・・早く誰か開発して下さい……
[PR]
by dersuebeppi | 2016-07-19 13:58
アナログ盤では私が4人を漫画にしております。

a0087957_1056898.jpg

a0087957_10563379.jpg


7月27日(水)発売!

スピッツ「醒めない」
[PR]
by dersuebeppi | 2016-07-18 10:57
a0087957_1743858.jpg


明朝"「とと姉ちゃん」と、あの雑誌 "という番組で、母の家にある山積みの暮らしの手帖を前に、この雑誌が私達親子に与えた影響についてを語ります。
母リョウコも出ます。

[NHK総合]
2016年7月18日(月) 午前8:15~午前9:00(45分)
「とと姉ちゃん」と、あの雑誌
[PR]
by dersuebeppi | 2016-07-17 17:05