<   2012年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「望遠ニッポン見聞録」発売に伴って、サイン会の実施が急遽決まりました。

--------------------------------------------------------------------------------------------
『望遠ニッポン見聞録』(幻冬舎・税込1,260円)発売を記念してヤマザキマリ先生のサイン会を開催致します。サイン会参加整理券は同書お買上げの先着120名様に配布致します。参加整理券ご希望の方はリブロ池袋本店別館地下1階文芸書売場レジにてお買上げ時に係員にお申し付け下さい。
なお、整理券はなくなり次第配布を終了致します。
※お電話等での整理券のご予約は承っておりません、ご了承下さいませ。
※サイン会当日、携帯・デジカメなどの写真・動画等の撮影はご遠慮下さい。

日時:3月21日(水)午後6時30分~
会場:西武池袋本店別館地下1階リブロ児童書前特設会場
お問合せ:リブロ池袋本店 03-5949-2910
http://www.libro.jp/news/#entry_id_2436

-----------------------------------------------------------------------------------------------

平日ですし、いきなりなんでアレですけど・・・
皆さまにお会いするのを楽しみにしております。
[PR]
by dersuebeppi | 2012-03-08 20:51

本日より発売中です(正式には9日から?)

a0087957_2049265.jpg


2年ほどpapyrusという雑誌で連載していた「望遠ニッポン見聞録」
一冊の本に纏まりました。

中身は、日本を離れてしまった日本人である私が見た「日本」。
暮らしていたら見えない事が離れているといろいろ見えて来る・・・っていう内容ですかね、手っ取り早く言えば。

テルマエ・ロマエも結局は同じような立ち位置の発想で生まれたマンガですが、お風呂文化や日本人のお年寄りの人情なんかもそうですけど、暮らしていると特別に感じない事なのに、日本の外にいるとしみじみその良さや有難味が判ってくるものです。


まあ勿論良さや有難味もさることながら、日本を離れてしまったから感じる不思議だとか・・・感動したことだとか、びっくりしたことだとか。
なんでウォッシュレットの様なハイテク便所が生みだされたのかについての考察とか。


とにかくそう言った事を、日常生活の様子とともに色々とイラスト付きで書いております。

テルマエの単行本の間に挟んだ巻中コラム、あれがもっと広範囲の話題で書かれている、という雰囲気だと思って頂ければいいかもしれません。

皆さま宜しかったら是非!
[PR]
by dersuebeppi | 2012-03-08 20:49
a0087957_1314223.jpg


ペン入れなど、単調な仕事をする時に私はたまにYoutubeでリオのカーニバルを見ます。
サンバのリズムと、エネルギー全開で踊りまくる人達を見ていると、自分のテンションも上がるからです(単純です)。
a0087957_13151464.jpg


今年もついこの間2012年度のリオのカーニバルが終わったばかりですが・・・

色々と過去の動画を見ていて、どうしても何度も見返してしまう、物凄いエスコーラ・ヂ・サンバ(サンバチーム)の動画を敢てアップさせていただきます。

最初から最後まで、1時間半近くありますので、暇な方限定かもしれませんが・・・



いや、でもこの2011年のUnidos da Tijuca(ウニドス・ダ・チジューカ)は特別印象的でした。
ハリウッドをテーマにした山車が目白押し!!

スターウォーズ
a0087957_13154348.jpg

トランスフォーマー
a0087957_131671.jpg

アバター
a0087957_1328945.jpg

ハリー・ポッター
a0087957_13165690.jpg

ジョーズ
ジュラシック・パーク
a0087957_13272993.jpg

インディ・ジョーンズ
a0087957_13193754.jpg

・・・・その他いろいろ。

私は特に
ジョーズの山車と衣装に痛く感動しました。
自分が参加するのなら、俄然このジョーズに飲み込まれている人間の衣装を選びます!!

a0087957_13172157.jpg


このプール付き山車の大掛かりなこと!!
しかも素敵な水着姿のオバサン付き!!
(動画では1時間5分くらいのところで現れます・・・)
a0087957_13181440.jpg


その後にやってくるインディ・ジョーンズも映画のシーンそのものを山車の上で展開しています。

緩いトランスフォーマーといい、そのほかワケのわかならい物も含めて、ほんっとになんていうか、凄い。ハイレベルなのかおバカなのかその境界線が全然わからない所が最高です。
a0087957_13301270.jpg


山車一個だけで何千万も掛るそうですが、優勝すれば賞金は1億円を超える額だそうです・・・そりゃここに参加する4000人近くのメンバーみんなに力が入りますよ。

ちなみにこの年、このチームはカーニバル開催前に火災で山車がダメージを受けた事もあって審査対象にはならなかったそうですが、今年2012年は見事優勝しました。

自分も初めてこのリオのカーニバルを見た時は、ふと気が付いたら朝になっていてびっくりしましたが、ほんとに色んな意味でブラジルのエネルギーは半端ありません。
体力も、向上心も、精神力も、そして想像力も。
私も頑張ろう。
そしていつかサメに喰われている衣装を着てここで踊りたい・・・
[PR]
by dersuebeppi | 2012-03-02 13:32