「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

まず、今発売中の雑誌「H」。
a0087957_22471518.jpg

ここにわたくしの最新インタビュー出ております。
本当はここに二宮和也さんと松山ケンイチさんがいるはずなのですが、いろいろの事情によりネット上ではこの様な表紙になっております。
私以外に西炯子さん、末次由紀さん、ツジトモさん、諫山創さんのインタビューも読めます!読みたい!!

それと、3月5日に日本で公開される「アレクサンドリア」という映画のチラシにルシウスと映画の主人公である女性天文学者ヒュパィテアの絡んだ一コマ漫画描かせていただきました。

a0087957_22474988.jpg


これは本当に凄い映画です。
アメリカ映画じゃないので、わざとらしいエンターテイメント性は殆ど感じられません。スペインのアレハンドロ・アメナーバルという鬼才の監督が、自分がその光景を覗いて来たかのような表現をしたかったと言うだけあって、妙なリアリティーが感じられます。

古代ローマ末期、バランスを崩し、さまざまな側面で混乱が発生していたこの時代、都市として最も忘れ難い上に悲惨な大損害を被ったのがこのアレキサンドリアという、ローマにとっての一大学術都市だったわけです。
キリスト教とユダヤ教という二つの宗教の膨れ上がった勢力がギリシャ・ローマで培われてきた学問の数々を雲母のように粉砕していくその様子をアメナーバルは巨大な宇宙から見たアリの世界のような出来事として捕えているのですが、それによって見ている側はより一層感慨深くさせられます。

ヒュパティアというローマ時代の最後にぽつんと存在したこの女性天文学者の唱える真実の宇宙が、人間の引き起こしている愚かな行動を静かに黙って見つめている。
この辺の表現で私は途方に暮れました。
今の地球上でもまったく同じ様子が展開されているわけですから。
あまりに衝撃的過ぎて、一緒に映画を見た旦那と一週間くらいこの映画についてを話し続けてしまったほどです。

紀元130年代に生きる浴場技師のルシウスはまだローマがこんな顛末を迎えるとは全く想像すらしていません。
それを思うと切ないやら悲しいやら・・・
ですが古代ローマ文明の叡智は後世においても文章や絵画や映画などにに形を変えて永遠に残り続けていくパワーを保っているのです。この時代が色褪せる事は永遠に無いのでしょう。

みなさん、ぜひ!!
ぜひとも見に行ってくださいね!!

細かい部分の考証もしっかり出来てて、そういう意味でも実に興味深いです。
[PR]
by dersuebeppi | 2011-01-28 22:53
a0087957_044193.jpg


何やらここ数日、このブログを訪れて下さっている方の数が凄く多いので、整理されてない頭の中がダダ漏れの文ですけど更新しときます。
伴侶に自分の仕事を理解してもらい難い問題ってのは結構普遍的なものなんですね。

とりあえず私の場合は旦那がラテンだからとか、時間に規則正しい人だからだとかいろいろ思いつく理由を挙げてはみましたけど、国籍云々はそれほど重要な意味は持っていなさそうだということがコメントを拝読しているうちに感じられてきました。

旦那の通うシカゴ大学は米国でも屈指の勤勉大学で、勉強や研究の止まらない人の為に図書館なんて24時間使えるような状態、学生も先生もアンドロイドのように学業に没頭しているそんな環境の中でもうちの旦那は「オマエのせいで俺たちが怠けているみたいに見える!」と周りに言わせるほどガリ勉です。なんで家に帰ってきたら大いに息抜きしたいと思っているのに、そこで私が凄まじい形相で仕事をしている。
「何だか俺って怠け者!?」と彼は冗談半分な顔で言いますけど、まあ、私も同じ立場だったら「え~勘弁してよ・・・」ってなるとは思いますわ。
でも仕事の内容も形式もいろいろと違うのだから比べる事はナンセンスだって幾度となく伝えてはいますけどもね。

考えてみたら彼のお父さんという人が、自宅の地下に仕事場を構えてそこに一日中こもって仕事をしているエンジニアなんですが、未だに大好きな仕事だからついつい他の事を忘れて丸一日家族に顔も見せずに工房にこもっていたりしてしまうわけです。
下手したらそこで数日間こもりっきりも平気なわけです。
そんな夫にキレるのは妻です。
「あなたたちのお父さん、まるで働き過ぎの日本人だわ!」と彼女はおそらくイタリアのドキュメンタリー番組か何かで植えつけられた過労死もありの日本人の労働者に対する偏見的セリフをいつも子供たちに繰り返しながら、「ママさびしいよ!」と涙していたそうです。

要因はいろいろとあります。
でも彼は私にも「頼むからうちのオヤジみたいにならんでくれ」というような事を頻繁に言いますし、もしかするとその辺りのことが彼の中でいちばん引っかかているのかもしれません。

自分はどんなに何かをする事が大好きで時間を忘れるほど没頭したくても、家族の存在を忘れるほどになっていはいけないんだ!!って小さい時から胸にがっしり刻み込んできたのかもしれません。

だけど私は今の自分の現状について、やりたい仕事をしたくてもなかなか出来なかった自分の決して短くはない過去を思うと、やはり今は天が与えてくれたチャンスなんだと思ってしまうわけですよ。
しかも40代も半ばに差し掛かってるし、あと10年くらいはまだ体力も精神力もあるだろうからそれまでは行けるところまで行かせてもらいたいと。
その姿勢を頑固に変えずにいれば旦那もだんだん「そういうものなのか」と理解してくれるんだろうとは思っていますが。

でも考えてみたら、この世界の中でパートナーや家族がお互いの職業を心底から良く理解し合って思いやり合えるケースなんてのは結構稀有なのかもしれませんね。

じゃあ同業者同士だったらいいのかっていうと、それはそれでいろいろ有る例をごっそり見てきてもいるし・・・

つい先日も友人の伊国籍研究者男子と仏国籍教授職女子のカップルが崩壊してしまいました。彼は今年学位を取って卒業なのに就職口が無く、反面3歳若い彼女はもう卒業もして大学の先生にもなり哲学者として名も知られて将来も補償されているわけです。凄く温厚で口数の少ない静かな女性だったんですけど、彼の方がついシニカルになってしまう。そんな状況が長く続き、やがて彼女の方から「もう無理」と言われたんだそうで・・・その伊男子の落ち込み用と言ったら・・・
夫も一緒になって物凄く塞いでました。
難しいもんですね。

そんな中、最近うちの息子が旦那にとあるゲームを献上したのですが(車好きの彼にグランツーリスモ5)、なにやらそれからというもの、実は彼はあまり私の仕事に対しても口出ししなくなり、極めて穏やかになってきているのです。
「君が牛馬のように仕事している時にこんなこと出来ないよ・・・」と最初は躊躇してたんですが
「いや、あんたがリラックスしてくれていると思うと、私もリラックスできるから」
と答えると「ほんとに!?」と幼稚園児のように嬉しそうな顔。

何事もリラックスしないとだめですよ。いっぱいいっぱいでお互いの理解なんか所詮無理だよなと痛感した次第。
ナイス息子!
[PR]
by dersuebeppi | 2011-01-26 00:10
a0087957_23572148.jpg

凍ったミシガン湖、寒い思いをしつつもどんなになってるもんかと思ってそばまで行ってみました。
写真で見る限りは優雅なもんですけどね。

a0087957_2357477.jpg
足の先なんてもう冷た過ぎて感覚無くなってましたよ、この時。

それはそうと前回のブログではちょっとばかり皆さまにご心配をおかけしてしまったみたいで・・・
すみませんでした!

我々日本人は小さい頃から漫画家ってのは何時もボロボロの服を着て締め切りに追われる大変な人種なんだっていう認識を持って育つじゃないですか。
漫画家のイメージ・イコール締め切り、風呂入ってない、臭い、みたいな。徹夜は当たり前、みたいな。(あ、でももしかして今はそんなんじゃないのかな・・・)
とにかく漫画というものが自分たちの身近にあるだけに、そういった実情が理解しやすかったってのは有ると思います。
でもこの漫画家の働き方ってのは漫画文化がしっかりと根づいた地域でなければなかなか理解しがたいものがあるんだろうと思うんですよね・・・

それと家庭環境ってのも影響してくると思うのですよ。
何よりも家族と休息が大切なラテン民族で、しかもお金に困った経験が全く無い。でもって漫画家の実態を知らない。
こうして考えてみると、旦那に私が寝る間も惜しんで漫画を描くという行為を理解してもらえる難易度相当高いんですよ。

まあでも、私はやはり今は漫画をじゃんじゃん描いていたいので、旦那には新しい引き出しを一個増やすつもりで頑張ってもらうしかないですね。

あー
それにしても、いろいろな意味で国際結婚って大変ですわ。
[PR]
by dersuebeppi | 2011-01-25 00:37
a0087957_23302699.jpg


今温度計見たら-19度。
ミシガン湖の凍った表面から湯気が立ち上っています。
こういう気候の中で暮らすと逆に仕事が捗ります。
仕事してないと、生き延びられないような、そんな気持ちになるわけです。

やはり南国に行くたびに思うのは、あの人たちはこの様な恐ろしい気候帯に暮らさねば発生しない、「死ぬんじゃなかろうか」という切迫感などには滅多に煽られないので、のんびりしてしまうのでしょうね。
キューバが敢えて社会主義の道を選択した直後、実態を調べに現地入りしたフランス人の調査書には「あんなすごい革命したくせいに、みんな仕事する気ゼロ」みたいなことが書かれてしまったわけですが、仕方ないですよ、それは。

ところでうちの夫はイタリア人でありつつもかなり勤勉野郎だと思うのですが、私の仕事に対しては理解の壁をどうしても乗り越えられません。
テルマエとかが騒ぎになる前、まだ忙しくない時期までは良かったのですが、今みたいに毎日只管休む間もなく18時間原稿漬けの私を見ていると許せなくなるようです。

「どうなってるんだ、ニッポンのマンガ業界ってのは!? まるで発展途上国の炭鉱の労働者みたいじゃないか!! 労働組合とか無いのか!?! 絶対おかしいよ!!」

…そんなこと私だって何度となく考えましたよ…ええ。でもね、労働組合があったとしても関与した時点でみんな失業ですよ。
最近イタリアで話題になっているフィアット社の労働条件切り下げも酷い話だとは思いますが、あれと同じですわ、日本のマンガ業界ってのは。

ブラジルへ行ってもブラジル人達から一斉に袋叩きにあいました。
「オマエの働き方はどうかしている!! 現代にあるまじき労働時間じゃないか!!」
「ほらみろ、みんなこう言っているじゃないか、やっぱりおかしいんだよ!!」
と旦那まで嬉しそうに便乗してくるし。
「あんまり働きすぎて息子を辛い目に会わせないで」と姑から電話は来るし。
「でも好きだからいいんだよ、マンガの仕事は!!」と答えても、不可抗力です。

イタリアもブラジルも日本みたいに出版業界が経済とそんなに強く結び付いているわけじゃないですからね・・・わかんないんですよ。
ちなみにブラジルの売れてる作家の人だって初版部数は三千とか五千だって言います。
イタリアもそうです。
日本とぜんっぜん違うんですよ、ストラクチャーが。

とにかく!
ラテンの人間に最も理解され難い職業ランキングのトップはおそらく「忙しい漫画家」であろうとわたくし、痛感いたしました。

まあマンガなんざ浮世の人気商売ですからね・・・
今の忙しさなんてあくまで期間限定だと思ってますんで、いづれはまた旅行したり思索したりする時間が確保できる生活に戻れるだろうとは思っております。

でもその前に、もしも忙しい労働時間が理由で家族崩壊の危機になったら、その時はやはり家族優先順位の判断を取らせていただくしかないですね。
そしてさっさと温かい国に移って庭に生えてるバナナでももぎって喰って生活させてもらいますわ・・・
[PR]
by dersuebeppi | 2011-01-21 23:32
a0087957_23475850.jpg


中国人のお友達2人と中華街で飯を食べた後に連れていかれたスーパーマーケット。
おわああ~
a0087957_2348345.jpg

なんか右上の赤っぽい方たち・・・なんで赤いのかしら・・・
a0087957_23524484.jpg

亀もみなさんあちら側をお向きになられて・・・
a0087957_2353676.jpg

カニはうまそうでしたが。

とりあえずこの楽しい中華街がある限り、シカゴではなんとかやっていけると思った私でした。

外は相変わらず白いです。零下です。
a0087957_23535914.jpg

もう一週間・・・いえ10日・・・いえ1月に入ってから・・・
とにかくわからんけど、ぜんっぜんお日様が出てくれません。
光合成の出来ない暮らしは辛いです。

そんな中、ついに買ってしまった念願の「からっ風邪野郎」(こちらでのタイトルはAfraid to dieなんですわね)と「憂国」。
a0087957_23541686.jpg

実は今月末からKAAT神奈川芸術劇場で上演される宮本亜門さん演出の「金閣寺」、こちらのパンフレットにちらっと三島に関するイラストとコメントを書かせていただいたのですが、シカゴに持ってきたボロっボロの金閣寺の単行本をめくりつつ、「む・・・そういえば・・・!」と思い出して購入してしましました。今やってる原稿が一息ついたらじっくりと見直そう!
あとは「大当たり狸御殿」が届く予定。(浜村美智子が見たいが為に)
外が白くて凍りついていても当分はこれでやっていけそうです。
(舞台を見に行けないのは残念ですが)

本日のベレンちゃん
a0087957_23544880.jpg

最近長目です。
a0087957_23551458.jpg

[PR]
by dersuebeppi | 2011-01-19 23:56
a0087957_11451445.jpg

窓から見えるミシガン湖、凍ってます。
a0087957_1145334.jpg

今日はこんな一日。
冬っていったらやっぱりね、湖は凍って外は吹雪いてくれないとね。

この間までこんなところに居たんですけどね。
a0087957_11465723.jpg

地球の自転の軸が傾いてるからこういうことになるんだ!


まあいいですよ、外は吹雪いて凍ってくれている方が仕事にめちゃくちゃ集中できますから。
a0087957_11455023.jpg

ベレンちゃんもライトの光があたるネームの紙の上が居心地良いみたいですね。
a0087957_11461072.jpg

いいことです、たっぷり私の分まで寝ておくれ。


早く夏にならんかなあ~
[PR]
by dersuebeppi | 2011-01-12 11:51
a0087957_2146541.jpg


年末年始、特にクリスマスはラテン系家族は家族で過ごすという強い意識を持っていますが、イタリアの夫の家族は今年も息子が帰ってこなかったのでさぞかし癪に障ったことでありましょう。
私だって正月は日本で紅白見て餅喰って過ごせるもんなら過ごしたかったですけど。
でもブラジルの引力はそれよりも強かったのです。

a0087957_2149312.jpg

年末だったので、地元の人にも「大したライブやコンサートはやってないかもしれんね」と言われていたのですが、ある日新聞をぱらぱらとめくっていたら、「Epoca de Ouro」と言う文字が飛び込んできました。これはブラジル音楽の部類で「ショーロ」というのがあるのですが、(えーっと、サンバやボサノバの原型になった19世紀から存在する伝統的な、ポルトガル色の若干濃い音楽)そのショーロの大御所グループなのでした。このグループを率いるタンバリン(バンデイロという)パートの爺さんジョルジーニョ・ド・パンデイロは80歳になるんだそうで、生誕80年記念的なライブが開催されるということ。
これは行かねばまずい!と奮い立っていたら地元の音楽関係の友達より「あんた興味あると思って予約しておいた」と電話。なんて気の利く友達でありましょう。

あー、すばらしい。おっさんとじいさんたちのライブ。感無量。
a0087957_2222724.jpg

右端がジョルジーニョさん、となりのカバキーニョ(ウクレレみたいな)弾いているのがその息子。
a0087957_2150129.jpg

飛び入りゲストも何人かあり。そのうちの一人パウロ・マルケスさんという歌手は今年で83歳だそうですが、信じられない声量の色気有る歌声に惚れ惚れ。
a0087957_21502569.jpg

心洗われました。演奏者と聴衆の距離感が取り払われた生々しいライブ自体も素晴らしかったです。

毎日人と会ってしゃべる事ばっかりに忙しい中、リオの出汁の利いたコンサートに行けて満足でございました。
a0087957_21511237.jpg

この素敵な階段はライブの後にメシを食べに行ったラパ地区にあります。上で傘さして立ってるのは息子です。

それから私は夫と息子をイグアスの滝へ連れて行きました。
a0087957_21525874.jpg

イグアスの滝ってのは世界遺産にもなっている、かつてアメリカのルーズベルト大統領が夫妻で訪れた際に夫人に「かわいそうな私のナイアガラよ」と言わせしめた瀑布。
a0087957_21532146.jpg

a0087957_21533561.jpg

私は前にも来ているのですが、どうしても夫と息子に見せたくてまた戻ってきました。
たまにこうして太刀打ちならぬ自然のでっかい力というものに接しないとダメですね。ルーズベルト夫人じゃないけど。地球の力の中で人間ってのはほんっとに小さいもんなんだってしみじみ痛感させられるそんな場所です。
a0087957_21535724.jpg

ここのホテル、ポルトガル・コロニアル様式で気に入ってます。
a0087957_21541966.jpg

あー近かったらもっと来れるのになあ・・・
周りは大自然なんでいろんな生き物がおられます。こんなのとか。
a0087957_21545185.jpg

とまあ、そんな感じでブラジルの旅は「あっ!?」と言う間に終わったのでした。
シカゴに居る時の何倍もの体力と精神力を使ってきた気がするのにこの爽快感。
飛行機に長時間乗っているのはホンっとーーーに大っキライですけど、例えどんなに忙しくともたまにはこうやって遠くへいかねばいけないなと痛感した次第です。
a0087957_2155933.jpg



シカゴは只今-5度。朝7時。これからどっさりたまった仕事との格闘が始まります・・・

あ、そうそう。それと本屋さんでブラジルポルトガル語版に訳された漫画がどっさりあって興奮しました。思わず買ってしまった「刑務所の中」と「夕凪の街」。
a0087957_21554095.jpg

刑務所なんて、もう翻訳もバッチリでこの本を読み過ぎたせいでセリフを暗記している息子と二人で大笑いしました。いやあ~ なんか嬉しかったです。
[PR]
by dersuebeppi | 2011-01-03 21:59
a0087957_836581.jpg


先ほどブラジルより帰還いたしました。
新年はサービス最悪の某米国系航空会社の中で過ごしました。
機内で新年は大分前にも体験したんですけど、その時には確かシャンパンとかが振る舞われた記憶があるんですが・・・そんなもの全くナシ。まるで軍隊の兵隊輸送機に毛を生やした感じの旅客機でした。
でも、着陸の頗るスムーズさにははっきり言って驚きました。かつて旧ソ連のアエロフロートの操縦士の着陸時の敏腕さにも驚かされましたが・・・そういうところはなんだか優れているんですよね。日系の飛行機なんかは着陸時は「どがーん」という陸に着いたでっかい衝撃が必ずありますけどもね。

まあそんなことはどうでもいいです。

皆さまあけましておめでとうございます!
昨年は私にとってまた新しいタイプの怒涛の一年でした。
沢山の方に私の作品を読んで頂いて嬉しいやら恐れ多いやら恥ずかしいやら焦るやら狼狽するやら・・・
そんな一年の間にごっちゃごちゃになってしまった頭の中をさっぱり整理して新たな年を迎えようと8年ぶりにブラジルへ行ってきたわけです。

でっかい自然とエネルギッシュな人々の生きざまを目の当たりにして来たおかげで、パワーはがっちりチャージできました。今回は旦那の仕事の関係で作家の人などに接する機会も多かったのですが、日本の漫画の世界とは全く違う彼らの世界感にも触れられてとても面白かったです。
何だかんだでほんとに根性と体力がないとやり過ごせない国だと思うのですが、こういうところに居るとなんかこう、細かい事なんてもう完全にどうでもよくなってきます。

この感覚が気温差40度の暗くて冷たいシカゴでも暫く続いてくれますように・・・・

撮ってきた写真、いくつかアップしておきます~
取り急ぎリオ編。

a0087957_894367.jpg

a0087957_8103667.jpg

a0087957_811543.jpg

a0087957_820636.jpg

a0087957_8202512.jpg

a0087957_8205953.jpg

a0087957_8221245.jpg

a0087957_8223663.jpg


リオには昔からの友人の美術評論家のおっさんがいて、滞在中は全く一度も海に行かず、その人んちで毎日暑っ苦しい文化的集いが展開されておりました。
そこの家のお手伝いさんの作るメシが美味いのなんの・・・
パンを上げている写真がありますが、これは「Rabanada」とかいう、クリスマスの時だけに食べる揚げパンみたいなお菓子を作っている最中です。めちゃくちゃ油っこいですが、美味いです。

とりあえずこのおっさんに今後ブラジルを糧に生きて行こうとしている旦那を知り合わせるというミッションは完了できたので良かったです。
息子はちなみに風邪をひいてずーーっとホテルで寝てました。
気温差40度ですからね。

写真、もっとたくさんあるんですけどまだ整理できてないんで、また気が向いた時にアップします。

とりあえず皆さま
どうぞ本年もよろしくお願いいたします!
[PR]
by dersuebeppi | 2011-01-02 08:35