<   2010年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

地上50階だといちいちエレベーターに乗るのが異様に面倒臭いのと、寒いのとで本当に家から出ない人になってしまいつつあります・・・
お向かいのマンションの私の部屋の高さはジムになっていて、毎朝この寒さの中汗水たらして体力づくりに励むアメリカ人たちを見ていると、なんとなく運動もしたくなくなるというか・・・する気が減退するというのか・・・なんかみなさんの必死な様子が凄まじくて・・・

しかしこんな生活していたら一体どんなことになるんでしょうか。
たまーに家でヨガだのなんだのしてみますけど、リスボンに暮らしていた時みたいに3時間くらい散歩するのが自分的には一番いい運動かと思われます。
考え事しながらぶらぶら色んな景色や人をながめつつ何気にただひたすら歩く。
シカゴでは絶対無理ですね。
優雅に考え事なんてしながら絶対歩けないでしょう。こういう都会の街で「歩く」というのは何か目的や到達地点を持っていないとやってはいけない事のような気がします。
それに何よりもまず氷点下のぶらぶら散歩はいただけません。
気分はマッチ売りの少女になる事間違いなし。
それにぶらぶらしている人は油断オーラが出まくっていて、ある種の人を呼び寄せてしまう可能性もありますしね・・・
そう考えるとリスボンってのはしみじみ平穏でのどかな街でありました。
あれが一国の首都だなんてね。


今朝の朝焼けと凍ったミシガン湖
a0087957_23271683.jpg

トレース台の熱が気に言ってしまったベレンちゃん
a0087957_23283314.jpg

そして子供がどこぞからもらってきたごっついクッキー
a0087957_232926.jpg

一個食べてみましたが、馬並みのアゴと咀嚼力を要するようなごっつい歯ごたえで、一個で一年分くらいの糖分が詰まっていそうなスイートさでした。
こんなもん日常で普通に食べてたらエラいことになるに違いありません。

いろいろと健康面で気をつけないといけませんな、アメリカ暮らしは・・・
[PR]
by dersuebeppi | 2010-12-17 23:40
a0087957_21585291.jpg


これか・・・
これがシカゴの冬ってやつなのか・・・

いえ、覚悟はしていたんですよ?あらかじめこれくらい気温は下がるよって事はしっかり聞いてましたし、ダウンタウンはビルとビルの隙間にミシガン湖からの強烈な風が吹き付けるって事も知ってました。でも「知る」と「経験する」ってのはぜんぜん次元の違うことなんでありますね。

さすがに地上50階南向きはお日様が出ていれば暖房をつけなくてもそれなりに温かくなるんですが、一歩外に踏み出せばもう言葉も詰まるほどの痛々しい寒さ。
あとここで何年耐えられるだろうか。

窓の外に見えるミシガン湖、凍っているし。私にはオホーツク海に見えます。

わたくしはかつて何年も北海道に暮らしていましたが、どうしてもDNA的に寒い環境に適応しにくいらしく、今でも雪を見ると渋い気持になってしまいます。北海道のローカルTVで旅のリポーターをしていた時も「冬のスポーツ!」みたいなのを体験させられるんですが、運動嫌いの冬嫌いには辛すぎるテーマでした・・・それから真冬の牧場で朝の4時に乳搾りさせられた事もありましたっけ。なんだか冬の辛い取材の事ばかりが記憶に焼き付いています。
久々の雪の光景を見ながらそんな昔の事を思い出すわたくし。

ちなみにベレンちゃんも寒いのは苦手みたいです。
a0087957_21592286.jpg

a0087957_2215192.jpg

ベンガル猫は寒いの弱いみたいですね、そりゃベンガルですもんね・・・
(毛布の上の白い紙は「座るな!猫在中」とイタリア語で旦那が表記したものです)

だけどこんな寒さに怯む中、一つ嬉しいことがありました。
うちの近所に「牛角 シカゴ店」ってのがちょっと前にオープンしたんでした!!!
a0087957_21595675.jpg

寒さへのストレスも焼き肉で少しは解消できるもの。歩いて5分の距離も素晴らしい。
なんとかこの焼き肉でごまかして今年の冬は乗り切ろうと思います。

温泉があればまだシカゴに対しても好意的になれるのであろうが・・・
[PR]
by dersuebeppi | 2010-12-14 22:04