「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

a0087957_21573620.jpg


本日発行された「毎日ウィークリー」の一面です!
一面だったのか!!
「すべての道は風呂に通ず」というタイトルで、テルマエ・ロマエのルシウス・モデストゥス技師が日本の風呂についてや言語についてなどの質問をいくつか受けて答えておられます。
英語もルシウスのラテン語に合わせた、かたっ苦しさモリモリの英語になっていて、旦那もウケてました。
「すげえなあ、ルシウス・・・」と。
ちなみにルシウスのフルネームもここで初公開しておりますが
Lucius Quintus Modestus,
これが本名です。
Luciusはラテン語発音だと「ルキウス」となりますが、私は最初からあえて「ルシウス」としました。
なぜなら、後のプロセスでマンガの中に数名のルキウスが出てくる事も想定されており、複雑なことになるのを避けたかったのと、響き的に「ルシ」の方がちょっとした気弱さや繊細さが醸せていいかなと(勝手な解釈)。マンガだし別にその辺は好みでいいんじゃないのということでルシウス。
これはラテン語をご存じのたくさんの方からもう何度となくご指摘頂いてきたのですが、この場を借りてこの様にご説明させていただきたく思います。

余談ですが、私の「マリ」という名前、これ日本以外の国できちんと「マリ」と呼ばれた事はほとんどないですね、大体が「メリー」「メアリ」、イタリアの田舎だと「マリーア」。
最初は「マリですよ」と訂正していましたが、だんだんどうでもよくなってきて、メリーと呼ばれても「はーい」と素直に振り返るようになりました。
旦那のBeppiという名前も、国によっては発音できないらしくて、アラビア諸国では一番それにちかいアラビア語表記での発音が「ビビ」でした。それ以来私も旦那を「ビビ」と呼んでいます・・・激しく拒絶されますが。
あとラテン語圏では「H」の発音がないので、日本の名前の方でHで始まる方はイタリアなどではまず生粋の名前では呼ばれないということを覚悟してください。ヒロミさんであれば「イロミ」となります。
国変われば発音もいろいろです・・・



それと、先日発売された幻冬舎の「パピルス」33号
a0087957_21592854.jpg


私のエッセー「望遠ニッポン」、連載2回目の今回は3本立てです。内容は日本のトイレについてと、結婚式(かつてフィレンツェで見かけた石田純一の結婚式のこととか・・・)、そしてビールについてです。
よろしかったらどうぞ!
[PR]
by dersuebeppi | 2010-10-30 22:10
a0087957_21325429.jpg


本日発売のKISSに「バラク・オバマとその周辺」という漫画描いております。
a0087957_2133282.jpg


これから中間選挙を控えたオバマと彼を取り巻くシカゴのエッセーです。
悪戦苦闘してますが、どうなるんでしょうか・・・

アメリカ暮らしも我々は期限付きだと思って暮らしているから何とかなっておりますが、ここで一生ずーっとやっていく気合いは夫にも私にもありません、正直。
いろんな意味で保守的でオーソドックスなヨーロッパでは足りないものをここで補えるのは確かだと思うのですが、上手くやっていけるかどうかは人を選ぶと思います・・・
税金も金持ちになればなる程「サクセス恩恵」みたいな扱いを受けられるのに、貧乏人は常にもがき苦しんでいなきゃいけないだとか、なんだかねえ。

ちなみに子供は公立高校のIBプログラムというカリキュラムを取っているのですが、昼飯を食べる時間もないほど勉強させるそうです。授業受けながらスープ飲んでる生徒もいるそうです。家へ帰ってからも宿題てんこ盛り。
既に同級生はみんなハーバードだとかプリンストンだとか目指してまっしぐらだそうですが、そうしないと将来安泰な暮らしは保障されなという危機感を高校生で背負わなければならないってのも辛い話しです。確かに準備周到にしておいた方が良いとは思いますけどね。
彼の高校の環境を見ていると、アメリカ映画でよく見かけるようなふわふわした空気はどこにも漂っておりません・・・
私はてっきり「バス男」の世界が垣間見れるかと思っていたのに!!

ただ先日、ミスハイスクールみたいなのを決めるのに息子が誰かからもらってきたチラシのお嬢さんは数年前に撮影されたと思われるピンボケのオバマとツーショット写真を大きく引き延ばし
「見て!?オバマもミスは私に投票しなさいと言ってるのよ!」とアピールしているものでした。
それを見て少しほのぼのした私ですが、中間選挙の結果が悪かったら彼女の当選率も下がるかもしれません。

ちなみに私は息子にいつも
「いつでもポルトガルに帰って漁師とかタイル職人とかになってもいいんだからね・・・」
と囁いています。ブルーカラー&職人好きの私にとっては本音なのだけど、本人は「嫌だ!帰れない!」と固くなです。
まあポルトガルでは彼のやりたい勉強はちょっと無理だからな~
でも漫画をするには最高の環境でした。
彼が大学に入るころにはリスボンに戻れるといいんですが。
旦那もどうするんだろうなあ~

ああ、ポルトガル、懐かし過ぎて苦しい・・・
[PR]
by dersuebeppi | 2010-10-25 21:38
今日で何歳になるんだろう・・・
いや、彼女実は今シカゴに来てるんですよ。
私の仕事場のソファーで寝泊まりしていらっしゃいます。
今日は彼女を中華街にでも連れて行って飲茶で誕生日をお祝いする約束になっています。
ま、人生いろいろです。

えっと、23日発売のOffice youです。

a0087957_2155114.jpg


「世界の果てでも漫画描き・エジプト編」と並んで「PIL」という新しい漫画もシリーズでスタートしています。
今は遠隔アシスタントの方が3名ほどいて下さるお陰で始められた新しい漫画・・・
テルマエ・ロマエがこんなことになる前から上がっていた企画なんで、やっと形に出来て一安心。

忙しいけど描きたいと漫画のイメージだけはなぜか沸き続けるのでこれはフン詰まりにならんように出していくしかありませんや。
(とはいえ時間的にこれ以上はもう無理)

シカゴもどんどん寒くなってきたんで引き籠りがいもありますからね。

あ、そうだ、昨日は息子の高校で彼が参加しているオーケストラの発表会があったんで見に行ってきました。
アメリカの高校って凄いですね・・・いろんな意味で。
民主主義のソビエトかい!?と思うこと暫し。
彼のこの高校生活についての色々はまた時間がある時にでも書きますが、とにかく美人な生徒が多くてビビりました。美人で大人っぽくてスタイル良くて、リスボンのぽっちゃりした女子とは全然違う魅惑のオーラ・・・あんな子らに囲まれて毎日勉強している息子は贅沢者です。っていうか、勉学に集中できるんかい、あんな環境で!?
[PR]
by dersuebeppi | 2010-10-24 21:08
a0087957_218823.jpg

コミックビーム11月号本日発売です。
付録は
「テルマエ・ロマエ オールスターズ手ぬぐい」
オ・・・オールスターズなのか・・・
あの世にいらっしゃる各彫刻の制作者の皆さん、どうかお許しを! ごめんなさい!
ビーム今月号

それとテルマエのTシャツ作っていただきました。
a0087957_2152080.jpg

いやあ、全て包み隠さずのデザイン凄いですね。
古代ローマだったらおそらく大いに売れるでしょう、何か良い事ありそうなデザインってことで。
限定50着です。
テルT

テルマエのいろいろ、どうぞご贔屓に・・・
[PR]
by dersuebeppi | 2010-10-12 21:08
a0087957_21584411.jpg


えー
明日発売のKISSplusです。

私が描いたハゲオヤジが表紙です。
おされな女性漫画誌にハゲオヤジ。
舞台は秋のヴェネチアでハゲとの按配を調整してみました。
今回の地球恋愛は連載2回目でして、
内容は南太平洋の島に暮らす、男女平均体重80キロ以上みたいな人たちのお話です。
よろしかったらどうぞお読みくださいませ・・・

それとテルマエ風呂が展開されている箱根ユネッサン、ここに写真が出ておりました。
「テルマエ・ロマエ風呂」

ローマ人に見せてあげたいです。
[PR]
by dersuebeppi | 2010-10-07 21:59