「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

知り合いの親切なご婦人が毎月「ゲゲゲの女房」の録画DVDを送って下さいます。
(私は基本テレビを見ない人間なもんですから)

そしてそれを欠かさず見ている実家の母から「・・・何だかあんたの事と重なるのよ・・・」と感慨深い電話がかかってきたりすることがあります。
水木大先生と私を比較するなんて恐れ多い事を言う母だと思っていました。水木先生と言えば私の中ではド貧乏イタリア留学時代の心の支え・・・・「かっぱの三平」なんて今持っているのでもう4代目だし。貧乏な時に貧乏だった日本の描写のあるものを漫画でも書物でもむさぼるように読みこんでいた私にはかけがえのない作家さんの一人。比べるなんてとんでもない!
でも・・・確かに彼の貸本マンガ時代の貧乏生活なんかは物凄く共感できることだらけです。
(ちなみに書物部門で私を支えていたのは安部公房と開高健でした)


暮らしていたフィレンツェには Monte dei Pegniという質屋銀行(しかも創立が15世紀とかそんなだったような記憶が)があるのですが、私は自分の持っている金目になりそうなもの全てここに持ち込まざるを得ない日々を過ごしておりました。取り戻せたものもちょっとはありますが、ほとんど流れてます。
電気水道ガスも全部切られた時期もありましたが、あの時は冬だったこともあり、屋根のある家にいても実にホームレスな気持ちにさせてもらいましたっけ。
時は1990年代初頭。日本はバブルがはじけるちょっと前。街に行けばブランドショップを目指すW浅野(私の年代以上の人にしかわからんか)みたいな人たちが楽しげに歩いている、そんな時代でした。

水木先生もでっかい貧乏経験を経て、43歳で賞を受賞された直後からの山のような仕事の依頼をつい断らずに全て引き受けてしまっている、今の自分がまさにあの状態だなと。でっかい貧乏で広げられた仕事受け入れ窓口の広さ加減が似ています。
43歳で賞を頂いたのも同じですけど、忙しくなり過ぎたせいで妻と険悪になる展開も実に同じです。
先生のようにとんでもない戦争経験もなければ腕も両方あるんで比べるなんて本当に恐れ多いんですけど・・・

でもですね、やっぱり自分はお金にならんでも結局絵はどっかで描いている人間だと思うんで、やはりとてつもなく嬉しいのですよ、漫画でじゃんじゃんお仕事ができるってのは。しみじみありがたい。油絵ではどうにかしたくてもどうしようもなかっただけに、どんなに忙しくても今の自分の立場の有難さっていったらありません。

で、やっと本題。
9月1日に発売される二つの雑誌。
別冊マーガレットSister。
a0087957_2205513.jpg

椎名軽穂さんの「君に届け」トリビュート描かせて頂いております。

それから小学館の「PS」。
a0087957_2211812.jpg

「テルマエ・ロマエの温泉案内」ということで、ルシウスが日本各地の温泉をご案内しているようでございます。

乙女な雑誌2冊。
どちらにもごっついルシウスが登場しています。
こういう多元的コントラストもなかなか悪くないですね・・・

ルシウスにも私と一緒に頑張って働いてもらいましょう。
[PR]
by dersuebeppi | 2010-08-31 22:12
a0087957_21423180.jpg


「世界の果てでも漫画描き キューバ編」
(表紙のデザインはテルマエと同じセキネシンイチさんです。ほんとにいつもありがとうございます!)

訪れた国30カ国、全て暮らしたわけではなくて当然単純な旅行とかもあるわけですが。
何気に調べてみたらそれくらい行ってるんですね。
・・・まあ当然バチカン市国とかサンマリノ共和国なんかのミニ国家も入れてですけど(笑)。

私は基本出不精です。
子供のころは外で危険な遊びをするのが大好きでしたが、物心ついてからはできれば自分の作り上げた小さなテリトリーの中で本読んだり音楽聞いたりしていたいという傾向の方が強くなりました。
今も飛行機乗るの、大っ嫌いです。飛行機という乗り物が飛んでいるのを見るのは大好きですが、自分がその中に入って移動するのはだいっきらいです。
しかもどこかへ移動する前の日あたりから自分を圧迫する、環境変化対する心構えみたいな変な心地・・・あれには未だに慣れることがありません。
「家族がいるのにそれらを置いてオマエは行くのか・・・」
「仕事もてんこもりなのに、それでもオマエは行くのか・・・」
という闇の声が前日になるとどこからともなく私の中に響いてくるのです。

なのに、なぜだが私はいろいろと行ってしまうのです。
行かなければならない理由やら何やらが必ず発生して(しなくても)、だいっきらいな飛行機に乗らなければならなくなるわけです。なぜでしょう。

それはおそらく、私が子供のころに「兼高かおる」に異様なほどあこがれていたからかもしれません。
愛読書が「二ルスの不思議な旅」だったり「アラビアン・ナイト(こども版)」だったりしたからかもしれません。
憧れの異性がスナフキンや山下清だったからかもしれません。

そして私と同じような、旅をしないとやっていけない性質の(正しくは、一か所の国に暮らしても3,4年で移動したくなる性質の)夫と一緒になったことでいろいろと拍車がかかった様に思われます。

まあ、この本にはそんな私が行ってきた場所、今回はキューバですけど、その時の事が綴られております。ヘミングウェイのまねしてみたり、サトウキビ刈ったり、踊ったり。ま、いろいろ。

テルマエ・ロマエⅡの発売日とほぼ同じ、9月24日発売です。
(デビュー作のオマケ付きですって・・こっぱずかしいなあ☆)
[PR]
by dersuebeppi | 2010-08-29 21:49
a0087957_218771.jpg


というイラスト・エッセーが今月号の「Papyrus」(幻冬舎)という雑誌で連載スタートします。
日本を離れて暮らしているわたくしが何気に気づいたり思ったりした日本と海外のライトな比較文化を綴ったエッセーでございます。よろしかったらどうぞ、お手にとって見てください~
(今回は日本人旅行客&海外の旅行客、古今東西のフィギュアで見る女性の胸のでかさについてなんかを二本立てで書いております)

それにしても、毎日ぶっちぎり大好きな漫画も読めずに16,7時間は働いているのに時間が足りない今日この頃、でもまあ、こういう働き盛りの時期が今でよかったです。これがあと10年後とかだったらしんどいだろうなあ・・・
[PR]
by dersuebeppi | 2010-08-28 21:10
昨日からアマゾンでアップされている画像。

a0087957_21412522.jpg


2巻はこんなです。
9月25日発売ですが予約はもうできるようです。


ところで旦那の友人のロシア人の学者が古代神話の研究とかしているんですが、私はお会いしたことないんですけど、旦那いわく「…彼がこの一連の君の描いた大理石シリーズを見たら激怒するかもしれん…」。
この人が家に来ることがあったら家の中にあるテルマエの気配を回収しなくてはいけないかもしれません。

まあ、何か言われても「でも別にお風呂くらい、神様だって入るだろうに!!あんたも入るだろうに!!」と言って返そうかと思います。お風呂に入らない人だったら効果ないですけどね。
[PR]
by dersuebeppi | 2010-08-26 21:43
a0087957_2127155.jpg


「箱根小涌園ユネッサン」、今年の2月頃に私が編集長と編集者Aさんとカラダを張った取材に出かけたところですが、なんとそこで「テルマエ・ロマエ風呂」なるものができるそう・・・ええ~!?

っていうか、ここには既になかなか良い感じの古代ローマスタイルお風呂がありまして(古代ローマ紀元後のスタイルですね、大きな丸い湯船の)、そこで私と編集長と向かい合って次のマンガの企画などを練ったりしました(あ、ここは水着着て入ります、素っ裸の混浴じゃありません)。
そこをテルマエ・ロマエ仕様にしよう、という企画なんですね。
詳しくはこちらにございます。
中で水にぬれても平気なテルマエも読めるそうです。
ストリジルとかもあればいいんですけどね。

いやああ~ ルシウスに見せてあげたいもんだ! 平たい顔族はこんなにあなたに好意的☆ってところを・・・

いやああ~ 日本が近かったらなああ~

あとここにあるガリガリ君温泉ソーダっての入ってみたいです!!前はなかったと思うのだけど。ガリガリ臭が漂っているのかしら・・・
[PR]
by dersuebeppi | 2010-08-26 21:32
a0087957_2241037.jpg


10日発売の文芸春秋9月号に私の文が出ております。
「風呂と夫とローマとわたし」
というタイトルです。

文芸春秋は1980年代から1990年代半ばまで、私がフィレンツェで極貧の貧乏画学生をしていたころ、もっとも激しく読み込んでいた雑誌です。
なぜだかこれだけが、どういうルートからなのか確実に私の手元に入ってくる唯一の雑誌であった為、恐らく当時日本では私と同じ世代の女子達がWithだのMoreだの心ときめかせながら読んでいた時期に、私は同じくらいの熱心さでこの分厚い雑誌を読み込んでいたのでした。
最初の方にある「日本の顔」というグラビアから最後の蓋棺録に至るまで、全ての広告も隈なく目を通していた私。
「山の上ホテル」の広告っていつから出ているのかしりませんが、これは帰国した時に思わず友達を誘って泊りに行ったくらいです。

とにかく日本から遠く離れた場所で当時の日本の経済状況とは冗談みたいにかけ離れた生活を強いられていた私にとって、この「文芸春秋」という、ワイシャツの下にランニングを着込む日本のおっさん臭がほんのりと放出されていたこの雑誌は、「実存する祖国の証拠」みたいな意味をなしていたわけです。

そんな雑誌にわたしの文が載るなんて・・・
一生大切に取って置こうと思います。

どうぞみなさんも読んでみてください!
(イタリア人の夫がテルマエの創作にどれだけ影響しているかなどを書いております)
[PR]
by dersuebeppi | 2010-08-09 22:38
シカゴの暑さはだいぶ穏やかになってきました・・・というか、一気に爽やかです!
よかった・・・
でも日本はとんでもない猛暑のようですね。
毎日ニュースでこの暑さと行方不明高齢者の話題を目にしつつ、感慨深くなっております。

リスボンに居た時は毎日若者よりも高齢者を目にする時間の方が多かった為に、自分の平均年齢まで一気に上がってしまったような気分になっていたものですが。
家族もさることながら他人にも世話を焼くのが好きなラテン民族の国ではこうして行方不明になってしまう老人なんてのは滅多にいないと思いますね・・・
っていうか、結構よぼよぼの老人でも毎日買い物に行く時とかにすれ違うし。
時速5メートルくらいの速度でしか歩いてなくても、一応外出用のいで立ちで、温かい日なんてのは路面電車がこういう老人たちであふれかえりますからね、あんなにじゃんじゃん老人が外に繰り出している様子ってのは日本ではもうあんまり見かけませんよね、確かに。

6年間のポルトガル暮らしで中年以降の人々の暮らしを毎日目の当たりにしてきた私は、おかげでここ数年おっさんやおばさんや爺さんばあさんを激しく漫画に描いているわけですが。

昨日発売になった講談社の「KISS PLUS」に私の新連載「地球恋愛」ってのが巻頭カラーで掲載されとります。
a0087957_2134595.jpg

これは世界を舞台にしたオムニバス恋愛ショートストーリーなんですけども、一回目はイタリアの60代のおっさん二人のお話です。
よろしかったら是非読んでみてください!
以前までは「ルミとマヤとその周辺」とか「涼子さんの言うことには」など、北海道を舞台にしつつ自分が描ける最大現にかわいい絵柄にアレンジした漫画を掲載していたのですが、今回からはすっかり皺度の増えた渋い絵柄になってしまいました。でも一応恋愛ストーリーだし!高齢化も進んでいることだし!ぜひご覧あれ! 
[PR]
by dersuebeppi | 2010-08-07 21:35