<   2010年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

シカゴでうまいもの

仕事の忙しさと、あまりに暑い日々が続いたのと、地上50階だとエレベーターを乗り降りするのが面倒なのと、まあいろんな理由で何かと外に出る機会の少なくなってしまったわたくし。リスボンに暮らしていた時は、窓を開けると通りから人々の生活感が流れ込んでくるので何気に私もそれにつられてふらふらと外へ散歩などに出て行ったりしてたわけですが、ここは大体窓自体ががらっと開けられる構造じゃないし。少しだけ開けても「ゴオー」という都会の空気音しか入ってこないし。あ、でも昨日はどこか遠くからマイケルの「ビリージーン」を歌う女性の声が聞こえてきてビビりましたが。何だったんだろう、あれ・・・どこかでコンサートでもしてたのか。

今日はでも久々に涼しい朝です。
一昨日くらいまではビームの副編Iさんに送ってもらったアイスノンを頭に装着して作業してたんですけど、今日くらいならアイスノンは必要ないなあ。でもこのアイスノンって優れものですよ、クーラーもあるんですけど冷え性なもんでつけっぱなしにはできない、そんな私にぴったり。頭冷やすだけでも全然違いますね。

ところでシカゴへ来てから家の周りのレストランへぼちぼち行ってはみるのですが、なかなか「アタリ」に巡り合えません。
サラダを頼めばでっかいボールに葉っぱてんこ盛りで「馬のメシかよ!?馬鹿にすんなよ!!」と激怒する夫。馬鹿にしているわけではないと思うのですがね。
パンケーキも大好物なんでお店を見つければ入ってみるのですが、直径30センチサイズを3枚重ねられても喰えませんよ、こんなの!! 
まあ、良いんですけどね。周りの人は美味しそうに食べていらっしゃいましたから、文句はいけません。
ただやっぱりね・・・なんていうのか、私ももう40歳過ぎてるし。馬サラダも巨大パンケーキ3段重ねも難しいですわ、ちょっと。

そんな中、一つだけ私が毎日食さないと我慢できなくなるお菓子があります。
これは以前アメリカへ訪れていた時から大好物だったのですが、これが手軽に食べられるのは嬉しい!
a0087957_23184049.jpg

ライスクリスピーをマシュマロで固めたお菓子。激甘。名称はライスクリスピーでいいのか?

どこのカフェへ行っても大抵これがあるわけですよ。
さくさくした感触とマシュマロが好きな私にはもう絶品。
夫は一口食べて「・・・こんなものを美味いっていう君の舌、もう完全にヤラれてるよ・・・」と言っていました。
いいじゃないですか、一つでも美味しいと思えるものがあれば。

でも、絶品とか言っておきながら何なのですが、これも間違いなく飽きる日が明らかに来ます。
残念ながらそれは確定的です。
「もっと食べてみなけりゃ俺達の美味さはわかんねえよ」というもどかしさが感じられない食べ物は長続きしませんね。人間でも創作物でもなんでもそうだと思うんですけど。具体的過ぎるとね・・・つまらんのですよ。私的には。

まあ、その時はその時でなにかまた別なヒット食品を探さねばなあ。
[PR]
by dersuebeppi | 2010-07-31 23:24
a0087957_22524492.jpg


だってシカゴのダウンタウンはここんところずーっと「トランスフォーマー3」の撮影中で、窓の外を見りゃあ低空飛行で飛び回るヘリ、外へ行けば「映画撮影のため」で道が閉鎖されまくり。
アメリカに引っ越してきた翌日は豪雨と竜巻警報で映画の「オズの魔法使い」を「みなさん家屋の中に入ってください」というラジオの警告に恐怖の中にも思い起こしていた私ですが、今度はこんな大がかりな映画の撮影。しかも「トランスフォーマー」ですよ・・・

通学路が閉鎖されてたせいで子供は今朝は遅刻。
でもトランスフォーマー大好きな彼にはワクワク感たっぷりの遅刻であったことでしょう。

明日の朝8時からはここのすぐそばで爆弾、ガンショットなどの衝撃音が炸裂するそうです。ほほお~っ!! (って、この間花火を見ながら感慨深くなってたばかりだってのに、この盛り上がり方・・・)

街の中は既にこんな有様です。
a0087957_2253419.jpg

[PR]
by dersuebeppi | 2010-07-16 22:53
先週ご案内した、私の中2ひとりヨーロッパ無謀旅行をベースにした漫画「涼子さんの言うことには」、本日発売でございます(これはエッセーじゃなくてストーリー漫画です)。
a0087957_10353337.jpg


ここには私が日本を17歳からずっと離れるきっかけとなった、夫の祖父マルコがいかに女ったらしだったかも描かせて頂いております。

このマルコ爺さんと私は私が17歳で初めてイタリアへやってきた最初の一カ月位だけ一緒にいただけで、実はその後は二度と会わずじまいで彼は亡くなられてしまいます。
私は私でフィレンツェで極貧画学生生活でいっぱいいっぱいになっておりまして、北イタリアに暮らすこの爺さんに会いに行く費用すらままならない状態でした。

でも私に代わって、私の母が足繁くこの爺さんと(爺さん、バイオリンも弾いてたので母とウマが合った)その爺さんの娘一家と交友を深め、何年間にも渡ってこの家へ通うことになるのでした・・・

そんな母によって私が初めてこの爺さんの娘家族を紹介されたのは、実に初めてイタリアへ渡った17歳から15年も経過した後での事なのです。
ですがこの家族は私と会う前から、いかに私がフィレンツェでのはちゃめちゃに暮らしていたかも母のおしゃべりにより全て知っており、初めて会った時から妙にどっぷりと打ち解けられました。

そしてこの家族と交流するようになってしばらく経ってから会ったのが、長男のベッピ。
つまりうちの旦那、というわけです。(つまり母は旦那を彼がまだ3、4歳だったころから知っていて、私もいろいろ話は聞いていたのですが・・・)

今思えば母がああやって私の全てをあの家族に打ち明けててくれたおかげで、ベッピと結婚することになった時もごく自然に事が進んだと言えましょう。
不思議なもんです。

まあ、どうぞよろしかったら爺さんの出会いも含めて全部で5話ございます。読んでみてくださいませ。



それと、テルマエ・ロマエの2巻、9月25日に発売です。
a0087957_10443912.jpg

公式に発表されたので私も言いふらして大丈夫らしいです。
でも、まだ2カ月もあるんですね・・・表紙の絵とか考えなきゃな。や、もうどんなのかは考えてあるんですけどね・・・今度は1巻より手に取りやすい・・・かな?
[PR]
by dersuebeppi | 2010-07-13 10:44

Transformer

2、3日前から子供の通う語学学校周辺など、ダウンタウンの何か所かが「映画撮影」のために通行止めという案内が出ています。
一体なんの映画の撮影だろうと思って調べたら、「Transformer3」の撮影でした・・・
窓の外をふと見るとビルの合間を忙しく飛ぶヘリ。その妙なフライトの様子からしてまさに映画の撮影中!

忙しいのに、思わずじっとしていられなくなって見に行ってしまいました。

パラマウント社のでっかいトラックがあっちこっちに止めてあり、通行止めの通りを覗くとダウンタウンの通りがえらいことになっているではないですか。
アスファルトが盛り上がってひっくり返って車が丸焦げになってて凄い!!
a0087957_0513742.jpg

何でもかんでも全て3Gで処理するもんだと思っていたら、全然これ、本当に凄い大変な手間と労力が掛ってたんですね。侮れないですね、いや本当にこういう映画撮影するのってとんでもないことなんですね。
いやあ~ びっくり!!

私はこの映画の最初のやつだけ子供に連れ添って仕方なく見に行って「・・・もういいわ」って見切り付けてたんですけど、子供は1も2もDVD持ってるし、小さい頃からトランスフォーマーのおもちゃも持ってて大ファンなんで、実際の撮影現場を目の当たりにして凄い興奮してました。
「シカゴに引っ越して良かった!!」オーラが炸裂してました。

ちなみに公開は来年の7月だそうです。そんな先なのかい!
まあいいや、これは見にいってみよう。
[PR]
by dersuebeppi | 2010-07-13 00:53

独立記念日

a0087957_22333437.jpg


マンションの屋上から独立記念日の花火大会を見ました。
花火って言ったら普通は見上げて鑑賞するものですけど、ここからだと見下ろす感じになるのですね・・・
周辺のマンションの屋上にもたくさんの人が集まって花火を見ています。

「この音聞いてたら戦地でのこと思い出した」

後ろにいた男性が友達とビールを飲みながら呟いていました。
イラクかアフガニスタンかわかりませんけど、戦地。

確かに花火の音って爆発音を思い出させます。
私も今までに2度、フィレンツェとダマスカスで爆発音を聞きました。

同じ音で人々をうっとりさせるものと恐怖に震撼させるものを作る人間って不思議です。

ちなみに今朝の新聞によると昨夜、治安の不安定な地域では3人が殺害されるという事件も起こっていたそうです・・・
あ~ なんかアメリカに引っ越したんだ~ という現実的な思いが募ります。

a0087957_22335452.jpg

シカゴの暑い夜、夜景はこんなに綺麗なのに・・・
[PR]
by dersuebeppi | 2010-07-05 22:41
本日、日本から届いた雑誌「Papyrus」)31号に私のインタビューが載っておりました。
a0087957_7282166.jpg

吉田大介さんという方がインタビューアーで私は文面で質問にお答えするような形でのインタビューだったのですが、これがなかなか面白い内容になっております。
今までもたくさんの方から「テルマエ・ロマエ」に関するインタビューを受けたのですが、吉田さんからの質問には切り口が変化球的なものがいくつかあって、「なるほど、面白いな」と思いながらお答えした物がたくさんあります。
それをベースに出来上がった文を拝読すると、なるほど、本当に「テルマエ・ロマエ」と私の関係がすっきりクリアに分析されてまとめらているではないですか!
自分の答えたインタビューでこう言うのもおかしいですが、自分がどうして「テルマエ・ロマエ」という作品を描いたのか、じっくりと再確認できて感心しました。
是非ご興味のある方には読んで頂きたいです!

さて、久々に近況写真をアップします。

ポルトガル生まれのベンガル猫ベレンちゃん、シカゴにすっかり馴染んでます。
a0087957_7242439.jpg

地上50階に自分がいるということを全く解っていない様子です。
a0087957_7244883.jpg

a0087957_7261426.jpg


それと、これは家からすぐのミシガン湖ビーチと、
a0087957_7251432.jpg

a0087957_7254318.jpg

その後ろのビル群。しょぼいヤシの木が何とも言えません。
いや、いいですよ、この湖畔の道。対岸が見えないからちょっとした穏やかな海みたいな雰囲気です。やはりそばに水があるというのは心落ち着かせますね。

ちなみにここから5分歩けばシャネルにエルメス、グッチにヴィトンの超物欲通りです。
何とも言えないところに旦那、家を借りたものです・・・・まあ面白いですけどね。散歩するには最高です。
[PR]
by dersuebeppi | 2010-07-03 07:26

選挙とルシウス

a0087957_21515455.jpg

風呂限定の内容でしか展開されないテルマエと選挙をどう結び付けるかというので、結構いろいろ悩みましたが、まあビームのO村編集長や朝日新聞のS記者といろいろありつつ(ほんとにいろいろありつつ(笑))、なんとかこういう内容で掲載ゴーサインが出たんでありました・・・ しかし、凄いですね、朝日新聞。こんな事して大丈夫なのでしょうか(汗)。
でもこの大仕事が終わって取り合えず、気分的には一安心です!!


ついでに今後の単行本の予定などをお知らせさせていただきますと

Hanakoで連載されている鈴木おさむさんの「ブスの瞳に恋してる」で、私も鈴木さんの内容に重ねたわが夫婦の一コマ漫画を掲載させていただきます(次号からかな)。こちらもどうぞご覧ください。

で、7月13日には「涼子さんの言うことには」という、私の14歳の時のヨーロッパ一人旅をベースにした漫画が発売されます。
a0087957_2272051.jpg

(これはカバーの背景になる北海道の草原風景です)
あの旅ありて、テルマエを描いたりイタリア家族を描いたりるする今の私がいるんだと思うと、本当に涙ながらに苦労した旅ではあったのだけど意味があったんだなあと痛感しております。
うちの旦那の祖父、マルコ爺さんとの出会いについても1エピソード描いておりますので・・・

同じ講談社から既に既刊されていて売り切れ中だった私のイタリア・貧乏グルメ本
「それではさっそくBuonappetito!」も重版掛りましたので、是非ここに描きました二束三文で出来るイタリアをはじめとするブラジル、ポルトガルのレシピをお試しください!!
a0087957_21531024.jpg


まだあります。
私が自分でもとっても気に入っている作品「ルミとマヤとその周辺」も重版できました。
a0087957_21532951.jpg

これは私が母に連れられて北海道に暮らしていたころの思い出を基盤にして描いた作品ですが、出てくる人たちは大体実際に当時私の周辺に居られた方たちがほとんどです。
「テルマエ」に出てくる日本の爺さんばあさんと同じような人たちで構成されている漫画です。

その他「モーレツ!イタリア家族」、そして先日出た「イタリア家族風林火山」、二つ合わせて読むと、いろいろすっきりすると思われます(どういう意味だ)
本当に一緒にいるのは大変だけど、それでもでっかい懐の愛すべく「イタリア家族」。
ちなみにお姑様が近々シカゴにいらっしゃるそうです・・・
a0087957_2211510.jpg


新連載、単行本、まだまだ新しい仕事はありますが、それは具体的になったらまたご連絡いたします。

自分大宣伝の投稿になってしまいました。
重版への動揺と圧力でこうでもしないと気弱な私はアブラ汗かきまくりなもんで・・・すみません・・・

よし、仕事だ!!
[PR]
by dersuebeppi | 2010-07-01 22:08

漫画家ヤマザキマリのブログ。連絡先等はプロフィール欄をご覧下さい


by Thermari
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31