<   2010年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

シリアの遺跡

a0087957_1892568.jpg

シリア暮らし時代に拾った猫のWeb漫画「アラビア猫のゴルム」、本日5話目更新されました。
私がシリアで何をしていたか、ご興味のある方はどうぞ!(旦那がアラビア語文学の研究で訪れていたんで、私は実質何かをしていたわけじゃないんですが、まあ日々のあれこれ)
a0087957_18111673.jpg

この漫画を描いているといろんな事を思い出します。
シリアは生活しているときは「ああ、もう早くここから脱出したい!」と思ってばかりいましたが、(まあ理由はいろいろあります、風呂の無い家、全く調達できない日本の食材、豚肉不足、言葉の壁、文化の圧倒的違いetc..)

でももしかしたら今、私が最も戻ってみたい国ナンバーワンかもしれません。
ブラジルもいつも思い出す国のひとつですが、シリアはなんといか、ブラジルとは相容れない別の引力で猛烈に引き寄せられてしまいます。

だってねえ、暮らしていたダマスカスから車で数時間もいけばもう、こんな様子の国ですよ?!?
こんな、まるで、いつの時代よ!?みたいな場所があっちこっちに普通にあるわけですよ。
(黒い遊牧民のような人物は私です)
a0087957_1810071.jpg

a0087957_18102569.jpg

こういう場所へ行って思うのは、世界が全て同じ時間の経過の仕方をしてないってことです。
それを同一線上に並べて「今はこういう時代なんだからこういう解釈にしなさい」ってのは何かと難しいもんだよなと実感させられました。
当時、ちょうど隣国イラクではえらい事になり始めていた時期で、家財道具一式背負った車がどんどん国境を越えてシリアに入ってきていましたっけ・・・

まあ、そんな感慨深い思いで日々過ごしていたシリアに深い愛着を未だに感じてしまうのは、この漫画の猫であるゴルムと出会ったからでもあるのですが。
a0087957_18114317.jpg



それとついでに:
ずっと在庫切れになっていた「ルミとマヤとその周辺1」も「それではさっそくBuonappetito!」もテルマエの波に便乗して重版できたそうなので、是非よろしかったらどうぞ。「モーレツ!」は売り切れて今再版してるそうです。正直なところ私的には意味不明です、このテルマエの波。
(でもご存知ない方には予めお断りしておきますが、上記の漫画はテルマエとは全然絵柄が違いますんでご了承下さい)
以上、宣伝でした。
[PR]
by dersuebeppi | 2010-02-25 18:19
a0087957_1825034.jpg


先日日本で収録したインタビュー、TBS[王様のブランチ」で明日放映されるようですね。
私も詳細は良く判らんのですが、本の紹介コーナーで出るようです。
放映時間は午前中9時30分から?

連日の疲労が蓄積して鏡もろくに見ていない私自身の事はどうでもいいのであまり注目しないでください。
それよりもこのインタビューに使われた台東区の「梅の湯」という銭湯、この素晴らしいレトロ感を是非ともご覧いただけたらと思います。テレビ局の方が探して下さった様なのですが、でーんと大きな富士山の描かれた(もといヴェスビオス火山)、本当に素晴らしい銭湯でした。営業時間なら入って帰りたかったくらいです。
地方よりも都内には昭和に立てられた銭湯がこうしてそのまま残っている確率が高い様ですね。

しかし、今時間を置いていろいろ思い返すと、言うべきことだったことが言い切れず、ちょっと残念です。

テルマエ・ロマエの今後について・・・という質問も振られてとっさに「それは秘密です」と返してしまったのですが、後から考えれば「この先この漫画ってどうやって続くのよ!?」と思われている多数の読者の方がいらっしゃるのも事実で、その辺をフォローすべきだったかもしれないと思ってしまいました。

「テルマエ・ロマエ」は風呂漫画というジャンル(そんなジャンルはないが)にカテゴライズされておりますが、自分的にはあれは風呂を媒体にした「日本との比較文化に軸を置いた古代ローマ漫画」だと思って描いております。
決して日本の風呂に驚く古代ローマ人漫画、というコンセプトのみのものではありません。
古代ローマと日本の共通点というのは実は風呂だけではなく、本当にいろいろありまして、主人公も今のイタリアには滅多に居ないけど、日本になら結構居そうなクソ真面目な男にしたのはそれもあるからなんです。

そんなわけでまあ、2年前、シリーズ連載にしようやと編集長が引っ張ってくれた時点で私も「そうか、じゃあもっと広い範囲で古代ローマの事が描けるかな」と思い立ちました。
一巻はとりあえず日本の風呂にびっくり仰天一色の展開になってますが、今後はせっかく古代ローマの誇る5賢帝の一人ハドリアヌスという凄い人物も登場させられたことだし、広範囲にもっといろいろと掘り下げた展開で皆様に知られざる日常の古代ローマ世界をご覧いただけたらなと思っております。
以上。

・・・というようなことを、インタビューで言えばよかったかなと。
この場を借りて補足させていただきます。
要領悪くてすみません!


それにしても・・・
自分と笑いのツボが同じ限られたクラスメートに見せているバカ漫画を描いたノートの一ページが、どういうわけか全国版の新聞に載せられてしまったような、そんな焦りと不安が今も続く私です。
[PR]
by dersuebeppi | 2010-02-19 18:28
ポルトガルと日本の距離はやっぱり遠いです。
スケジュール的には帰ってきた昨日から仕事開始予定だったのですが、今はもう眠くてだるくて無理。
歯茎も腫れて痛いし(歯槽膿漏か)。
ネームをやってる最中に寝てしまうし。
無理。

日本での数日間があまりにも慌しかったので、その疲れが今一気に出てきていると思われます。
でもやるべきことは全てやれた様子なんで、それだけは良かった・・・
いろいろと本を買いたくて行きたかった書店には一件も行けてないし、スーパーも物色できなかったし、ほんっとに仕事の用事だけして帰ってきたわけですが、取材先が「お湯」だったのがせめてもの救いです。

12日に行われた三宅乱丈と朝倉世界一さんのおめでとうパーティーも、予定時間の午後8時から朝5時まで全うできました。
あの日は朝から夕方までみっちりテレビの取材、テルマエ50冊に風呂に浸かるルシウスの絵付きでサイン、その後にこのパーティーがございまして、引きこもり生活者としては最も人前に出る時間が長かった一日だったにもかかわらず、朝からほとんど自分がどんな様子なのかを鏡で確認できない状態で過ごしました。ホテルに帰って自分の顔を見たら凄いことになってました。でもそんな懸念もいろんな方達にお会いしているうちにどうでもよくなりましたけどね。

しかし、すごいなコミックビームの集いというのは・・・
副編集長のIさんが「アレは大洋上のいろんな浮遊物の寄席集まり、ないし吹き溜まりみたいなもん」と仰ってらっしゃいましたが、本当にそんな感じです。

イタリア留学時代、ルネッサンス絵画よりも虜にさせられ私の貧乏生活を精神面で支えてくれた丸尾末広さんが斜め後ろに座っていらしたので、無謀だと思いつつも「サ、サインを・・・」と最新本「芋虫」を手に擦り寄ると、黙って頷いて描いてくださった時にはほとんど泣いてました。一生の宝です。
a0087957_1434783.jpg

その後全身からコーヒーの香りが漂ってきそうな山川直人さんと上野顕太郎さん、そして松田洋子さんとそこだけ周りと流れる時間が違っているかのような深い漫画談義も楽しかったです。
おおひなたごうさんとも10年ぶりに再会できましたし。
しりあがり寿さんとも熱く握手を交わせたし。
憧れのとり・みきさんにもお会いできたし。
松田奈緒子さんやご主人の新保信長さんともお会いできたし。
タイム涼介さんかっこよかったし。

もっといろんな方達にもお会いしてますが、ざっと上げてみるだけでもこれだけの密度の濃い人たちの集まる会だったわけですね・・・すごいですね。
っていうか、コミック・ビーム、すごいなあ。良い雑誌だなあ・・・紹介してくれた三宅乱丈には本当に感謝してます。
普段日本から遠く離れて誰にも会わない私にとっては数年分まとめて凄い人たちに会えたという、そんな祝賀カラオケパーティーでした。

ただし自分がそこで歌った「ランバダ」と「いなかっぺ大将」の記憶だけはさっさと脳から薄れてなくなることを切願せずにおれません。あーあ。
[PR]
by dersuebeppi | 2010-02-17 01:46
a0087957_16551399.jpg


終わらせねばならぬ原稿を全てやり遂げ、猫のべレンちゃんを友人宅に預け(異変を悟った彼女から思い切り手のひらを引っ掛かれました・・・ごめんよう)、留守中息子がお世話になる近所のご家庭にご挨拶に行き、あと3時間で出発せねばいけないというのにまだ荷物もできてません。
でも今回はほんっとに自由時間ナシと言ってよい短期滞在なんで、正直このまま着たきりでも出かけてもいような気がします・・・

日本でやらねばならぬ事はまず漫画の為の取材。
それと先日文化庁メディア文化祭漫画部門で作品が優秀賞を受賞された親友三宅乱丈さんのお祝い会。
彼女とはお互いがまだはっきり漫画家になる前からの友達なんで、こういう展開になるとやっぱり実際会っておめでとうを伝えたくなります。
あとまあ、いろいろ・・・
ちなみに諸々の取材のひとつはテレビです。
なんと「テルマエ・ロマエ」のインタビューだそうです。
これは2月20日放映の「王様のブランチ」という番組の本紹介コーナーのようなところで出るみたいです。
詳細がはっきりしましたらまたお伝えします。

そんなわけで、慌しく日々は過ぎ去る中、せっかく日本へ行ってもゆっくり風呂に浸かる時間は無さそうですが、なんとかやりくりしていこうと思います。

あーあ。寛ぎたい・・・
[PR]
by dersuebeppi | 2010-02-05 16:56

漫画家ヤマザキマリのブログ。HP) http://yamazakimari.com


by dersuebeppi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28