<   2010年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

年が明けてから半月も経ってしまいました。

コメントくださった皆様、お返事できなくて申し訳ありません!
いろいろ立て込んでまして、近所に買い物すら行けなくて、家にある賞味期限切れの乾麺(この間は2008年12月ってやつをトライ)などを茹でたりしてる毎日です(昨日はさすがに歩いて5分のスーパーに買い物にいきましたが)。

取り急ぎ、テルマエ・ロマエの3版目が18日あたりから流通するらしいです。
と、O村編集長が仰っておられました。
わたしもリスボンに送ってもらった分は、イタリアやらアメリカへ送ったり子供の学校の先生にあげてしまったりで一冊しか残ってないので、早く補填したいと思っておりましたので安心です。
ご注文などしてくださった方々、来週までもうちょっとお待ちください・・・

じゃ仕事します。
[PR]
by dersuebeppi | 2010-01-16 19:46
a0087957_1736378.jpg


みなさま今年もどうぞよろしくお願いいたします。
寅年だそうで、私の仕事机上でさりげなく演出されていたトラっぽい有様を写真に写してみました。

でも2000年ってこの間なったばっかりっていう気がするんですけど、10年ってこんな具合に過ぎていくもんなんですかね?2000年に生まれた子供達はもう10歳ってことですよね。
自分は全く変わりなく過ごしている気がしているけど、実際は明らかに老齢化してるってことですよね。
実感ないですね、全く。
ほんとに年取ってんのかしら、あたし。
と思っているのは自分だけなんですよね。虚しいですね。

ところで今回の年末は凄まじかったです。
毎年どんなに忙しくても年賀状代わりのクリスマスカードを送っていた私ですが、今回だけはそれすら全うできず。
仕事は確かに忙しいんですけど、それはいいんですよ。仕事好きだから全く問題なし。

主な出来事を箇条書きにしますと:

*シカゴから旦那が来る
*イタリアから旦那の妹が来る

箇条書きにするほどのことでもないですね。
しかし、このたった二つの要素だけでハッキリ言って映画の2012年のような状況が我が家で繰り広げられるのです。

旦那はともかく、その妹さんっすね。

いやあ~
ここでは詳細書きませんけど、なんていうか年々凄くなっていくなあ、彼女の態度は。
見た目は細くて繊細で色白で可憐な乙女なんですけど。ほんとに美人さんなんでもったいないんですけどね。

今回一番凄かったのは、私が彼女が煮ていたブロッコリ2株のゆで汁を捨てたところ、激怒されたことでしょうか。
「ちょっ、飲もうと思ってたのに、何で捨てるのよ!」
憤怒が絶頂に達したあおりでザルを放りつけられました。
びっくりしました。
ゆで汁、飲むんだったのか!!っていうか、うまいのか、ゆで汁!?


以前おしゅうとめさまがいらしたときもそうなのですが、要するに私達の暮らし方がどんどん彼女達の思うところのイタリア式でなくなっていることにムカつくみたいですね。(ゆで汁はイタリア式と関係ないですけど)

家族で厳かに仲睦まじく過ごすクリスマスを想像していたのに私は仕事ばっかだし、メシもたいしたもんでないし。(でも私なりにいろいろ作ったんですけどね。トリの丸焼きやらリゾットやら、イタリアっぽいものいっぱい)
「こんな絶望的なクリスマスなんてはじめてよ」と失意に涙をこぼされた妹さん。
はあ~ そっすか。すんませんね。
気の毒だけど、仕方ありません。

で、そんなドタバタが繰り広げられている最中にうちの猫のべレンちゃんの様子が急にへんになりました。
食べたものを全部吐いてしまうのです。でもクリスマス期間なので獣医さんを探すのは容易ではありません。やっと見つけた救急病院へ行くとまだ学校卒業したてみたいな眠そうなお嬢さんが出てきて(朝の5時だったので)、べレンを診察するなり「ヒモを飲み込んだようですね。場合によっては手術が必要です」といいながら、ヒモを飲み込んだ猫の萎縮した腸の様子を紙に描いて説明してくれます。
まるでこの間学校の授業で習得してきたことをおさらいしているようなその様子に私も夫も不安になります。
「あの、それ、本当なんでしょうか」
「レントゲンでみたら、なんとなくそんな形にみえます」
(なんとなく・・・ってなんだよ・・・)
「とりあえず今日の夜にもっとベテランのお医者さんがきますから、死ななかったらまたその頃来てください」

診察料120ユーロ(約1万5千円)。

もう二度とポルトガルでは獣医に関わりたくないと思いました。
だってヒモを飲んだかもしれないべレンはその後オナラを連発し(ガスがたまっていたらしい)、翌日小姑がイタリアへ帰ったとたんに猫缶をいっぺんに丸々2個食べるほどあっという間に元通りになったのですから

ま、そんな感じの年末でした。


今朝、旦那もシカゴに帰ったのでやっとこれでイタリア式「家族が優先順位でしょ!」圧力から離れて仕事をすることができそうです。
机の上にこの炭製マイナスイオン熊を置いて頑張ろうと思います。
a0087957_17391126.jpg



今年は6月末のシカゴへの引越しも控えているので、いろいろとテンコ盛りな一年になりそうです・・・
[PR]
by dersuebeppi | 2010-01-01 17:44

漫画家ヤマザキマリのブログ。HP) http://yamazakimari.com


by dersuebeppi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31