「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

春のせいかしりませんけど、最近みっちりと濃い夢を見ます。

ベットから出て慌しく動き始めた時点でたいてい寝起きで覚えていた夢の事も考えなくなるのが常なのですが、なんだかここ最近は脳裏に焼き付けられた映像が色褪せず、ヘタすると数日その夢のことなどを考えていたりすることもあるわけです。

良い夢もあれば、恐怖な夢もあり。恐怖な夢の場合は一端目が覚めたりしますね。心臓も激しく鼓動を打っててびっくりします。
でも場合によってはそういう切迫した状況になると夢の中で「待て、これは夢なのかもしれないではないか、そうきっと夢だからちょっと目覚めよう」と冷静に判断する時もあります。
逆に良い夢の場合は目が覚めてからがっくり落胆することもありますが。

ちなみに昨日の夢は昨年8月にやった中学校のクラス会のメンバーがいろいろ登場する夢でした。
カテゴリー的に分類すると、物凄く現実味を帯びた内容で、ファンタジックな演出一切なし。
なぜなら実際にクラス会をしたときに出会ったあの中年の面持ちに変貌したクラスメート自体が既に軽くファンタジーだったからでしょう。

それにしてもクラス会ってのは不思議なもんですよね。
自分の嗜好でセレクトして集まった気の会う仲間というわけでもない集合なのに、数年その面子で一緒に過ごしてしまうと妙な仲間意識みたいなのが自分の意志とは関係なく生まれていた、それを実感させられるミーティングというか・・・

自分と決して話が合うわけじゃなくても、決して何を分かち合えるわけじゃなくても、必然的に数年間毎日一緒に過ごしている為に、否が応でもそれぞれの長所をそれなりに見出して、長く一緒にやっていく術を無意識のうちに身につける。中学生のその頃ってのは、いわば人生で初めて自らの懐をどこまで広げられるかってのを自覚もせずに試みていた時期だったのかもしれません。

振り返れば中学生の3年間なんてのは「人生で一番ダサい時期」(By中学生日記/Q.Q.B作 青林工藝舎)なんですけど、同時に初めてそれぞれの人間の持つべく寛容性を一生懸命に育ませていた時期でもあったかもしれないと思います。

(ちなみに、私はこの中学校社会で周辺の女子と円滑にやっていくにはとりあえず「たのきんトリオ」の誰かを好きにならねばならぬと思い、とりあえず皆の人気が若干少なめな「よっちゃん」を選択しましたが、
a0087957_18224872.jpg

長持ちせず、結局本当に好きなのは佐野元春だと公言したらしく、
a0087957_1828852.jpg

卒業するときのサイン帳には「佐野マリ様」と書き記してくれる人で埋まっていました)

・・・考えてみたら高校生になるともう完全に自我が確率化して、無理に自分と話の合わない人と友達になろうとはしませんでしたからね・・・というか、私の場合はクラスや学校どころか暮らしている国自体変えないと我慢できなくなってしまって外に飛び出してしまいましたし。人とどう接するなんてことより、自己に関する哲学世界でいっぱいいっぱいになっていたというか。

そう思うと実に奇怪で面白い時期だったな・・・というのが私の中学校の思い出です。多分一生忘れることはないでしょうね、こうして夢にも見るくらいなんで。

ちなみに私はこんな事は日本人くらいしかしないんじゃないかと思っていたら、うちの旦那も数年前に地元でクラス会もどきみたいなのに参加してましたから(嫌々行きましたが帰ってきたときは嬉しそうでした)、イタリアでもやってんですね。中学校や高校の同窓会。
[PR]
by dersuebeppi | 2009-02-27 18:30
New York Timesのフォトギャラリーより拝借・・・

a0087957_735127.jpg

これはアカデミー賞でスラムドッグの受賞を心待ちにしているムンバイのスラムの人々の集まり

a0087957_7353062.jpg

イスラエル北部に集まった渡り鳥、灰色鶴の集まり

a0087957_7355226.jpg

明日、最終日を迎えるリオのカーニバルの参加者の集まり

あんまり集まりって好きじゃないんですけど、上のような集まりはなんだか良いものです。
あ、でも灰色鶴の集まりの中には混じりたくないな・・・
[PR]
by dersuebeppi | 2009-02-25 07:40
a0087957_1965116.jpg


お金も無く、有名な俳優も起用せず、なのにオスカー8冠。
しかも映画に出ていたキャストが全員ステージに上がったんじゃないかと思われるほどの大人数。
映画の舞台になったムンバイでは、まさに映画のラストと同じく、スラムの人たちもみんなこの映画が賞を獲得する瞬間を期待してテレビにしがみついていたという有様。
本当にタイトル通り「ミリオネア」(お金よりも価値のある)な高揚感を世界の沢山の人に感じさせてくれる映画だと思います。

よかった。

一昨日もうちの息子連れてもう一度この映画を見に行ってしまった私ですが、今はどんな美味いモノよりも元気のモトとしては効果的みたいです。

それにしても、授賞式においても映画の中で威圧的なクイズ番組の司会者を務めていたアニル・カプールの存在感がでか過ぎ。この写真では、まるで彼が主演男優賞を獲得したような様子に見えます。

a0087957_198085.jpg


インドの俳優達って・・・なんだかみんな強烈な香辛料みたいで凄い。

a0087957_1983136.jpg


今回のアカデミー賞はまあ、ショーン・ペンにしてもケイト・ウィンスレットにしても、あと見て無いけど見てみたい日本の「おくりびと」もいろんなところで評価されてきてたものだから納得行きますが、助演女優賞のペネロペは・・・・

この映画見ましたけど、単に「普段のペネロペ」がそのまま表現されているだけに感じられて、演じている感じが全然しませんでした。
アーティストでアバンギャルドなスペイン女のステレオタイプ。

a0087957_19111447.jpg

そこが自然で良い、という捉え方もできるのでしょうが、私にとってはただただ見てて生々しくて、「私が男だったら、人生で最も避けたい女だな・・・」という実感ばかりを募らせられました。
あれでいいのか・・・よくわからん・・・・
まあいいや。

とにかくいろいろめでたいのは良いことです!
[PR]
by dersuebeppi | 2009-02-23 19:12
a0087957_3521925.jpg


インドのムンバイを舞台にした社会的な題材のくせにむちゃくちゃ大河娯楽な作品。

久々に「うおお~っ、見たあーっ!」というパンチの効いた充足感に満たされて映画館を出ると、そこが今までスクリーンで見ていたムンバイなんじゃないか?と錯覚させられるくらい、とにかくその映像とスピード感が醸す脳味噌へのイメージ浸透力効果は強烈。

どんなに世の中が不景気でも、お金が無くて世知辛くても、生きる楽しみも何も感じられなくなったとしても、この映画さえ見れば「あ、もう全然大丈夫だ」ってすっきりさっぱり開き直れる感じになると思います。
ほんっとにこんな鬱屈した時代にここまで鮮烈でエネルギッシュな映画を作ったダニー・ボイルは偉い!!

a0087957_352385.jpg


タイトルからお察しできる通り、インドのスラム育ち(とはいえ最初は美しく強いお母さんがいるのですが・・・)の2人の小さな兄弟が、「人間を野放しにするとこういう現象が起こります」みたいな、不条理で汚くて希望もへったくれもありゃしないようなインドの現実社会の中で、物凄い生命力を駆使して生き延びていき、まあいろいろあって2人ともとりあえず立派(一人は現実社会に浸透し尽くすことで、もう一人はたった一つの希望を胸に正しくあることで)な青年になり、最終的には主人公の弟のほうがテレビのクイズ番組に出演、勉強よりもはるかに価値のある自分の凄まじき経験に満ち満ちた過去のお陰でクイズには全問正解、疑惑を掛けられつつも、最終的にはその名の通り「ミリオネア」を手にするという筋なのですが・・・

ミリオネアっていったらそらもう、億万長者の額ですよ。
でも不思議なことに、この映画を見ていくうちに、そんなお金の価値はこの青年の人生や、彼の抱いてきた一つの希望に比べたら、なんだかちっとも価値の無いものに感じられてしまうのです。言いすぎかもしれませんが、お金の価値なんてハナクソみたいなものにしか思えなくなります。

a0087957_3534661.jpg


そして実際映画の中で彼がなぜこのクイズ番組に出ようと思ったかという詰問に答えるシーンがあるのですが、そこでじーーーんとさせられた私。

お金なんてなくてもどうにか生きていける。
だけどお金では買えないかけがえの無いもの、それがしっかりと映画の中では揺ぎ無い芯になっていて、物凄く説得力がありました。演出がわざとらしくないから尚更でしょうね。

こういう映画、子供も中学生以上は見ておいた方がいいかもしれませんね。
今の日本とはある意味、何兆光年もかけ離れてる場所と人々のお話みたいに感じられますが。
それにしても、どうしてこう、子供を甘やかさない国や環境の子供って染み入るほど可愛いのでしょうか。もう見ててたまらないものがありました。
子供の生命力って凄いなあ。逞しくてなんて美しいんでしょうか。
自分の大好きなボリウッドスターがそばに来ているのが分かっているのに、ぼっとんトイレにと込められた主人公がぼっとんトイレに飛び込んでそこから外へ這い出て、いつも胸に折りたたんで大事にしまってあったスターのブロマイドを片手にサインを求めに疾走するシーン、最高でした。うんちまみれでもこんなに可愛くて、純粋で。ああ。

a0087957_353172.jpg


仕事のノルマは達成してないけど、そんなちっぽけなことはもう気にならなくなりそうな私です(・・・今だけそう思うこと自分に許す)。
皆様も日本で公開されたら是非ご覧になってくださいね!!

これがアカデミー最優秀映画賞取ったらアカデミー賞もちょっとは信用することにします。
[PR]
by dersuebeppi | 2009-02-18 03:59
a0087957_6324974.jpg


長かった。
去年の暮れからずーーーーっとじとじととした雨が降り続け、ほんっとーに身も心もトーンダウンしまくっていましたが、それはポルトガル国民全員に共通していたことらしく、数日前に久々に晴れだしてからというもの、もう皆そわそわしまくりの様子。

わたしも類に漏れず。

仕事をしてても窓の外に抜けるような雲の影すらない真っ青な空が広がっているのが見えると、じっとしていられなくなります。
a0087957_6333186.jpg

で、海に行ってみたら、もうすっかり夏仕様の服装の人やら、ウォーキングやジョギングなどのスポーツに励む人やらでいっぱいでした。
a0087957_6342298.jpg

平日なんですけどね。どう見ても年齢的に働いていなければならなさそうな男性とかも、上半身裸でバールでビールを煽っていたりしてました。
a0087957_6364786.jpg

いかんせん、そこまで服を剥ぎ取るにはまだでしょ、っていう感じはしたんですけど、余程みなさん日光に飢えていたんでしょうね・・・
a0087957_6345926.jpg


あとうちの近所では老人達があふれ出してます。
視野の中に10の人がいたら、7くらいは老人です。
手をつないで歩く高齢カップルもかなり目に留まります。
近所の公園では黄色い花が一斉に咲きまくってました。

うちの猫もうるさいです。
ベランダでぎゃおぎゃお鳴きまくって下行く人を振り向かせています。

暖かくなった途端にこれだけ具体的に活性化するなんて、ポルトガルの動植物は全て太陽が無いとほんとにダメなんだなあと実感しました。
あ、わたしも含めて。
a0087957_637952.jpg

[PR]
by dersuebeppi | 2009-02-15 06:39
天気はすっかり回復し、絶好調な晴天日だったせいもあり、やるべきこと捗らず。
その気まずい状態から意識を背ける為に猫の写真を取り巻くって、今日も1日が終わろうとしています・・・

城達也のジェットストリーム、大好きでした、そういえば。

本日のゴルム。

a0087957_6303896.jpg


a0087957_631734.jpg


a0087957_6312697.jpg


a0087957_6315511.jpg


ゴルムのエサのためにも仕事を頑張らなくては!!
[PR]
by dersuebeppi | 2009-02-12 06:33
私の人生は「トムとジェリー」とともにありきです。
いづれ自分の子供と一緒に「トムとジェリーの笑いを分かち合いたい」って夢も今じゃすっかり当たり前の現実になってますが・・・

しかもわれわれが子供の頃にテレビで見ていたエピソードの大半が、今から半世紀以上、ヘタすると70年前ってのもあるわけですよ。その時代にこのギャグセンス、ほんとにすばらしい。

私はなぜかディズニーは全然ダメなのですが、トムとジェリーは染み入るくらい好きです。愛してます。トムとジェリーを見すぎたお陰で自分の異性への嗜好がかなりトムな部分がある、っていうお話はこのブログでもだいぶ前にしたと思うのですが・・・

特にこのエピソードは今の年になって見るとやたらと泣けます。



もう、トム~!!
尻でカラを割った直後の間とかも最高です。
ジェリーの入った缶を縛り上げた時の表情も最高です。
そして何と言ってもアヒルが可愛すぎる!!
自分で熱湯に飛び込もうとする直前に「ママ、でもぼく(私)、ママのことがずっと好きよ」って言うんだけど・・・トムの涙も当然だわ。
これやられたら、オスでも母性なんて湧きまくりますよ・・・
たまらんわあ~

(こうして見てみると、自分の漫画に少なからず影響を及ぼしているという気がします・・・)
[PR]
by dersuebeppi | 2009-02-10 00:50
安部公房の昔の短編かなんかで、貧しい青年が食べたいものを壁にチョークで描くと実体化する、みたいな切ない話があったと思うのですが(マッチ売りの少女の概念に近いですね)、昨今の私はまさにその登場人物の心境かもしれません。
風邪でダウンしたあたりからですかねえ・・・

食べたいものがあると描き込みに力が入ります。

まず、あんこたっぷりの鯛焼き。
熱々のところを木の皮(ってんですかね)に包んでいたら顔が潰れた感じ。
a0087957_17484381.jpg

それと旨煮。
a0087957_1744377.jpg


旨煮はなんとか頑張ればこちらでも作れないこともないですけどね・・・
でも鯛焼きは無理だな。

無理と思うものを食べたくなるこの気持ち、風邪の症状よりも苦しいもんですよ・・・
[PR]
by dersuebeppi | 2009-02-06 17:49
突然思い出したので書いておこうと思います。

私は子供の頃から虫が大好きです。
ゴキブリとかカラフルな芋虫とか無数にいっぱい沸くタイプの虫は生理的にダメですが、例えば甲虫類やトンボやなどのさっぱり独立系の虫(?)はそのステキなフォームからして大好きで、未だに捕まえに行きたくなるような衝動に見舞われることがあります。
ブラジルではりんごも掴める力を持った激臭い巨大カブトムシ(メス)を捕獲し、それを胸に着けて自慢気に歩いていたら、アメリカ人に絶叫されたこともありました。

そんな私の今から10年ほど前の出来事です。

日本で忙しく働きながら生活していたころ、私の虫ラブを熟知している母が突然うちに大きなダンボールを持ってきたことがありました。

「あんたの好きそうなものもらってきたわよ!」
なんだろうとワクワクしながら箱を開けてみると、細長い木の枝みたいなものがいっぱいダンボールの表面にくっついています。
「これ、ナナフシだって!あんた好きでしょ、こういうの。きっと飼いたいだろうな、と思って」

a0087957_3415462.jpg


バイオリンのお弟子さんで虫が大好きな方が当時おり、その方から私の為にわざわざ分けてもらったのだそうです。

私は当然喜びました。ナナフシを見たのはそれが実際初めてでもあったからです。

早速家にあったハイビスカスのプランターに8匹のナナフシを解放しました。ダンボールから出たナナフシたちは早速思い思いにハイビスカスの枝の擬態モードに入り、時にはその葉っぱを食べたりしながら、やっと落ち着いた様子です。

彼らと生活をしていくうちに、私はとにかく全く微動だにせず擬態を全うするナナフシの生真面目さに感動しました。
試しに息を吹きかけてみると、その風を感じたナナフシ達は一斉に「わたしは枝です!単なる枝なんです!ほんとです!」と訴えんばかりにゆらゆら揺れだします。ハイビスカスの枝は私の息なんかでは揺れませんから、ナナフシ達だけが不自然にゆらりゆらり風に吹かれてる演技をするわけです。敵が見たら8匹一斉にまとめ食いされるに違いない光景ですが、彼らはそんなこと全く気が付いていません。
「ほーら、虫なんかじゃない!風が吹けば揺れる一介の枝なんだから!」と敵から身を守る為に委ねられた本能で生きているその健気な姿。
私はナナフシのファンになりました。

ところがある日仕事を終えて家へ帰ってくる時、外から明りのついた我が家のロールカーテンに沢山の「キ」という字がくっついているではないですか。
そうです、それらはハイビスカスのプランターだけでは狭さを感じるようになって、家の中へ冒険に繰り出したナナフシ達のシルエットだったのです。
良く見ると天井にも2,3個「キ」が付いています。
ただ、そうやって無謀に家の中を散策されても、こっちは知らないで踏み潰してしまう可能性も出てきます。

ナナフシの悲劇が始まったのは、これは早く対策を練らねばと思っていた、そんな矢先でした。

ある方は案の定ロールカーテンに巻かれてお亡くなりになられました。
ある方はどういう経緯からか、台所にある分厚い料理本の間で押し花のようになってお亡くなりになられておられるのが翌年発見されました。
そしてある方は・・・台所の食器の水受けで溺死。たくさんの水を吸収されていつもの大きさの2倍くらいにおなりになられておりました。
脱皮に失敗して緑色の体液を流されてお亡くなりになれた方もおられます。

結局見つけられなかった方も合わせて、我が家に来たナナフシは人間の文明生活によって玉砕されてしまったのでした。嗚呼。

・・・・

虫の家の中での放し飼いってのは考え物ですね。

シカゴに住んでいる旦那は風呂場に巣くっているのクモを「ペット」と称して孤独感から意識を背けようととしながら暮らしていますが、くれぐれも間違ってロールカーテンに巻き込んだりしないように、くれぐれも注意をしておきました。彼は「大丈夫、きっちり面倒見てるし、食べ物には困ってないみたいだから」とは言ってますが、なかなか危険な感じです。

それにしても。
ナナフシ達の風に不自然に揺れる様子を思い出すと心が痛んでなりません・・・
[PR]
by dersuebeppi | 2009-02-04 03:48