「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

a0087957_18383713.jpg


ポルトガルもちょうど復活祭でどこもかしこもまったり連休モードだし、仕事するにも気合を入れにくい状況・・・
(でもって案の定連休前に送ったはずの原稿が一週間も郵便局で保留状態にあったことが判明!最終的には無事に到着したようですが・・・)

子供はずっと風邪で寝込んでたし、私もいろいろと鬱憤溜まってるし、ならいっそエネルギー補給って意味を込めて近場に小旅行でも行っか!!と、急遽行き先をスペインのセビリア近郊にあるローマ遺跡「イタリカ」と、ポルトガル南部の温泉保養地「モンシーク」へ決めて出発

a0087957_18392786.jpg


イタリカはもうずーーーーーっと行きたかったところなので最高に盛り上がりました。

ここはですね~
端折って説明しますと、古代ローマ時代の歴代皇帝の中に5賢帝と称される、まあその形容詞のとおりいろんな意味で「優れた」皇帝が5名ほどいるんですが、そのうちの2人がこの古代ローマの属州であったイタリカの出身者だったんですね。
属州の出身で初めて皇帝になったトライアヌス、そしてその後に皇帝になったハドリアヌス。そしてその次の次に皇帝になったマルクス・アウレリウス・アントニウスもローマ生まれではありますが、もともとこのイタリカ出身家系の血筋を引く人です。
ま、この辺はご興味ある方はこちらでご覧ください。

私は上に上げたこの3皇帝をご贔屓ひしているものですから(特にハドリアヌス)、ここを訪れるまではイペリア半島を離れるわけにはいくまいと思っていたわけです。

で、念願叶えたり!!
リスボンから田舎道を突っ切って約4時間。

a0087957_1840511.jpg

イタリカは想像していたよりずっと「都会」だった風情です。
以前住んでいたシリアやレバノンやヨルダンでも虱潰しに国内に点在するローマ遺跡を巡り、どこもかしこもその遺跡から推測できるかつての壮大さに驚いたものですが、ここイタリカも同様にその昔はローマの属州でありながらもかなりの街だった様子。
a0087957_18402385.jpg


そうかあ、ここでトライアヌスもハドリアヌスも生まれて幼年期を過したんだ・・・と思うと実に感慨深いものが湧き上がってきます。

つづく
[PR]
by dersuebeppi | 2008-03-28 18:43
うちの旦那も舅も息子も全員レゴが大好きです。
息子は13歳ですが、既に学校でレゴの喜びを共有できる友は居ないそうです。
しかし、大の大人の旦那や舅がレゴで未だに楽しく遊んでいる姿を見ている彼には「レゴあそびに年齢制限はない」という概念が定着しちゃってるみたいです。

そんなわけでいつまでもプレゼントにレゴを欲しがる息子に
「レゴ、いづれ卒業しないと、あんたもレゴのおっさんオタクの仲間入りだよ?」と言うと
大人でもレゴをたしなむ=オタクにはならないんだそうです。

なぜなら

「ほら、ママ、こんなのだって売ってるんだよ!?」
a0087957_344817.jpg

レゴサイトで見せられたのがこの商品なわけです。
a0087957_35338.jpg

対象年齢、50歳以上。

ところでそういう私も、かつて漫画家のお友達の松田さんと清田さんと三宅さんと息子のレゴで大エキサイトしたことがありました。

作ったのはZZ TOPと、そのコンサート会場です。
a0087957_352964.jpg

写真引っ張り出して見てみましたが、なかなかいい味出てると思いました。
a0087957_355058.jpg

a0087957_371680.jpg

a0087957_373357.jpg


こんなのを見ているうちに近々また何か作ってみてもいいかなあ~なんて思う私も実はレゴシンパなんでした・・・
[PR]
by dersuebeppi | 2008-03-09 03:17
a0087957_5485319.jpg

仕事がスケジュールよりもちょっと早めに片付いたんで、今日は旦那に頼んで家族でポルトガル南部のアレンテージョ地方へドライブ。
何度も何度も行ってるところなんですけど、本当に飽きを感じさせない美しさがこの地方にはありますね・・・
いやあ、もう最高だった!!

行った場所はモンサラーシュというアレンテージョワインの名産地。
状態良く保存されたお城も見事です。
何度来てもほんとにいいなあ。
a0087957_5492153.jpg

で、ここんところ溜まってたストレスも昼に食べたアレンテージョ黒豚肉のうまさですっかり浄化!

a0087957_5495740.jpg

こちらは黒豚の霜降り、「Secreto de porco preto(黒豚のヒミツ)」

a0087957_5502484.jpg

こちらは豚とハマグリを炒めた「Carne de porco a alentejana」
(このレシピは3月25日発売の講談社kissのエッセー漫画で紹介するざます)

a0087957_551036.jpg

こちらはテーブルに着いた時に自動的に置かれるチーズ、マメ、オリーブ。
食べなければ加算されませんが、こんなもの目の前に置かれたら手をつけないではいられないじゃないですか。
うまいんだなあ、これもまた・・・

a0087957_5521749.jpg

で、その後近くの湖でリラックスし(息子はミジンコ採集中)、咲き乱れるカモミールの香りに癒されて帰宅。
a0087957_5531227.jpg

空にはコウノトリが舞い、花咲き乱れる草原には穏やかな牛やら黒豚が放牧され、もうなんていうか・・・楽園?

すっかりいい気分で満たされたのに帰ってきたらまた姑&小姑のラブコール攻撃。
「どこ行ってたの? ずっと電話してたのよ!?」だそうです。
はあ~

なんていうか、こう、1日丸々完璧楽園気分で過ごすってのは無利なんざますねえ。
a0087957_554727.jpg

[PR]
by dersuebeppi | 2008-03-03 06:01