カテゴリ:未分類( 711 )

ポルトガルと日本の距離はやっぱり遠いです。
スケジュール的には帰ってきた昨日から仕事開始予定だったのですが、今はもう眠くてだるくて無理。
歯茎も腫れて痛いし(歯槽膿漏か)。
ネームをやってる最中に寝てしまうし。
無理。

日本での数日間があまりにも慌しかったので、その疲れが今一気に出てきていると思われます。
でもやるべきことは全てやれた様子なんで、それだけは良かった・・・
いろいろと本を買いたくて行きたかった書店には一件も行けてないし、スーパーも物色できなかったし、ほんっとに仕事の用事だけして帰ってきたわけですが、取材先が「お湯」だったのがせめてもの救いです。

12日に行われた三宅乱丈と朝倉世界一さんのおめでとうパーティーも、予定時間の午後8時から朝5時まで全うできました。
あの日は朝から夕方までみっちりテレビの取材、テルマエ50冊に風呂に浸かるルシウスの絵付きでサイン、その後にこのパーティーがございまして、引きこもり生活者としては最も人前に出る時間が長かった一日だったにもかかわらず、朝からほとんど自分がどんな様子なのかを鏡で確認できない状態で過ごしました。ホテルに帰って自分の顔を見たら凄いことになってました。でもそんな懸念もいろんな方達にお会いしているうちにどうでもよくなりましたけどね。

しかし、すごいなコミックビームの集いというのは・・・
副編集長のIさんが「アレは大洋上のいろんな浮遊物の寄席集まり、ないし吹き溜まりみたいなもん」と仰ってらっしゃいましたが、本当にそんな感じです。

イタリア留学時代、ルネッサンス絵画よりも虜にさせられ私の貧乏生活を精神面で支えてくれた丸尾末広さんが斜め後ろに座っていらしたので、無謀だと思いつつも「サ、サインを・・・」と最新本「芋虫」を手に擦り寄ると、黙って頷いて描いてくださった時にはほとんど泣いてました。一生の宝です。
a0087957_1434783.jpg

その後全身からコーヒーの香りが漂ってきそうな山川直人さんと上野顕太郎さん、そして松田洋子さんとそこだけ周りと流れる時間が違っているかのような深い漫画談義も楽しかったです。
おおひなたごうさんとも10年ぶりに再会できましたし。
しりあがり寿さんとも熱く握手を交わせたし。
憧れのとり・みきさんにもお会いできたし。
松田奈緒子さんやご主人の新保信長さんともお会いできたし。
タイム涼介さんかっこよかったし。

もっといろんな方達にもお会いしてますが、ざっと上げてみるだけでもこれだけの密度の濃い人たちの集まる会だったわけですね・・・すごいですね。
っていうか、コミック・ビーム、すごいなあ。良い雑誌だなあ・・・紹介してくれた三宅乱丈には本当に感謝してます。
普段日本から遠く離れて誰にも会わない私にとっては数年分まとめて凄い人たちに会えたという、そんな祝賀カラオケパーティーでした。

ただし自分がそこで歌った「ランバダ」と「いなかっぺ大将」の記憶だけはさっさと脳から薄れてなくなることを切願せずにおれません。あーあ。
[PR]
by dersuebeppi | 2010-02-17 01:46
a0087957_16551399.jpg


終わらせねばならぬ原稿を全てやり遂げ、猫のべレンちゃんを友人宅に預け(異変を悟った彼女から思い切り手のひらを引っ掛かれました・・・ごめんよう)、留守中息子がお世話になる近所のご家庭にご挨拶に行き、あと3時間で出発せねばいけないというのにまだ荷物もできてません。
でも今回はほんっとに自由時間ナシと言ってよい短期滞在なんで、正直このまま着たきりでも出かけてもいような気がします・・・

日本でやらねばならぬ事はまず漫画の為の取材。
それと先日文化庁メディア文化祭漫画部門で作品が優秀賞を受賞された親友三宅乱丈さんのお祝い会。
彼女とはお互いがまだはっきり漫画家になる前からの友達なんで、こういう展開になるとやっぱり実際会っておめでとうを伝えたくなります。
あとまあ、いろいろ・・・
ちなみに諸々の取材のひとつはテレビです。
なんと「テルマエ・ロマエ」のインタビューだそうです。
これは2月20日放映の「王様のブランチ」という番組の本紹介コーナーのようなところで出るみたいです。
詳細がはっきりしましたらまたお伝えします。

そんなわけで、慌しく日々は過ぎ去る中、せっかく日本へ行ってもゆっくり風呂に浸かる時間は無さそうですが、なんとかやりくりしていこうと思います。

あーあ。寛ぎたい・・・
[PR]
by dersuebeppi | 2010-02-05 16:56
年が明けてから半月も経ってしまいました。

コメントくださった皆様、お返事できなくて申し訳ありません!
いろいろ立て込んでまして、近所に買い物すら行けなくて、家にある賞味期限切れの乾麺(この間は2008年12月ってやつをトライ)などを茹でたりしてる毎日です(昨日はさすがに歩いて5分のスーパーに買い物にいきましたが)。

取り急ぎ、テルマエ・ロマエの3版目が18日あたりから流通するらしいです。
と、O村編集長が仰っておられました。
わたしもリスボンに送ってもらった分は、イタリアやらアメリカへ送ったり子供の学校の先生にあげてしまったりで一冊しか残ってないので、早く補填したいと思っておりましたので安心です。
ご注文などしてくださった方々、来週までもうちょっとお待ちください・・・

じゃ仕事します。
[PR]
by dersuebeppi | 2010-01-16 19:46
a0087957_1736378.jpg


みなさま今年もどうぞよろしくお願いいたします。
寅年だそうで、私の仕事机上でさりげなく演出されていたトラっぽい有様を写真に写してみました。

でも2000年ってこの間なったばっかりっていう気がするんですけど、10年ってこんな具合に過ぎていくもんなんですかね?2000年に生まれた子供達はもう10歳ってことですよね。
自分は全く変わりなく過ごしている気がしているけど、実際は明らかに老齢化してるってことですよね。
実感ないですね、全く。
ほんとに年取ってんのかしら、あたし。
と思っているのは自分だけなんですよね。虚しいですね。

ところで今回の年末は凄まじかったです。
毎年どんなに忙しくても年賀状代わりのクリスマスカードを送っていた私ですが、今回だけはそれすら全うできず。
仕事は確かに忙しいんですけど、それはいいんですよ。仕事好きだから全く問題なし。

主な出来事を箇条書きにしますと:

*シカゴから旦那が来る
*イタリアから旦那の妹が来る

箇条書きにするほどのことでもないですね。
しかし、このたった二つの要素だけでハッキリ言って映画の2012年のような状況が我が家で繰り広げられるのです。

旦那はともかく、その妹さんっすね。

いやあ~
ここでは詳細書きませんけど、なんていうか年々凄くなっていくなあ、彼女の態度は。
見た目は細くて繊細で色白で可憐な乙女なんですけど。ほんとに美人さんなんでもったいないんですけどね。

今回一番凄かったのは、私が彼女が煮ていたブロッコリ2株のゆで汁を捨てたところ、激怒されたことでしょうか。
「ちょっ、飲もうと思ってたのに、何で捨てるのよ!」
憤怒が絶頂に達したあおりでザルを放りつけられました。
びっくりしました。
ゆで汁、飲むんだったのか!!っていうか、うまいのか、ゆで汁!?


以前おしゅうとめさまがいらしたときもそうなのですが、要するに私達の暮らし方がどんどん彼女達の思うところのイタリア式でなくなっていることにムカつくみたいですね。(ゆで汁はイタリア式と関係ないですけど)

家族で厳かに仲睦まじく過ごすクリスマスを想像していたのに私は仕事ばっかだし、メシもたいしたもんでないし。(でも私なりにいろいろ作ったんですけどね。トリの丸焼きやらリゾットやら、イタリアっぽいものいっぱい)
「こんな絶望的なクリスマスなんてはじめてよ」と失意に涙をこぼされた妹さん。
はあ~ そっすか。すんませんね。
気の毒だけど、仕方ありません。

で、そんなドタバタが繰り広げられている最中にうちの猫のべレンちゃんの様子が急にへんになりました。
食べたものを全部吐いてしまうのです。でもクリスマス期間なので獣医さんを探すのは容易ではありません。やっと見つけた救急病院へ行くとまだ学校卒業したてみたいな眠そうなお嬢さんが出てきて(朝の5時だったので)、べレンを診察するなり「ヒモを飲み込んだようですね。場合によっては手術が必要です」といいながら、ヒモを飲み込んだ猫の萎縮した腸の様子を紙に描いて説明してくれます。
まるでこの間学校の授業で習得してきたことをおさらいしているようなその様子に私も夫も不安になります。
「あの、それ、本当なんでしょうか」
「レントゲンでみたら、なんとなくそんな形にみえます」
(なんとなく・・・ってなんだよ・・・)
「とりあえず今日の夜にもっとベテランのお医者さんがきますから、死ななかったらまたその頃来てください」

診察料120ユーロ(約1万5千円)。

もう二度とポルトガルでは獣医に関わりたくないと思いました。
だってヒモを飲んだかもしれないべレンはその後オナラを連発し(ガスがたまっていたらしい)、翌日小姑がイタリアへ帰ったとたんに猫缶をいっぺんに丸々2個食べるほどあっという間に元通りになったのですから

ま、そんな感じの年末でした。


今朝、旦那もシカゴに帰ったのでやっとこれでイタリア式「家族が優先順位でしょ!」圧力から離れて仕事をすることができそうです。
机の上にこの炭製マイナスイオン熊を置いて頑張ろうと思います。
a0087957_17391126.jpg



今年は6月末のシカゴへの引越しも控えているので、いろいろとテンコ盛りな一年になりそうです・・・
[PR]
by dersuebeppi | 2010-01-01 17:44

古代ローマ式レストラン

a0087957_4315682.jpg


ってのがあったらいいよなあ~と、しみじみ思う今日この頃です。
ローマ時代の飯ってのはまあ、スパイスとかソースとか今ほど充実した味付けがなされていたわけじゃないんで、うまいもんじゃなかったとは思うのですが、とりあえず魚醤はありました。

安いのは鰯系の魚の内臓でつくったもの。
高級なのはウツボなどの高級魚の内臓でつくったもの。
どっちにしても、なんていうか、まあ、はは・・・ためしに一度は食べてみたいかな☆

いや、しかしこの間日本から届いた「うまい輪」(うまい棒のリング状になている)というスナックを一気に食べてしまった後、その後何を食べてもおいしく感じられない、あの恐怖の人為的旨味成分はしみじみやばいなと思いました。
家の猫がとある銘柄の猫缶しか食べられなくなった、あれと同じことですよね・・・
そんな「うまい輪」にマヒさせられた舌でローマのメシなんて、絶対にダメな気がします。

でもあったらいいのにな・・・
トーガを着てトリクリニウムという食事をする場所でベットに横になって奴隷にメシ運ばせて。
やってみたいなそんなこと。
と、シカゴから年末を過ごしにやってきた旦那も申しております。

そういえば今思い出しましたが明日はイタリアから小姑もやってきます。
私はといえば仕事がどっさりなんですけどね・・・(テルマエ・ロマエが数ヵ月後から連載になるみたいです・・・でもって開始号には素敵なオマケが付いてくるみたいです)

年末、なんだかいつもこんな感じです。
ついつい「うまい輪」も一気喰いしてしまうわけです。

胸焼けして気持ち悪いです。
[PR]
by dersuebeppi | 2009-12-24 04:38
a0087957_164988.jpg


「テルマエ・ロマエ」、まさかこんなに皆さんが買ってくださるとは思っていませんでした。
という話を昨日もO村編集長としておりまして、本当にびっくりです。
(本当は帯の文句はこれでいくはずだったのでした・・・)

私的にはあの漫画は小中学校時代に友達を笑わす為にへんなイラストや漫画を描いていた、そのノリをまんま引っ張ってしまった感じだったので、本にしていただいたというだけで「・・・こんな内輪でしか笑えなさそうな漫画、本にしてもいいのだろうか」という変な後ろめたさのようなものがあったのですが・・・
あれを面白いと言ってくださる方が沢山いてくださって、なんかもう、驚きです。嬉しいです!ありがとうござます!

というわけで、重版掛かりましたので、「どれどれ」と思っていらっしゃる方はもうちょっとだけお待ち下さい・・・
裸のルシウスのポップも急遽昨日仕上げましたので、それ付きで今度は本屋さんに置いていただけるんだと思います。
(ちなみにネット在庫コムにはまだ在庫のあるネット本屋さんが出ておりました)

それと、私知らなかったんですけど、この本が刊行された11月26日って「いい風呂の日」だったんですね!?
全然知らなくて、O村編集長も知ってんだか知らないんだか、でも他の作家さんの本も一緒に刊行されていますから別に関係なかったかもしれないですね。どっちにしても、良い日に刊行できました。
次の2月6日はこれどうなんでしょうか、これは風呂と関係ないのかな・・・

昨日はSkypeで日本の漫画家友人松田洋子さん(いい風呂の日のことを教えてくださった)と三宅乱丈さんからも連絡を貰い、「テルマエ」の刊行を祝福してもらいました。テルマエの第一話、まだ草稿だった段階で私は三宅さんに見せて二人で「バカな漫画だあ~!」と笑ってたものですが、まさかそれが続き物になるとは彼女も思ってなかったと思います。

まだまだお話は続きます。
「風呂でどれだけ続かせるんだよ!?」と思っていらっしゃる方も少なくないと思いますが、続くのです・・・不思議なことですが、風呂が無い暮らしをすると風呂へのファンタジーがどんどん広がるのです。
きっとうちに湯船があったら一巻で終わってました。


全然関係ありませんが、イタリアの警察が使っていた一台2500万のランボルギーニ社のパトカー
a0087957_16495676.jpg

一昨日こんなことになったそうです。
a0087957_16501561.jpg

イタリアらしいです。
[PR]
by dersuebeppi | 2009-12-01 16:53
a0087957_17471981.jpg


リスボンの私の手元にも届きました。
この漫画がまさか一冊の本になるだなんて・・・
しかもまだまだ続くだなんて・・・
でもってこんなに素敵な装丁にしてくださったなんて・・・
嬉しいです。

ファンシーな帯を取ったら一瞬真面目な古代ローマ関係書籍に見えなくもありません。
桶と手拭に目がいかなければ。
そっと塩野七生さんの書籍の辺りにでも置いて下さる勇気ある書店さんはないかしら☆

それにしても、この漫画、発端は「赤い牙」という同人誌だったのですね。
a0087957_17521845.jpg

ここで変な漫画を描かせていただきまして、例えばこの「Victoria」ってのはコロシアムで熱く繰り広げられる玉入れ競技のお話です。
a0087957_17525425.jpg

この「6号」ってのが出たのはもうおそらく4年くらい前のことだったと思いますが・・・(もっと前だったかな・・・)
で、「次回は古代ローマ人がローマで日本みたいな銭湯で寛いでる話し描きたいな」って思ってて、それがちょっと変化球でワープ物になり、コミックビームに掲載される運びになって・・・というプロセスがあったわけです。
ありがとう、赤い牙。

古代ローマっていういと、どうしても血とセックスみたいなモラルの存在しない強烈なイメージが先行しがちですけど、実際はもっと緩い部分だってあったはずなわけで・・・私はそんなローマを再現したいですね。血とか人殺しとかキモが縮んでダメなんで。

というわけで、次回のテルマエのネームただいま製作中です。

a0087957_17531258.jpg

[PR]
by dersuebeppi | 2009-11-26 17:54

ゴルム2話目

a0087957_1718732.jpg

「アラビア猫のゴルム」、2話目が本日更新されとります。
どうぞご覧下さい。
(3話まで無料って書いてあるんですけど・・・その後は有料になるってことなんですかね?)
[PR]
by dersuebeppi | 2009-11-25 17:18

南京豆売り

ただいま発売中の漫画誌「Office you」に連載中の私の漫画「世界の果てでも漫画描き」、今回からおそらく4,5回に渡ってキューバ編をお送りします。
1994年、キューバが劇的に貧しかった時代で、当時イタリアで画学生をしていた私はなにやら色んな所から托された救援物資などをごっそり担いでこの土地へ赴いたのですが、その時のエピソードです。

a0087957_17531510.jpg


前回の漫画でも触れたのですが、私は何故か子供の頃から大変キューバに憧れておりました。(この嗜好を分かち合えるお友達が一人も居なかったことが残念ですが☆)
小学校の時、学芸会で「南京豆売り」という音楽を器楽演奏する機会があり、私が担当したのはマラカス。
以来脳内にキューバン・イメージアイドル「南京豆売り」というのが発生、そんな私の空想の産物もある程度大人になるとカストロやゲバラと言った現実的ヒゲ男アイコンに取って変わられますが、未だにこの音楽を聴くと胸がドキドキします。

ま、実際の南京豆売りってのは、こういう人で、脳内イメージとは程遠いです。
a0087957_18115668.jpg


まだこの昔のスタイルの方が私のイメージに近いかな・・・
a0087957_18121553.jpg


キューバも私が訪れたあの頃から大分様変わりしたんだろうなあ・・・
ホームステイしていた家の青年は皆イカダでアメリカやメキシコに亡命したみたいですし、女の子達はヨーロッパからの男性観光客と仲良しになってやっぱり国から出てってしまったみたいですし。
革命を体験したというあの家の主の爺さんも生きてるんだかどうなんだか・・・

画期的変化にショックはあるでしょうけど、是非また行きたいです。キューバ。
[PR]
by dersuebeppi | 2009-11-24 18:13

原稿取りに来ず

映画「キャスト・アウェイ」に出てくる例の運送会社にいつも原稿を運んでもらってます。
今回、既に前倒しで先週末に上がった原稿があったので、電話を掛けて取りに来てもらおうと思ったら、何だかトラブル発生中で電話が繋がらず。その後繋がったら配送担当の方で問題が発生してその日の受け取りはもうムリ、なので明日の午後にしてくれと言われて今日の午後は一歩も家から出ずにその受け取り人を待ち続けました。
しかし、待てど暮らせど誰も来ず。
会社が閉まるであろう直前の時間になって問い合わせたら
「あ、すみません。明日の朝うかがいます」

ええええ~っ!?!?
金曜に届きますと担当者様にお伝えしておいたのに・・・ムリかもしれないじゃないか・・・

郵便輸送もいろいろと過去にtトラブルがあったので、プライベートの配送会社なら問題ないだろうと心から信じていたのに、なんだかすっかり落胆してしまいました。

ショートやエッセー漫画は全てデータで送っているのですが、ページ数の多い漫画もこれから真剣にそうしたほうが良いかもしれないと痛感。
アシをやってくれている近所の友人にはフォトショップの使い方覚えてもらうしかないですね。

海外に暮らしていても漫画は出来る事は確かですが、便利国日本に比べてリスクはやはり大きいのが事実です。

ああ、このムカつきどうしてくれよう・・・

机の上ではべレンちゃんがぽっこりお腹を膨らませて寝ています。
a0087957_462345.jpg

食べてばっかりいるのでお通じ一日4回くらいです。

そしてなべレンを見つめながらクルーズで地中海を巡った人からお土産に貰ったジブラルタルのお菓子を食べてみました。
a0087957_471883.jpg

喉の粘膜が痙攣を起こすのではないかと思われるほど拷問的に甘い菓子でした。

明日は良い一日でありますように!!!
とりあえず講談社のKさん、すみません・・・そんなわけで原稿もしかしたら来週になるかもしれんです・・・
[PR]
by dersuebeppi | 2009-11-18 04:09

漫画家ヤマザキマリのブログ。連絡先等はプロフィール欄をご覧下さい


by Thermari
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31