カテゴリ:未分類( 577 )

佐賀の風景

先月訪れた佐賀県にて

伊万里
a0087957_10362164.jpg
a0087957_10364182.jpg


塀に咲いていた(?)不思議植物
a0087957_103730100.jpg


お店のお婆さんとお婆さんにだけ懐いている素晴らしい猫
a0087957_1033449.jpg

a0087957_1034144.jpg

a0087957_1041731.jpg

a0087957_10375480.jpg


ラムサール条約に登録されている有明の干潟
a0087957_10344582.jpg


そこに生息する「むつごろう」の干物
a0087957_10384634.jpg

[PR]
by dersuebeppi | 2017-05-04 10:41
a0087957_7212793.jpg


世界睡眠会議 
ヤマザキマリさんインタビュー
「私たちはホリゾンタルクリーチャー」


ヤマザキさんは、普段はイタリアに在住し、日本にもしょっちゅう帰国。そんなヤマザキさんに、漫画家の睡眠、古代ローマ時代の睡眠事情、イタリアと日本の睡眠事情の違い、などなどをたくさん聞いてきました。そしてもちろん、「ヤマザキマリと睡眠」についても。

全4回
[PR]
by dersuebeppi | 2017-05-03 07:26
「フラリと海外旅行に行きたい」=回答者・ヤマザキマリ

毎日新聞人生相談

自分もテレビ番組で取り上げられていた鉱山鉄道に乗りたくてチベットへ向かったら高山病で倒れたことがありますから、人ごとではないのですけどもね……
a0087957_6185027.jpg

[PR]
by dersuebeppi | 2017-05-03 06:19
更新されました:
ヤマザキマリの地球のどこかでハッスル日記
第122回  >「コンサート中の八代亜紀さんと握手をしたら……」


a0087957_622881.jpg


本当になんていうか、そそっかしさにも程があるのだった。
[PR]
by dersuebeppi | 2017-05-03 06:06

BVLGARIを創った男

a0087957_093394.jpg


イタリアのジュエリーブランドBVLGARIの創設者ソティリオ・ブルガリを描いた私のマンガが今月発売のVogue Japanの本誌とHPにおいて今回を含めてこれから4回掲載される予定です。
こちらからご覧下さい。

a0087957_094812.jpg

ブルガリ・アウローラ・アワードでのわたくしと阿部寛さんの記者会見の様子はこちらから。
[PR]
by dersuebeppi | 2017-04-28 00:10

a0087957_8371793.jpg


お忙しい中お越し下さった皆様、本当にありがとうございました。
メンバーの皆様も毎度素晴らしい演奏を本当にありがとうございました。

a0087957_8373592.jpg


手段は違うけれど、自分が大好きで止まない様々な曲を自分なりの思いを込めて伝えたいという動機は、古代ローマやルネッサンスの世界観や自分が見て来たもの、経験してきたおもしろいことを漫画というかたちで表現したくなるのと、まったく同じなんだと今回も痛感。
というわけで楽しめて頂けたのなら、本望です。

また次回お会いできるのを楽しみにしております!!

a0087957_8353549.jpg

[PR]
by dersuebeppi | 2017-04-27 08:38
a0087957_854370.jpg


『花に染む』はここ数年、漫画を殆ど読まなくなってしまった私にとって唯一新刊が待ち遠しかった作品でした。
くらもち先生の作品は、後年のもになればなるほど創作のスタイルや斬新さがどんどん研ぎ澄まされ、どのページも哲学書をめくっている時のような深い考察を促されるのですが、読書の間中わたしはずっと「この方の頭の中はいったいどういうことになっているんだろう....」という思いに駆られてしまいます。

『花に染む』はその前身といえる作品『駅から5分』からして、ただごとではない雰囲気を醸し出していましたが、くらもち作品は初期のものから既に、時空構造や人間の描写においても既に際立った独自性と唯一無二の世界観を持っていたのは確かです。

先日刊行されたばかりの文藝別冊「くらもちふさこ」に、私もファンのひとりとしてイラストを寄港しております。

a0087957_8544249.jpg

a0087957_8545469.jpg


自分の作風からはそう見られることはほぼ無いと思いますが、くらもち先生は実は私がとても強烈な影響を受けた作家さんのひとりでもあります。なので、今回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞されたことで、この『花に染む』という作品そのものと、常に妥協が無く、そして決して誰にも真似のできない作品を生み出す大ベテランであるくらもちふさこという作家の姿勢が脚光を浴びるのは、とてもとても嬉しいことなのでありました。
くらもち先生おめでとうございます。


朝日新聞記事
[PR]
by dersuebeppi | 2017-04-25 09:01
もりもと×丸駒温泉 present

a0087957_17263987.jpg


「とりマリの秘湯でほっこり&ライブツアー」
とりマリ(ヤマザキマリ&とり・みき)と一緒に大自然に囲まれた支笏湖の秘湯・丸駒温泉(なんと日本屈指の足下湧出泉、しかも露天風呂は湖と繋がっています!!)に泊まろう!

a0087957_17282478.jpg


夜は宴会場にて「とりマリ&エゴサーチャーズ」によるライブと懇親会有り。

【日程】2017年6月24日(土)〜6月25日(日)
【場所】支笏湖・丸駒温泉旅館(北海道千歳市)
【参加費】
1名1室    ¥20,000
2名1室    ¥17,000
3名~5名1室 ¥15,000 
※税込 ※いずれもお一人様1泊2食・夕食時飲み放題付き
※30名限定 ※新千歳空港からの送迎バス有り(予約制・14時出発)
※料金にはお住まいの場所から千歳までの移動は含まれておりません。それぞれご負担下さい。

【特典】
①サイン入り雪鶴(5個入り)
②イベント限定とりマリ描き下ろし和手拭い

【とりマリ&エゴサーチャーズ】
ヤマザキマリ(Vo)
とり・みき(Gt)
葛岡みち(Key)
伊藤健太(Ba)
松井泉(Per)

* 詳しいお問い合わせはこちら(丸駒温泉HP)
またはこちら(予約サイト)へ!

a0087957_17333657.jpg


/////////////////////////
タイムスケジュール
6月24日
14:00 新千歳空港出発
※バス乗車ナンバー30番付近にて丸駒温泉のバスが待機しております。
15:00 丸駒温泉旅館到着
~~自由時間~~
19:00 夕食懇親会(ライブ)スタート
6月25日
10:00 丸駒温泉旅館出発
10:15 支笏湖温泉街到着
~~支笏湖散策(自由行動)~~
11:00 支笏湖温泉街出発
11:40 新千歳空港到着
[PR]
by dersuebeppi | 2017-04-24 17:34

スナック菓子万歳

更新されました:

ヤマザキマリの「世界を食べる」 
スナック菓子バンザイ!

a0087957_823944.jpg


スナック菓子が無い人生なんて....
[PR]
by dersuebeppi | 2017-04-22 08:26
本日の人生相談は「夫が寝室に行ってくれない」

毎日新聞人生相談

a0087957_8211630.jpg


そういえば以前青森から函館へ渡るフェリーの中で知り合った、米子−築地経由で札幌へ大間のマグロを輸送している最中のトラックの運転手さんが2日間殆ど寝てないと言ってて気になってしまい、余計なお世話で下船してかも札幌までそのトラックの後を付いて走行したのを思い出しました(ついでにパーキングエリアで積み荷も見せてもらって感動した)。
[PR]
by dersuebeppi | 2017-04-19 08:21

漫画家ヤマザキマリのブログ。HP) http://yamazakimari.com


by dersuebeppi