2016年 05月 18日 ( 1 )

a0087957_0563698.jpg

タイトルは " Palmyre au musée 〜美術館のパルミラ〜"
只今発売中の集英社グランド・ジャンプで掲載中です。

この漫画は今年7月22日より六本木・森アーツセンターギャラリーにて開催される
ルーヴル美術館特別展 「ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~」の展示用に描き下ろした作品です。


a0087957_143272.jpg


この展覧会はルーブル美術館が2003年より行っている「ルーヴル美術館BD(バンドデシネ)プロジェクト」の一環として開かれるもの。フランスには古くから「バンドデシネ (BD)」と称される漫画文化があり、漫画自体が「第9の芸術」と呼ばれているそうです。

プロジェクトのコンセプトは、ルーブルを題材に漫画家に好きなように作品を描いてもらう、という事で、私はルーブルにパルミラの発掘品があったことを思い出してそれをテーマにしました(といっても9割舞台はパルミラですが)

HPに私が寄せたコメント:
「私がかつて暮らしたシリアには、パルミラという古代遺跡があります。 かつてシルクロードと欧州をつなぐ交易都市として発達したこの街には、数々の貴重な遺跡が 残されていました。つい最近まで。 私はこの古代都市遺跡が大好きで、シリア滞在中には何度も足を運びましたが、今となっては 地球で一番遠い場所になってしまいました。ルーヴルの古代ギリシャ・ローマセクションの中には、 このパルミラからの素晴らしい出土品がいくつか展示されています。 今回の企画では、そのパルミラの出土品と戻れぬ国への思いというものを、ここで育った人物 の目を通じて表現してみようと思いました。 未来への平和を願いつつ」


a0087957_0583023.jpg

a0087957_103927.jpg


a0087957_16523248.jpg

(この作品は2015年ISによって殺害されたパルミラの考古学者ハレル・アサド氏に捧げております)
   Khaled al-Asaad
                     
 
ルーヴル美術館特別展 「ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~」

会期: 2016年7月22日(金)−9月25日(日) ※会期中無休
開館時間: 10:00−20:00(最終入場19:30)
会場:森アーツセンターギャラリー
〒106-6150 東京都港区六本木6-10-1(六本木ヒルズ森タワー52階)
(2017年春まで大阪、福岡、名古屋を巡回)


参加作家:
ニコラ・ド・クレシー
マルク=アントワーヌ・マチュー
エリック・リベルジュ
ベルナール・イスレール
荒木飛呂彦
クリスティアン・デュリユー
ダヴィド・プリュドム
エンキ・ビラル
エティエンヌ・ダヴォドー
フィリップ・デュピュイ
谷口ジロー
松本大洋
五十嵐大介
坂本眞一
寺田克也
ヤマザキマリ


ルーヴル美術館特別展 「ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~」HP
[PR]
by dersuebeppi | 2016-05-18 01:08

漫画家ヤマザキマリのブログ。連絡先等はプロフィール欄をご覧下さい


by Thermari