近況


a0087957_451963.jpg


旦那がシカゴに出かけて今日で4日目、明日の朝にはもう帰ってきます。
早いな・・・

朝から晩まで家で常に彼とは一緒なもんですから、たまの留守の期間だけ、メシの支度も怠惰にできるし好きな時間に好きなこと詮索されずにできるし!なんて張り切ってたんですけど、結局仕事ばっかりやってしまって何も特別なことなんか出来ませんでした。
そんなもんか・・・

仕事は幸いご近所に住むOさんとAさんにアシスタント助っ人してもらったお陰で、予定より数日早く作業完了!!
あと残りのエッセイ漫画さえ終えられれば、来週の発送までにはゆとりで間に合いそうです。
素晴らしい。

・・・・ところで・・・・

旦那の留守中、毎日のようにイタリアのお姑さんから電話が来ます。

「息子から連絡きた!? 何て言ってた!? シカゴ大学以外の他の大学からの返事は!?」

迷惑だ・・・
毎日毎日こっちが仕事で我武者羅になってる最中に留守詮索&息子の情報を聞くための執拗な彼女の電話攻撃、ちょっと耐えられません。

この期間と限らず、とにかく姑は毎日電話を掛けてくるわけです。
なんで毎日電話をしなけりゃいけないんだろうか!?
365日、毎日。
しかも時によっては1日2回、3回なんてのもあり。
すごいなあ。
一生続くんだろうか・・・

でも旦那にそれを言うと
「いくらなんでも毎日じゃないよう、2,3日に一回とかだよ」
感覚が麻痺してカウント機能が狂ってるらしい。

私の好きなハビエル・バルデムもアカデミー賞の授賞式にはママと出席して、ママも息子から感激のコメントをしてもらって涙を溢れさせ、「もうこれ以上のママとしての喜びは無いわ!」ってな具合の感無量オーラを放ってましたけどね。
誇らしい我が息子の顔をいとおしげに触れてみたり。
何をおいてもまずハビエル自身も、ママを授賞式に連れてくるのがすごいなあ~と思いました。

ラテンの男はうちの旦那みたいにその様子が薄かれハビエルのように濃かれ、ママとの間に結ばれている結束の糸は直径1メートルの手綱並にぶっといんだなあ、と実感させられました。

ラテンのママって本当になんなのかしら・・・・
[PR]
by dersuebeppi | 2008-02-28 04:10

漫画家ヤマザキマリのブログ。連絡先等はプロフィール欄をご覧下さい


by Thermari
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31