ポルトガルを行くさとなお氏

メールボックスになにやら緊急気味な空気を放つメール発見。
しかも差出人「さとなお」。
先日リスボンで半日観光をご一緒させていただいたご家族のご主人だ。
(詳しくはこちらがご本人のHPです:さとなお

あら?もうポルトガルのどこぞでPC接続できちゃったの?さっすが・・・と思って読んでみると、

「い、頂いた電話番号がつながらんのですが!」

え?

その文の下に私がメールで送った電話番号が貼り付けられています。

「ここに掛けてもつながらんのです!」

こ、これ・・・・ち、ちがうじゃないか。
思いっきり番号間違ってる。
だれだ、こんな偽電話番号を書いたやつは!

あたしだ。

あたし、自分家に電話かけないんで、よく知らないんですよ、自分家の番号。
・・・なんて弁解になりません。
なんせお別れ前に「何かあったら必ず電話してくださいよ、どんな些細なことでもいいから電話ね!!絶対ですよっ!!」とお節介ババアのように口をとんがらせて叫んでいたにもかかわらず、何たる失態であろうか!!
あせってさとなおさんの携帯に電話をすると

「ち、ちょっと待って!いまもうちょっとしたら掛けなおして!」
と、なにやら大変お焦りの様子。

何があったんだろう・・・

「え!?車ぶつかったって!?」と縁起でもない憶測を堂々と口に出しながら旦那が駆け寄ってくる。

「いや、なんかそんな雰囲気ではないけど、なんかこう、でも何かが起こってるような声色だった」
「は、早くもう一回かけてごらんよ!どうしたんだろう!?」

もう一度掛けなおしてみると、さきほどより幾分落ち着いたさとなおさんの声が受話器の向こうに聞こえた。その途端、必要もないのに大声で「大丈夫ですカーっ!!??」と叫ぶ私。「ごめんなさいーっ、あたしーっ、大バカものでしたーっ!!!」とのたまう私。傍らから「あんた声でかいよ、ちょっと怖いよ」とささやきかける旦那。

「いや、あの、実は妻がおなか痛くなっちゃって・・・ははは」

「ええーっ!?」

ははは? 笑ってるゆとりがあるように一瞬聞こえるが、実際はかなり引きつってる可能性もある。手に汗が滲み出す。

「いや、今とりあえずレストランのトイレに・・・」

ここからじゃすぐに駆けつけられる距離じゃないしな・・・でももっと深刻な事態になったらすぐに行ってあげねばと心の準備を決める旦那と私。

お腹か・・・

でもね、そういえば優子夫人ったら、リスボンでの半日観光の時も最初に訪れた市場のチーズ売り場で「ああっ。あたしこれ!あたしこれ味見する!」と、私でさえ買ったことのないフレッシュ系のチーズを指差して興奮なさってたんですよね。差した人差し指の先っぽにはガラスのショーケースに食い込まんばかりの力が込められてました。

で、それを注文していると、隣のおばさんが注文していた辛そうなサラミにいち早く視線が釘付けになり「あっ、あれもおいしそう、あれも味見したいな!」ということで、私も盛り上がってチーズと一緒にそのサラミも購入。
で、近所の公園でカードゲームで盛り上がるおっさんたちを眺めながらもりもり試食会をしたんでございますが、

「おれさ、フレッシュチーズをそうやって食べる人見たこと無い」と、フレッシュチーズを鷲掴みで頬張る妻に向かってさとなおさん一言。
わたしも「ああ、ほんっとーにチーズがすきなのね、きっと優子夫人の血はチーズで出来ているんだわ」と思って惚れ惚れその食べっぷりを見つめていたのですが・・・

ま、まさか腹痛を催されてしまったなんて!!
っていうか、どこへ行ってももしかしてあんな調子で試食会しまくりだったりしたんじゃ!!

ああ、どうぞ回復してくださいますように。
で、次に受け取る電話は「なんだかすっきりしたみたいです!」でありますように・・・
[PR]
by dersuebeppi | 2007-03-26 20:33

漫画家ヤマザキマリのブログ。連絡先等はプロフィール欄をご覧下さい


by Thermari
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30