泣きっ面に・・・

風邪ひきました。
正確には、年末にイタリアで小姑が「ぐあいわるい~」といいながら、人前でふらふらしていた時に間違いなく感染し、そのままポルトガルまで運んできていながら温存し続けていた、その菌が爆裂しました。
まあ仕方ないですね。
予断ですが、くだんの小姑は現在水疱瘡にかかっているにもかかわらず大学に行ったり働きに行ったりしてるそうです。
「あの子ってほんとにえらいわよねえ~」と姑。
・・・・・
イタリア人は菌を人に移すことに後ろめたさのうのじも感じないのでしょうか。
そんなことはないでしょう。これはこの家族だからそういう解釈してんでしょうね。
「移された人が悪い」と。

まあ、そんなわけで金曜からずっと動けない状態だったのですが、さすがに病気慣れしていない私はたとえどんなに調子が悪くてもベットでじっと寝ているなんて無理なんでございます。
動けない体制でいながらも、目だけは闊達に動かしていろんなところを見てしまいます。すると、本棚のホコリが気になり始めました。早速雑巾を絞ってきて本棚掃除開始。
その時、一番上の棚に飾ってあった写真の額が落下して、わたくしのオデコを直撃いたしました。あまりの痛さにその場に固まることしばし。大きな音がしたにもかかわらず誰も様子を見に来てくれない。抑えてた手を見ると血。オデコに額の角が直撃したようでした。
それを旦那に見せにいったら「具合悪いのに寝てないのが悪い」と一言。

具合が悪くてしかも痛い。最悪です。嫌な時には嫌な事が続くものですね。

で、今日はちょっと調子が良かったので、うちの子供が前から参加希望していた「子供フリマ」へ一緒に行くことにしました。家にあるだけの「売っていいもの」を持って、春のような心地の会場へ。
a0087957_544244.jpg


売れる売れる! 何が売れるって、日本のもの。昨日夜に眠れなくなって、家にあるだけの封筒から切手を切り取って持っていったら、これがあっという間に売れてしまいました。びっくりです。ポルトガルには切手コレクターが多いようです。
最大でも1ユーロ以上の値段をつけてはいけないとう条件の中、売り上げは20ユーロ。まあまあじゃないでしょうか。
a0087957_545279.jpg

a0087957_5451981.jpg


家に帰ってきたら鼻水が止まりません。
「やっぱり家にいたほうがよかったんじゃないの!?」と攻撃的な夫。
普段病気慣れしてないと、加減ってもんがわからないもんです。自分ではすっかり菌を撲滅させたつもりでいたのですが、まだ残ってんですね、この様子だと。
子供がそんな私を気の毒に思って売り上げでアイスを奢ってくれました。

オデコは腫れて瘤鯛みたいになってきています。
[PR]
by dersuebeppi | 2007-01-22 05:46

漫画家ヤマザキマリのブログ。HP) http://yamazakimari.com


by dersuebeppi