ファシズムと古代ローマ

私の秘蔵本の1冊なのですが、いろいろな意味であまりに凄いのでご紹介します。

イタリアの『DOMUS』という建築雑誌の別冊付録(大きさはB4-A3くらいでかなり大きい)ですが、刊行年が1935年。
この時代のイタリアはファシズム政権下です。

ファシズムの語源は「ファスケス」という斧の周りに木の棒を束ねたものですが、古代ローマ時代の護衛官はこれを担いで独裁官や執政官といった権力者の後ろを歩く習慣があったのだそうです。発祥はエトルリア時代とされています。


a0087957_15171482.png



つまり「ファスケス」とは権力者の象徴。それがファシズムという名称の謂れです。

当時イタリアでは20世紀初頭から「フトゥリズム(未来派)」という前衛芸術が支持されていたこともあり、この時代の表現作品の多くはこのフトゥリズムの影響を多大に留めるものになっていますが、こちらの別冊付録も類に漏れず。しかも凄い完成度で、今の時代においてもこんなハイクオリティな付録の図録は見た事がありません。

私をイタリアに招聘したマルコ爺さんの遺品ですが、頂いてしまいました。
少しづつ小出しに中身をご覧にいれましょう。

表紙はトライアヌスの記念柱

a0087957_14250949.jpg



中表紙

a0087957_14250944.jpg


a0087957_14251019.jpg



ハドやん(ハドリアヌス)


a0087957_14251098.jpg



アンティノー見開き2P


a0087957_14251052.jpg



ポンペイレッドが美しく再現されたカラーページ 


a0087957_14251155.jpg



エンディングとイタリア政府観光局ENITの宣伝


a0087957_14251193.jpg


「この巻に掲載されている諸々の広告の制作は全てドムス出版によるものです」という記載があります。

そう、実はこの別冊付録には沢山の広告が掲載されているのですが、これがなんていうか、素晴らしいのです。
すべて、古代ローマの遺産と当時の技術による商品がテーマになっています。


例えばこんな感じ:「Fiat」と古代ローマのレリーフの二輪戦車


a0087957_14262272.jpg



レンガ


a0087957_14251247.jpg



バスルーム


a0087957_14251215.jpg


チョコレート(Perugina) のお隣はクリスタルを用いた建築素材? 耐火性があるようです


a0087957_14251125.jpg



メタル(線の印刷が銀色!)



a0087957_14263334.jpg



家具


a0087957_14261586.jpg



そしてあとは古代ローマと関係ありませんが


パネットーネ



a0087957_14264215.jpg



で 車用オイル



a0087957_14265054.jpg




ファシズムという思想はともかく
ぬかりの無さ感も含め、この別冊制作に携わったDOUMUS出版社には敬服いたします。
古代ローマ人も自らの文化がこのような完成度でアプローチのされるのであれば、いくらでも「よし!」と思うことでしょう。





 












[PR]
by dersuebeppi | 2017-05-25 15:07

漫画家ヤマザキマリのブログ。連絡先等はプロフィール欄をご覧下さい


by Thermari
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30