帰りました・・・

リスボンは気温30度、快晴。
やっと着いた・・・着きました・・・

かつてソビエト連邦が存在していたころ、日本からヨーロッパへ渡る飛行機のルートにはアラスカ経由の北周り、そして南周り、でもってソビエトの飛行機を使ったモスクワ経由というのがありました。
この中で一番早くイタリアへ到達できたのはモスクワ経由なんですが、これには時として座席が外れたり水滴も天井から滴り落ちる、サービスという概念が一切感じられないアエロフロートという機材に乗らなければなりません。
そして時としてはトランジットでモスクワ空港のそばのしょぼくてこきたない、ベッドにはさっきまでそこで寝ていた人の気配がフレッシュに残るそんなホテルに一泊させられたりすることもあり、気持ちよく旅を楽しみたいのなら北周りか南周りを選択することになります。
わたしはこのすべてのルートをトライしたことがありますが、南周りはシンガポール航空で何か所も給油やらなにやらで経由しながら最終目的地ローマに着いたのは30時間後くらいだった気がします。
世界トップランクのサービスを誇る航空会社だとしても、それの有難味がだんだん感じられなくなってきてしまうほど、やはり南周りは遠いですね。

カタール、リビア経由でモロッコ、モロッコからリスボンへ入った今回も、そんな南周りのつらさをしみじみと思い出しました。
カタール航空も立派だし、サービスも満点だし、映画も何百個という数の中から選べたり、ほんとにすごいんですけどね。
なのに最後にはもう座席の模様しか見つめるものがなくなっていました。

そしてやっとリスボンの我が家に到着を果たしたわけです。
やった!!

しかし・・・今の私、尻も背中も首も全部バリバリのガチガチで、まるで全身の筋肉に石膏を流し込んだみたいな心地です。数日間くらいどっかの保養地でこれらの痛みを解したい気分なんですが・・・仕事がつまりまくりなんで休んでなんていられないわけです。
こんなとき、ほんっとーーーに風呂があったらどんなに素晴らしいだろうかと思います。

それにしても、このカタール経由が取れないう場合半ば本気で考えていたシベリア鉄道ルートを選択しなくてよかったです。
[PR]
by dersuebeppi | 2010-04-27 14:58

漫画家ヤマザキマリのブログ。連絡先等はプロフィール欄をご覧下さい


by Thermari
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31