a0087957_1872829.jpg


このたびリリースされたMarisa Monteの新アルバム「Coleção 」
生前のセザリア・エヴォラとのデュエットあり(ドリヴァル・カイミの名曲 É doce morrer no mar )、何度か自分達のライブでとり・みきさんとお披露目しているPaulinho da Violaとの「Calinhoso」デュエット、Velha Guarda da Portelaとの「Volta Meu Amor」あり、 デヴィッド・バーンとの「3月の水」など、これまで自身や別の人のアルバムに収録されていたものや、Youtubeでしか聞けなかった曲が纏められていて大変嬉しい。
マリーザのアルバムはやはりなんていうか、今回みたいに多様な嗜好性がミックスされているのが一番好きです。
http://www.marisamonte.com.br/pt

ところでマリーザ・モンチとは:

ブログ1
ブログ2
リスボン時代途中まで作って投げ出したマリーザ専門ブログ
Querida Marisa Monte
[PR]
萩尾望都×ヤマザキマリ SFトークイベント
4月16日(土)19時・武蔵野公会堂ホール
事前受付の締め切りは3月25日必着までです!
(350名以上の申し込みがあった場合は抽選になりそうです)
a0087957_16591957.jpg

a0087957_170992.jpg

[PR]
# by dersuebeppi | 2016-03-23 17:00 | 漫画・仕事
a0087957_17452125.jpg


今年もやって来た!ヤマザキ春のマリまつり2016!!!
日本記念日協会によって正式に「よい風呂の日」と認定された4月26日に、お風呂+音楽=「開放感と快楽」がテーマとなったイベントを行います。
「とりマリ&エゴサーチャーズ」によるライブと「飲&YO!」による美味しいフードをお楽しみ下さい。

ヤマザキマリ作詞による初・オリジナルソングも披露予定!
【LIVE】とりマリ&エゴサーチャーズ
ヤマザキマリ(Vo,Gt) ) HP
とり・みき(Gt) ) HP
葛岡みち(Key)
伊藤健太(Ba)
サンコンJr.(Dr)
松井泉(Per)
-
【FOOD】
飲&YO!(すこやか料理ユニット) ) Facebook
-
op 18:30 st 19:30 ・ 前 3,500円 当 3,800円 (雪鶴4種お土産付) +2Drink 1,000円
※整理番号順のご入場となります。当日18:00~

a0087957_1745487.jpg


http://www.moonromantic.com/?p=28914
[PR]
# by dersuebeppi | 2016-02-28 17:46
只今東京でも大回顧展が開催中のボッティチェリですが
昨日発売されたばかりの『婦人画報』3月号に掲載されているボッティチェリ特集にて、わたしが昔暮らしてたフィレンツェの街や美術館を巡りながら、11pにわたって画家職人ボッティチェリのご紹介をしております。修復したての聖アウグスティヌスに触ったりしております。
もしボッティチェリが21世紀に漫画家として生きてたら?想像図も載せております。
じっくり読まれた方は是非。
a0087957_2252195.jpg

a0087957_22524374.jpg

a0087957_225389.jpg


只今発売中の暮らしのおへそにも登場しております。
a0087957_2253537.jpg


先日河出書房から発売された「マンガがあるじゃないか わたしをつくったこの一冊」でも水木先生の『かっぱの三平』を紹介しております。
a0087957_22541982.jpg

[PR]
# by dersuebeppi | 2016-02-01 22:56 | 漫画・仕事
来る2月14日(日曜日)に九州大学でとり・みきさんと一緒にシンポジウムに参加します。
ポスターは大噴火していますが、テーマは「こころを掘り起こす」

福岡近辺にいらっしゃる方もそうじゃない方も、チョコレートを貰える予定の方もそうじゃない方も、是非お待ちしております!

詳しくはこちら

a0087957_14351793.jpg

[PR]
# by dersuebeppi | 2016-01-26 14:38 | 漫画・仕事
絶讃締め切り中だがどうしてもどうしても必要だったので(…すみません)行ってきてしまった……(でもペン入れは終わってから行ったんですよ、ほんとですよ)
1960年サンパウロ生まれで現在の活動拠点は米国の女性ジャズピアニスト、Eliane Elias。

a0087957_13352186.jpg


https://www.youtube.com/watch?v=j2PO3GmnFIw
http://elianeelias.com/
(東京公演は本日10日まで!)

才能満載で(ものっすごい上手い。私の中では女性ジャズピアニストでは彼女がナンバーワン)、佇まいもかっこ良くて、ダイナミックで、知的で、お茶目で… 私的な見解ではありますが、どうもヨーロッパやアメリカよりも、ブラジルにはこういう才色兼備系女性が沢山いるような気がします。

何でだろうな。以前ブラジルに行った時も現地の美術家とそういう話になったけど、ヨーロッパだと男性並の技術と技で何かを成し遂げる人って男勝りになって、しかも男勝りでなにが悪い、となるけど、ブラジル人は『女性』というジェンダーをそこから追放しないからなんじゃないか、という見解だった。

イリアーヌもピアノを弾いている時は凄いし、体躯もどーんとしているけど、55歳でも定番のボディコンで、喋るとあんなに可愛らしくて… ほんっとに世の女性はもっとこういう人を美意識の参考にすべきなんじゃないかと思いましたよ。

久々に強烈なエネルギーチャージができた。
このパワーがしばらく長持ちしますように
[PR]
# by dersuebeppi | 2016-01-10 13:37
新連載が始まります
a0087957_1912177.jpg

掲載誌は 芸術新潮 になります。
古今東西、『絵』と経済がこれだけ密接に結びついていたのは、金融業で潤ったフィレンツェを始めとするイタリアの諸都市と、今の日本だけではなかろうかと思っているのですが、これはそのあたりのコンセプトを軸にした、漫画、というよりはルネサンスの画家たちと漫画家の類似点の考察的『絵』読み物になる予定です。
隔月連載で毎回4Pだけですが、オールカラーです。
今回もとり・みきさんとの二人三脚になります。
どうぞ御楽しみに!
(連載初回号は江口寿史さんの特集号です!)

そして、
同時期に発売されるのがこちら:
a0087957_19143924.jpg

ヤマザキマリの偏愛ルネサンス美術論 (集英社新書)

私はもともとルネサンス絵画を学ぶ目的でフィレンツェに移住していたのですが、メジャーな巨匠たちにはあまり興味がわかず、どちらかというと知名度は無いけど個性のある、マニアックで技工力の高い、その私生活も謎めいていてちょっと変わった変人画家たちが好きだったので、そんな知られざるルネサンスの影の立役者達にスポットをあてた内容になっております。
これを読んで、イタリア・ルネサンスの固定概念の箍を外して頂けたら嬉しいです!

まだあります
来年1月、東京ではイタリア・ルネサンスを代表する2人の画家たちの大回顧展が開かれます

ひとりはボッティチェリ
a0087957_1915210.jpg


もうひとりはダ・ヴィンチ
a0087957_19153018.jpg


ふたりともヴェロッキオ工房の出身者ですが、人格も作品の方向性もちがうこの2人の個性的作家について、この機会にお話をさせて頂く予定です。
講演会付きのチケットも販売しておりますので、ご興味の有る方は是非!
お待ちしております

ボッティチェリ展:講演&鑑賞会&お土産付きチケット

ダ・ヴィンチ展:講演会付きチケット
[PR]
# by dersuebeppi | 2015-11-27 22:22 | 漫画・仕事
a0087957_16251217.jpg


合作っていうのは2人の作家がそれぞれ…とか悠長な事を語れていた時期はもう終わりました(笑)

プリニウスの制作期間にはいると、イタリアにいる私も日本のとり氏も細かい事を考えているゆとりは皆無になります。
締め切りに間に合うかどうかとハラハラしている担当編集氏の手にラストの1Pが渡った後は、完全な腑抜け状態。週刊連載も大変そうだけど、月刊でありながらこんなトライアスロン競技をしているみたな心地になるなんて、描き始めた頃は想像もしておりませんでした。
だからこそ、新刊がこうして市場に出た時の喜びと安堵もひとしおです。

今回は岩合光昭さんの「猫歩き」的な古代ローマ猫視線のエピソードから始まり、またしても数々の動物や怪物が登場します。正直、この時期のローマはネロというローマ帝国史上屈指の奇抜な皇帝が君臨していたわけですし、彼を軸にしたドラマチックな出来事もこれでもかというくらいネタとしてあるのですけど、そちらに焦点を置き過ぎると、博物誌とプリニウスの浮世離れした世界観に集中できなくなってしまうので、なかなか構成のバランスを取るのが大変でございます。
やはりどんな世も、群を抜けるくらい一筋縄ではない奇人変人というのは、社会を揺るがす現象とは距離を置いたところででしかその才能を発揮できないものなのかもしれません。

でも1ページ毎にじっくり絵を見つめてしまう図鑑としての要素、しかも歴史も感じられる漫画、という最初から抱いていた目論みは少なからず果たせている感触は確実にあります。

そんなわけで只今発売中でございます!
ご購入はこちら プリニウス3

おまけについてくる一角獣ポストカード
a0087957_1654128.jpg


そしてこの3巻発売に合わせたとりさんとの漫画制作秘話トークショーも行います:
『プリニウス』第三巻刊行記念トークライブ

表紙はネロの愛人で皇后の地位略奪をねらうポッパア、帯をとればとり・みき氏による大ダコに破壊されるガレー船の図です。

a0087957_16131138.jpg

[PR]
# by dersuebeppi | 2015-09-10 18:09 | 漫画・仕事
a0087957_12594354.jpg


イタリアも暑かったが今年の日本の暑さも半端じゃありませんね。
そんな暑さに辟易している皆さんにライブイベントのお知らせです:
お盆は帰省をせずに家で過ごします!という方には是非入らして頂きたい夏まつりライブ。

とりまりとまりの夏まつり詳細

今回はとりマリ&エゴサーチャーズ(+パーカッションの松井さん)と、私・とりさんと同じく漫画家の山田参助さん(最新作は「あれよ星屑」)が活動していらっしゃるデュオ「泊」も参加されます。 

「泊」についてはこちら

a0087957_13013100.jpg

a0087957_1304096.jpg


とりマリ&エゴサーチャーズはハワイアンやサンバ、ラテン、ジャズの新しい曲もふんだんにお披露目いたします。
会場では屋台フードもご用意、浴衣で入らして頂いた方にはサプライズもあるらしいです!
あ、あと私がパッケージをデザインした北海道のお菓子「雪鶴」もお越し下さった皆様にはお土産としてご用意してます。
漫画家3人コラボウチワも会場限定で販売いたします〜(上の青いイラストをあしらったもの)

お友達ご家族お誘い合わせの上、浴衣でもアッパッパーでも結構なので、どうぞお越し下さいませ。
お待ちしております!

「とりまり・とまりの夏まつり」


会場)青山月見ル君想フ
〒107-0062 東京都港区南青山4−9−1
03-5474-8115

日時)2015.8.15(土)
開場17:30 開演18:30
前売 3,500 当日 3,800 (雪鶴4種5個入りお土産付) +2Drink 1,000

【出演】
とりマリ&エゴサーチャーズ
ヤマザキマリ(Vo)
とり・みき(Vo,Gt)
葛岡みち(Pf)
伊藤健太(Ba)
サンコンJr.(Dr)
助っ人:松井泉(Per)

(山田参助+武村篤彦)

【協力】
もりもと(雪鶴)


※浴衣でご来場頂いた方の中から抽選でプレゼントあり
-
) インターネット予約 〔 7月1日(水)10:00〜8月13日(木)24:00迄 〕
) 電話予約 〔 7月1日(水)~ 〕
※整理番号順のご入場となります。当日17:00~整列をさせて頂きます。
[PR]
わたしがパッケージのイラストを手がけました北海道のお菓子「雪鶴」
新発売となったゴルゴンゾーラ味には赤ワインが合う!ということで、なんとエキスパートの方々に「雪鶴ゴルゴンゾーラ味」に合うワインをセレクトして頂いたそうです。
a0087957_2383241.jpg

FBの内容をこちらに添付させて頂きますので、雪鶴をご賞味頂く際には是非ご参考にしてください!
(エミリア・ロマーニャのランブルスコは私も大好きですが、ゴルゴンゾーラ味には間違いなく合うと思います!!)
a0087957_2385482.jpg

a0087957_239122.jpg

a0087957_2392713.jpg

a0087957_239413.jpg


雪鶴について詳しく知りたい方はこちらをご覧下さい「もりもと」
[PR]
# by dersuebeppi | 2015-01-05 23:10