6年ぶりにリスボンの家へ掃除やら整理やらをしに戻りました

今週のこちらのエッセイでも、久々のリスボン滞在での感慨を綴っておりますのでお読み下さい。
「ヤマザキマリの地球のどこかでハッスル日記」



a0087957_422113.jpg


a0087957_4251451.jpg


a0087957_4254680.jpg


a0087957_4262858.jpg


a0087957_4271980.jpg


a0087957_4281769.jpg


a0087957_4285120.jpg


a0087957_4313223.jpg


a0087957_4331297.jpg


a0087957_435312.jpg


a0087957_4372476.jpg

[PR]
# by dersuebeppi | 2016-09-27 04:42 | WEBエッセイ
a0087957_14274357.jpg


ルーヴル美術館特別展 ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~
開催期間の残すところあと僅かとなりました。

このような企画に参加させて頂けたのは、14歳の欧州一ヶ月一人旅のゴールがルーブルだったことを顧みても感慨深く、この上無く嬉しいことでもありました。
そしてルーブル美術館のあり方を、どうしても描きたかった素材で表現できたことも満足しております。

でも、この展覧会の見所は何と言っても、普段はあまり目のあたりにする機会のない欧州作家陣の作品の素晴らしさをじっくり見られる事でしょう。

a0087957_14282951.jpg


漫画の表現には既成概念など無いのだということを感じさせてくれる、美しく説得力のある印象的な作品ばかりでかなり触発を受けました。

a0087957_1429233.jpg



ひとつだけ気になったのは:私の視線では展覧会のコンセプトに不似合いな、どうしても観客動員を慮った若干別次元を思わせる、日本式なミーハー的演出がちょっと目立ってしまってるように思えたところでしょうか。まあそれもお金のかかる展覧会にとっては致し方ない事情なのでしょうけれど。
そういった演出がまた、中の作品とのコントラストを強調させるのに一役買っている、という見方もできますが。

これからも日本の各都市を巡るそうですが、とりあえず、未だご覧になっていない方は是非!
漫画作家さんたちや漫画家を目指している方達も是非行って見て下さい、25日までです!



ルーヴル美術館特別展 ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~
[PR]
# by dersuebeppi | 2016-09-22 14:37 | 漫画・仕事
只今発売中の『ku:nel』にエッセイを寄稿しております。
タイトルは“パドヴァの家”
築500年の家に暮らすオーナー夫人のいろいろのお話。
宜しかったら是非お読み下さい

a0087957_220737.jpg


ku:nel



それから同じく只今発売中「手塚治虫文化賞20周年記念MOOK」でも手塚治虫先生へのトリビュートマンガを寄せております。

a0087957_2202715.jpg


a0087957_2205655.jpg


手塚治虫文化賞20周年記念MOOK amazon

同じく只今発売中の「手塚治虫文化賞受賞作家が選ぶBest of 手塚's Work 」でも手塚先生の某短編をセレクトさせて頂きました。

a0087957_2211979.jpg


手塚治虫文化賞20周年記念MOOK amazon

諸々どうぞ宜しく御願いします。
[PR]
# by dersuebeppi | 2016-09-22 02:00 | 漫画・仕事
a0087957_12342588.jpg


9月9日に始まって、今日はもう千秋楽。
毎日あの激しい舞台を繰り返すのは本当に大変だったと思いますが、s**t kingzのみなさん、本当にお疲れさまでした!

a0087957_12345092.jpg


初めてダンスの舞台の原作・脚本を書かせてもらっただけでなく、今回初めてじっくりと「ダンス」という世界とも接した私ですが、言葉の代わりに踊りだけで2時間近く物語を表すという、その厖大な肉体的エネルギーを要する表現の力には度肝を抜かれました。
頑張れば頑張る程運動不足を促す漫画や文筆という表現とはまるで正反対の世界。一度のステージでいったいどれだけのカロリーを消耗することになるのでしょう……

バレエも結局体を使った表現の舞台なわけですが、バレエのように音楽の情動性やダンサーの体のしなやかさを操った動きで繊細な感情を表すのとちがって、s**t kingzのようなヒッピボップで話の進行を表現するのはなかなか容易な事じゃなさそうだと思っていました。

a0087957_1237598.jpg


しかし、彼らはこのストリートダンスというスタイルで、最高のクオリティの舞台を作り上げたわけです。
高品質の踊りによって醸される、最高にバカバカしいファンタジーとお笑いのストーリー。
バスター・キートンが大好きという彼らなだけあって、ストリートダンスに拘らず、無声映画的な動きや往年のミュージカルやコミカルな振り付けも混ざっているのがまた素晴らしかった。
ステージからずっと笑い声が響いている中、私は彼らに自分の作った無謀な話をこんなに素敵にしてもらって「ありがとう!」と何度も感謝をし続けておりました。

メンバーも「漫画はダンスの参考になるので良く読む」と言っていましたけど、こちらこそ、このたびは、本当に良い経験をさせて頂きました。

a0087957_12375164.jpg


分野の違う者同士のコラボが齎す触発の関係の贅沢さ。
彼らの舞台はこれからも日本の別の場所で繰り広げられる予定ですが、私も自分の分野で今回もらったエネルギーを存分に発揮させていきたいと思っております。
ありがとう、s**t kingz!
そしてお疲れさまでした!

9月10日付けのステージ・ナタリーの記事

a0087957_12381436.jpg

[PR]
# by dersuebeppi | 2016-09-18 12:43 | 漫画・仕事
このような企画がありますので是非どしどしご応募下さい:

Starbucks® Send Your Thanks キャンペーン
「ヤマザキマリさんのイラスト入りアニメーション画像を抽選で3名様にプレゼント」


応募期間は9月30日まで

Starbucks® Send Your Thanks キャンペーン

a0087957_17205458.jpg

[PR]
# by dersuebeppi | 2016-09-15 17:21 | 漫画・仕事
更新されました:
ヤマザキマリの地球のどこかでハッスル日記
第94回 「イタリアン・オバちゃんたちが痴漢を減らす?」

ヤマザキマリの地球のどこかでハッスル日記

a0087957_2259142.jpg

[PR]
# by dersuebeppi | 2016-09-13 22:59 | WEBエッセイ
ヤマザキマリの地球のどこかでハッスル日記
第93回  「世界のトイレとダンスパフォーマンス」
a0087957_2202731.jpg


私が原作を手がけた『素晴らしきポンコツ−Wnderful Clunker』のステージは今月9日からです!
Wonderful Clunker -素晴らしきポンコツ-

[PR]
# by dersuebeppi | 2016-09-06 22:04 | WEBエッセイ
本日6日11時からTOKYO FM「ディア・フレンズ」に出演致します
私の経験してきた世界のトイレの話などをしております。
http://www.tfm.co.jp/dear/
坂本美雨のディア・フレンズ

a0087957_7183894.jpg

[PR]
# by dersuebeppi | 2016-09-06 07:19 | 漫画・仕事
更新されました:

ヤマザキマリの地球のどこかでハッスル日記
第92回 「イタリアの大地震、私が暮らす築500年の家は大丈夫!?」

ヤマザキマリの地球のどこかでハッスル日記

a0087957_0491895.jpg

[PR]
# by dersuebeppi | 2016-08-31 00:49 | WEBエッセイ
a0087957_229564.jpg


本日名古屋市博物館で開催中のポンペイ店でのイベントである私ととり・みきさんのトークショーのおこし下さった皆様ありがとうございました、そして抽選に外れてしまった方もお会いできなくて残念でしたが、ご応募ありがとうございました。

とりさんと2人でトークをするのはもうこれで数回目ですが、なんだか回を重ねる毎に舞台での自分の役回りが前にも増して荒んできているように感じてきております。

私、こう見えても普段はもっとマイルドなんですよ……小心者だし人見知りだし。いや、ほんとに。

なのにとりさんと舞台に上がると、故意に、いつも以上に「横柄で態度のでかい女」という演出のスイッチが入ってしまうのです。
そして、とりさんが物腰柔らかく喋るから尚更わたしのオニババ感が際立つ仕組みになっています。

次回はもっとしおらしく振る舞うことを意識しよう。


a0087957_22112984.jpg

東京へもどり、伊勢名物の二軒茶屋餅を三軒茶屋で食し中
[PR]
# by dersuebeppi | 2016-08-28 22:14 | 漫画・仕事