ファシズムと古代ローマ

私の秘蔵本の1冊なのですが、いろいろな意味であまりに凄いのでご紹介します。

イタリアの『DOMUS』という建築雑誌の別冊付録(大きさはB4-A3くらいでかなり大きい)ですが、刊行年が1935年。
この時代のイタリアはファシズム政権下です。

ファシズムの語源は「ファスケス」という斧の周りに木の棒を束ねたものですが、古代ローマ時代の護衛官はこれを担いで独裁官や執政官といった権力者の後ろを歩く習慣があったのだそうです。発祥はエトルリア時代とされています。


a0087957_15171482.png



つまり「ファスケス」とは権力者の象徴。それがファシズムという名称の謂れです。

当時イタリアでは20世紀初頭から「フトゥリズム(未来派)」という前衛芸術が支持されていたこともあり、この時代の表現作品の多くはこのフトゥリズムの影響を多大に留めるものになっていますが、こちらの別冊付録も類に漏れず。しかも凄い完成度で、今の時代においてもこんなハイクオリティな付録の図録は見た事がありません。

私をイタリアに招聘したマルコ爺さんの遺品ですが、頂いてしまいました。
少しづつ小出しに中身をご覧にいれましょう。

表紙はトライアヌスの記念柱

a0087957_14250949.jpg



中表紙

a0087957_14250944.jpg


a0087957_14251019.jpg



ハドやん(ハドリアヌス)


a0087957_14251098.jpg



アンティノー見開き2P


a0087957_14251052.jpg



ポンペイレッドが美しく再現されたカラーページ 


a0087957_14251155.jpg



エンディングとイタリア政府観光局ENITの宣伝


a0087957_14251193.jpg


「この巻に掲載されている諸々の広告の制作は全てドムス出版によるものです」という記載があります。

そう、実はこの別冊付録には沢山の広告が掲載されているのですが、これがなんていうか、素晴らしいのです。
すべて、古代ローマの遺産と当時の技術による商品がテーマになっています。


例えばこんな感じ:「Fiat」と古代ローマのレリーフの二輪戦車


a0087957_14262272.jpg



レンガ


a0087957_14251247.jpg



バスルーム


a0087957_14251215.jpg


チョコレート(Perugina) のお隣はクリスタルを用いた建築素材? 耐火性があるようです


a0087957_14251125.jpg



メタル(線の印刷が銀色!)



a0087957_14263334.jpg



家具


a0087957_14261586.jpg



そしてあとは古代ローマと関係ありませんが


パネットーネ



a0087957_14264215.jpg



で 車用オイル



a0087957_14265054.jpg




ファシズムという思想はともかく
ぬかりの無さ感も含め、この別冊制作に携わったDOUMUS出版社には敬服いたします。
古代ローマ人も自らの文化がこのような完成度でアプローチのされるのであれば、いくらでも「よし!」と思うことでしょう。





 












[PR]
# by dersuebeppi | 2017-05-25 15:07


この本の著者であり報道写真家であるピーター・メンツェル氏の「地球家族」(MaterialWorld) の写真はこちらからもご覧頂けます:




a0087957_13091301.jpg








[PR]
# by dersuebeppi | 2017-05-24 13:21

夢の西遊記

a0087957_14352386.jpg

悟空:谷口ジロー
猪八戒:寺田克也
三蔵奉仕:とり・みき
沙悟浄:羽海野チカ
玉龍:ヤマザキマリ


なんとなく描いた本人達がそのままキャストでもおかしくない。
一生のお宝

[PR]
# by dersuebeppi | 2017-05-23 14:39
a0087957_02405849.jpg

やはりプロットを作って考証、そしてネームに仕立てるまででしょう。

下絵とかペン入れはまだラジオのニュースや音楽を聴いたりしながらできるけど、ここまでの段階では部屋を閉め切って音も何もかも遮断。メシも抜き。
根を詰め過ぎると吐きそうになるので注意。
しかも体調が然程芳しく無いときにこの作業は相当辛い。かなり辛い。

漫画にしなくてもいいのなら、そしてなにより毎月の締め切りさえなかったら、私はおそらく部屋に引き蘢って好きなだけ調べごとをし続けるのでありましょう。調べた事を結果に纏める必要性がなければ楽しい作業のはずなのですが。


[PR]
# by dersuebeppi | 2017-05-23 02:45

虫型装飾品

a0087957_01051180.jpg

全部気に入ってます
(ヘラクレスブローチは革製。白い連なっているやつは蝉です)

それにしても香川照之さんの虫番組、羨ましいな.....


[PR]
# by dersuebeppi | 2017-05-22 01:08

朝焼けの日は天気が悪い

ということで今朝の窓からの景色

a0087957_12441905.jpg

バーニング

[PR]
# by dersuebeppi | 2017-05-21 01:13

譜面台にいつのまにか

買物に出て戻ってきたら、その隙に部屋のピアノの譜面台にプリントアウトされた斯様な譜面が置かれていた。
えーっ......... なんで........  これを弾けと.......... 


a0087957_13060547.jpg



もしかしてイタリアでも報道されてたのだろうか、また長編アニメを手がけられるというニュース。

[PR]
# by dersuebeppi | 2017-05-20 13:09

寝具と風呂

a0087957_12445115.jpg

日常の生活において重点を置いている2つの環境
あとはどんな有様でも、とりあえずマットレスが素晴らしいのと、広く無くても快適な浴槽があればわたしは幸せです。


a0087957_12444685.jpg


マニフレックスはフィレンツェのメーカーなのですが、学生時代は「ああ、こんな快適そうなマットレスで寝てみたい」という思いをつのらせていました。実現したのはあれから30年後。毎日就寝時間を待ち遠しく過ごしております。


マニフレックス「ヤマザキマリ_インタビュー」




[PR]
# by dersuebeppi | 2017-05-20 12:58
a0087957_13074039.jpg

谷口ジローさんと松本大洋さん、そしてわたくしの絵がレイアウトされた大判ハンカチ。
ルーブルNo.9展用の企画商品です。猫、ルーブル美術館、ダヴィンチ、そしてパルミラ遺跡が一体化した貴重品。

福岡での展覧は5月28日まで。7月15日からは名古屋にて回顧展最終の開催となります。
近隣にお住まいの方は是非足を運んでみて下さい。


ルーヴル美術館特別展 「ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~」





[PR]
# by dersuebeppi | 2017-05-19 13:26

パドヴァ いつもの散策

原稿に息詰った時はぶらりと外へ。


a0087957_14072417.jpg

家のすぐそばにあるパドヴァ大学のスペーコラ天文台


広場で語り合っていた自転車おしゃれ中年カップル


a0087957_14072378.jpg

Bacaro Padovano


a0087957_14072474.jpg
a0087957_14072532.jpg


プロセッコと鶏肉のサオールを摘んで家へ戻り、再び原稿。

[PR]
# by dersuebeppi | 2017-05-18 14:21

漫画家ヤマザキマリのブログ。HP) http://yamazakimari.com


by dersuebeppi