a0087957_148112.jpg


(写真は今朝の猫 本文とは関係ありません)

昨日のお昼時、とある用事から家に帰宅をする途中旦那と外を歩いていると、彼がいきなり「やばい!」といって反対側の歩道に移動しました。
何故だろうと思って前方を見てみたのですが、障害物的なものはないし、目に入ってきたのはイタリア人には珍しいヒラヒラなミニスカートに大きく胸の開いた服を着た、30歳くらいのお姉さんが携帯を見ながら立っている姿だけ。

良く判らないまま私も旦那の後について反対の歩道に渡りました。
すると、その歩道の脇にあった食料品店の窓に、ヒラヒラスカートのセクシーなお姉さんが旦那に気がついて「あ!」というリアクションをしているのが映って見えました。そして、数歩追いかける気配も。しかし、彼は全く気がつかないふりで先きをどんどん歩いていきます。

「ねえ、あの人なんだか声を掛けたそうにしてたよ」と早足で急ぐ旦那の背中に話しかけると「いいから無視して」という答え。

あとで話を聞くと、一度その女性は旦那の本のファンだといって大学に現れ、その後も執拗にメールを送ってきたり何度も待ち伏せをされたのだそうです。バールでコーヒーを飲んでいたらそこにもどこからともなく現れて、巨乳を然りげ無く押し付けられそうになった、とのこと。
彼女はどうやら旦那に限らず、この街の大学の教官、作家、文化人など、とにかく文科系知的職業の男性に誰彼構わずアタックする「教養人専門パンヴァイア」として有名な人なのだそうです。

「女性にはベルルスコーニみたいに高齢者であろうと外観がどうであろうと、経済力さえあればそれに吸い付けられる人っていうのがいるけど、中にはターゲットが経済ではなく、教養や知性という女性もいる」と旦那。まあ女性にもそれぞれ必要な栄養素がある、ということでしょうけれど。
「あの巨乳とミニスカを武器に大学の先生も何人か餌食になってきたに違いない、大学の先生とか教養人って気弱な人が多いから、あの女性の色気で迫ってこられたら太刀打ちできなくなると思う」
同業者達の立場に立って巨乳を押し付けられて来た時の心境を熱く語る様子を見ていると、相当なレベルの動揺を覚えたのでありましょう。普段「ベネト州には女性の人口ゼロ」などと失礼な事を言っている人にはかなり衝撃的だったのかもしれません。

でも、まあ、そういう女性は日本にもアメリカにもどこにでもいると思います。
[PR]
# by dersuebeppi | 2016-05-28 15:54
a0087957_655012.jpg


原稿を描きながらイタリアの映画チャンネルを見ていたら1962年の『戦艦バウンティ』が始まりました。
子供の頃に一度見た映画でしたが、確かものすごく綺麗な女の人がでてくるような朧げな記憶が…と思って待機していたら、記憶通りに美しいポリネシアンの女性が踊りながら出て来ました。
この女性の名前はタリタ・テリピア。タヒチのボラボラ島出身。



映画の役柄とはいえ、主人公マーロン・ブランドの目つきが尋常ではない。演じろといわれても、普通の役者にはなかなかこんな目つきはできないでしょう。見ている方が照れ臭くなります。
まあ、目の前でこんな美女がこんな姿態でこんな踊りをしているのだから止むを得ないかもしれませんが。

調べてみたところ、タリタはこの共演がきっかけでマーロン・ブランドの3人目の奥さんになったのだそうです。マーロンは共演者に手を出さずにはいられない役者さんとして有名ですが、特にエキゾチックな美女には殊更弱かったらしく、その顛末には納得。暫くはタヒチで結婚生活を送ってもいたそうですが、羨ましい…

しかし、この二人の結婚生活は10年程で破綻し(マーロンはそれ以降独身)、おまけに二人の子供達は大人になってからいろいろあって悲しい顛末を迎えています。
別離した妻の子供とはいえ、マーロンには辛かったにちがいありません。

ちなみに孫のTuki Brandoはタヒチでお婆さんに育てられ、現在モデルとして活躍中
a0087957_649159.jpg

[PR]
# by dersuebeppi | 2016-05-27 06:59
更新されました:
ヤマザキマリの地球のどこかでハッスル日記
第79回 「SNSが楽しめる人、そうでない人」

ハッスル日記はこちらから


a0087957_15584998.jpg

[PR]
# by dersuebeppi | 2016-05-26 16:00 | 漫画・仕事
昨日の散歩写真です:

a0087957_5215344.jpg

↑パドヴァの裏通り 日曜ということもあり人間遭遇率ゼロ(観光客が少ないのが嬉しい)

a0087957_5223974.jpg

↑バジリカ・デル・サント(聖アントニオ教会 聖アントニオはポルトガル人でしたがパドヴァで病没。パドヴァとポルトガル、そしてブラジルの守護聖人でもある)

a0087957_5232086.jpg

↑サンタ・ジュスティーナ教会にある「聖人の遺骨の井戸」中をのぞくと本当に人骨が転がっている

a0087957_5235335.jpg

↑海の生き物に説法をする聖アントニオ  ふたりの修道士の良い人オーラに思わず鳥も説法を聞いている

a0087957_5242072.jpg

↑イタリアの文人ペトラルカ縁の村 アルクア・ペトラルカ

a0087957_5245738.jpg

↑教会の中にはお祭り用の神輿が。神輿の上の丸い金色の容れ物に入っているのは様々な聖人の遺骨

a0087957_5262031.jpg

↑路地

a0087957_5264683.jpg

↑ジェラートを貪るように頬張る休日モードの人々

a0087957_543171.jpg

↑旅行でパドヴァを訪れたお友達と私
[PR]
# by dersuebeppi | 2016-05-24 08:20 | Italia
コンタロウ氏が描いて下さったわたくし
a0087957_0463879.jpg


吾妻ひでお氏が描いて下さったわたくし
a0087957_0471299.jpg


東村アキコさんが描いて下さったわたくし
a0087957_048011.jpg


とり・みき氏が描いて下さったわたくし
a0087957_054122.jpg



お宝でございます
[PR]
# by dersuebeppi | 2016-05-22 00:57 | 漫画・仕事
講演会のお知らせ:

港区立男女平等参画センター「リーブラ」
男女平等参画フェスタ

講演会「ヤマザキマリの 人生壁知らず」

日   時  平成28年6月25日(土)午後1時~2時30分
参加費  無料
対   象  どなたでも
定   員  208名 (事前申込制・先着順)
手話通訳  あり (予約不要)

申 込
▼電話・Eメール・窓口にてお申し込みください。
【リーブラ】
◆TEL: 03-3456-4149
◆Eメール: libra@career-rise.co.jp
◆Eメールでお申し込みの場合は、メールタイトルを「【6/25講演会申込】ヤマザキマリさん」とし、
(1)氏名 
(2)電話番号・メールアドレスのうち連絡のつきやすい連絡先 
(3)住所(区・市まで) 
(4)年代(○歳代)を記載してください。

※保育希望の方は、(5)~(8)を記載ください。
(5)保育希望あり 
(6)お子さんの氏名(ふりがな) 
(7)月齢(○歳▲か月※開催日時点) 
(8)住所(保育利用票を郵送します)

◆メールによる申込みの場合はリーブラからの確認メールを持って受付完了といたします。

a0087957_16122113.jpg

[PR]
# by dersuebeppi | 2016-05-21 16:17 | 漫画・仕事
再々々放送のご案内です:

a0087957_2313196.jpg



『カラヴァッジョ 光と闇のエクスタシー ~ヤマザキマリと北村一輝のイタリア』

6月5(日)BSプレミアム  午前1:15~2:03 ※つまり 4日(土)の深夜放送です

カラヴァッジョ 光と闇のエクスタシー


a0087957_6534333.jpg

(ドキュメンタリー内でインタビューに訪ねたヴィットリオ・ストラーロ監督と。棚には地獄の黙示録やラストエンペラーやラストタンゴ・イン・パリなど、彼が携わった数々の作品のガチンコやオスカーのトロフィーが3つも並んでおりました)

a0087957_2345567.jpg

(↑そして私の描いたカラヴァッジョですが、某カラヴァッジョファンの男性より「もっと脂っこい方がいいな」と言われました、確かにそうかもしれません。あと胸毛を描くの忘れた)
[PR]
# by dersuebeppi | 2016-05-21 13:41 | 漫画・仕事


[PR]
# by dersuebeppi | 2016-05-20 23:32
a0087957_6564453.jpg


更新されております:

ヤマザキマリの地球のどこかでハッスル日記
第78回 「『きょうの料理』から『ジャングル大帝のテーマ』まで、感性が尋常じゃない冨田勲さんの思い出」

ヤマザキマリの地球のどこかでハッスル日記 第78回

(上の漫画は集英社グランド・ジャンプに不定期で掲載している“Musica Nostra"で嘗て描いた冨田氏とジョン・ウィリアムス)
[PR]
# by dersuebeppi | 2016-05-19 12:45
a0087957_1273693.jpg


来る6月18日福岡西南学院大学にて斯様な講演がございます
福岡近辺にお住まいでご興味のある方、宜しかったら是非いらして下さい。
(内容は、私が子供の頃からどんな本を読んできたためにこんな大人になったのか、というような感じで難しい話はいたしません)

概要:

「テルマエ・ロマエ」などの作品で知られる漫画家のヤマザキマリさんが「ニルスから貰った力」をテーマに講演するほか、同大生と語り合います。コーディネーターは山田順・国際文化学部准教授。聴講券が必要。
 
【日時】6月18日(土)午後1時半~同3時【場所】西南学院大学チャペル(福岡市早良区)
【応募方法】はがきかファクス(03・3217・4309)で。①西南学院大学聴講希望②郵便番号、住所③氏名、年齢④職業⑤電話番号を明記し、〒100・8055(住所不要)読売新聞東京本社活字文化推進会議事務局へ。
メール(katsuji@yomiuri.com)でも可。
定員500人。
締め切りは6月6日。
応募者多数の場合は抽選。問い合わせは同事務局03・3217・4302(平日午前10時~午後5時)。
 
主催=西南学院大学、活字文化推進会議
主管=読売新聞社

 読書教養講座 詳細

[PR]
# by dersuebeppi | 2016-05-19 01:30 | 漫画・仕事