私の仕事場の本棚についての云々
a0087957_1422754.jpg

“『テルマエロマエ』を産んだ、国境なき本棚の中身とは? ~ヤマザキマリ(漫画家・随筆家)Vol.1
Tag Special, ヤマザキマリ, 本棚”

[PR]
# by dersuebeppi | 2016-12-03 14:03
ローマ取材2日目

a0087957_712218.jpg

昨日は皇帝ハドリアヌスが建てたパンテオン
そして本日は皇帝ネロが建設したDomus Aurea(黄金宮)の取材。
a0087957_7173851.jpg

今回の番組で訪れる場所は私が個人的な嗜好でセレクトしたものがメインになっておりますが
黄金宮はまだイタリア国内でもそれほど知名度が高くはありません。
なのでこの遺跡に日本のテレビが取材で入ったのも殆ど無いとのこと。
一緒に出演する俳優北村一輝さんも、その壮大さと美麗さに思わず息を飲んでおられました。

黄金宮についての詳細はまた時を改めて書こうと思いますが
取り急ぎ、この宮殿の外で出会った方達をご紹介しましょう

a0087957_793988.jpg


a0087957_7102167.jpg


a0087957_7111224.jpg


a0087957_7113447.jpg


揃いも揃ってふてぶてしさが半端ない、実に素敵なみなさんでした


その後、この黄金級の在りし日の佇まいをCGで再現しているローマ市内のCG映像制作会社へ。



なんとこの仕事を手がけているおじさん達がみなテルマエ・ロマエの熱心な読者で、テーブルに積重ねてあったイタリア語版だけでなく日本語版のテルマエにまで全冊サイン。
a0087957_7253616.jpg



「古代ローマ世界の再現へのこだわりと情熱を分かち合える人はなかなかいない。資料も参考になる写真もないものを再現するのは本当に大変なことだけど、映像を観る人はきっとそんな自分たちの苦労なんて全く気がつかないはず。ここはそんな孤独なローマ世界好きの集まりなんだ」という彼らの言葉にしみじみ共鳴。こちらだって同じですよ。
次回はここへプリニウスでちまちまと古代ローマの街の景色を再現しているとり・みきさんを連れてこよう。
[PR]
# by dersuebeppi | 2016-12-03 07:34
a0087957_14415351.jpg

フィレンツェを訪れています。

a0087957_14424573.jpg

最初の取材先はカルミネ教会のブランカッチ礼拝堂

只今芸術新潮でもマサッチオとリッピがこの教会で出会うエピソードを描いている最中ということもあり、改めてルネサンスへの大きな第一歩を踏み込んだマサッチオの若々しい大胆さが感じられる画力と逸脱したセンスに感じ入る。最終的に途中放棄されてしまったフレスコを仕上げたフィリッピーノの画力も素晴らしい(柱の影からこちらを見ているのはフィリッピーノの自画像)
a0087957_14432039.jpg


こちらは漫画「Gli Artigiani」の一場面、リッピが初めてマサッチオの絵を目のあたりにしたときの様子
a0087957_1502184.jpg


それにしても、こういうアングルで写真を撮ってみると、教会というのが様々な時代の文化を反影する場だったことがわかります。
a0087957_14435034.jpg


ヤマザキマリ独断イタリア文化を巡る旅、取材はこのあとローマ、そしてパレルモへ。
(放送日は12月27日 NHK総合)
[PR]
# by dersuebeppi | 2016-11-30 14:51
更新されました:
ヤマザキマリの地球のどこかでハッスル日記
第103回 「キューバ――細やかな感性と情熱を持つ“豊かな人々”」

a0087957_1421347.jpg

[PR]
# by dersuebeppi | 2016-11-30 14:21 | WEBエッセイ
本日11月28日(月)深夜0:00〜 (再放送は水曜日朝6時〜)
Eテレ 旅するイタリア語 : 本日のヤマザキマリの独断美術館はラファエロの『大公の聖母』と『小椅子の聖母』でございます。
ご興味のある方はどうぞご覧ください

a0087957_23405632.jpg

[PR]
# by dersuebeppi | 2016-11-28 23:43
a0087957_154126.jpg


アドリアという街にある、小さな考古学博物館

ここには素晴らし古代ローマガラスのコレクションがあり、しかもディスプレイが美しい。

a0087957_15413920.jpg


a0087957_15432574.jpg


2000年も昔の品々とは思えぬ保存状態。

イタリアの各都市にはそれぞれ古代時代に溯る歴史を扱ったこのような地味な博物館があります。
ガイドブックに紹介されることも稀ですが、観光客も誰にも合う事も無く、じっくり眺められるのでおすすめです。

a0087957_1543524.jpg


ADRIA - MUSEO ARCHEOLOGICO NAZIONALE
[PR]
# by dersuebeppi | 2016-11-28 15:45
良い風呂の日なので。

a0087957_19363652.jpg
激動の人生、90年間お疲れさまでした
[PR]
# by dersuebeppi | 2016-11-26 19:36
なので皆さん、今日はお風呂に入って寛ぎましょう

a0087957_617318.jpg


(青森県酸ヶ湯温泉のポスターより)
[PR]
# by dersuebeppi | 2016-11-26 06:19
イタリアのニュース番組を付けていたらいきなり市谷の防衛省の映像が出て来きました
何事かと思ったら「本日は日本の文学者・三島由紀夫の命日です」。

a0087957_1753543.jpg

日本にいるよりイタリアにいるほうがいろいろと気がつくこともあります。

三島といえば、来年こそはなんとか再会させたい「ジャコモ・フォスカリ」。
a0087957_176036.jpg

1960年代後半から70年代に掛けての安保の日本と文壇、シンクロしてイタリアの第二次世界大戦中のパルチザンとその周辺の文学を搦めた(そしてBLと近親恋愛要素もありな)  
何ていうのか、異様にマニアックな作品でございます。

描いてる立場でへんですが、自分も早く2巻が読みたくてたまりません。
描かなくても自然に原稿が出来ていればいいのに…(無茶苦茶)

ここには三島をモデルにした人物も出て来ます
a0087957_177335.jpg


あと安部公房も……
a0087957_179625.jpg


a0087957_1793553.jpg

[PR]
# by dersuebeppi | 2016-11-25 17:12
a0087957_237151.jpg


パドヴァで数日間だけ開催されているチョコレート市場なるものを覗いてきました
チョコレートを絶やすと忽ち禁断症状を発症する身としては、こんな夢のような催しものに出向かないわけにはいきません。

a0087957_2385412.jpg


a0087957_2393479.jpg


実際行ってみると想像していたような有名チョコレートメーカが参加するようなかたちのものではなく、地域の小売店や職人さんの屋台が並んでいる、なんていうかほのぼのした雰囲気の市場でした。

a0087957_23101665.jpg

こんな蛇口や日曜大工道具を象ったチョコレートや

a0087957_23105273.jpg

我々日本人に馴染みの深い猫系キャラクターなど

a0087957_23112461.jpg

入れ歯 ランボーの手榴弾 ランボーのナイフ

a0087957_23115293.jpg

サラミにパルメザンチーズ

全部チョコレートで出来てます

味のこだわりよりもアイデア系な商品が多く、結局なにも買わずに、近所の菓子屋で既製品の抹茶チョコを買ってみたら、めちゃくちゃ美味(日本で作られている抹茶チョコを上回る美味しさかも!)。
a0087957_23122573.jpg

25グラムで4ユーロ(500円くらい)だからかなりお高めですが、市場で売ってるどんな抹茶チョコより美味しいという印象……

行きつけの飯屋に立ち寄って軽いお昼ご飯
オーナーのおっさんが「読んだよ」と、机にどさっと置いたのはシャンプーハットラオコーンの漫画本。「わけわからん話だな」  ええ、そうでしょうね....
a0087957_23125298.jpg


パドヴァで美味しいものが食べたかったら是非こちらのお店へ。
a0087957_23131780.jpg

a0087957_23143733.jpg


テルマエ・ロマエのイタリア語版揃ってます……
[PR]
# by dersuebeppi | 2016-11-24 23:19