a0087957_0284295.jpg

実は年始にテレビの取材で訪れた松山で、漫画家の和田ラヂヲさん行きつけのおしゃれなバーにて斯様な落書きをしてきたのでした。

この日は和田ラヂヲご一家と現地出身の某お友達ご夫婦と合流。
脇に小さく描くだけにしたかったんだが、なんだかんだで適当なスペースが無く、King of Pop江口寿史画伯の隣にこんなにでっかく描いてしまったのだった....
a0087957_0295674.jpg

温泉の街ってことで許して下さい。

取材の合間に道後温泉の椿の湯という公衆浴場を訪れたら、脱衣場に恥ずかしい入浴マナーが!!

a0087957_0301574.jpg


かつてツイッターでこれを見たどなたかが「ヤマザキ先生をパクったイラスト」と私に教えてくれたんだが、これもわたくしの下手くそな絵なのでした。でも外国の人が利用するときには便利かもですね。

松山・道後温泉の建造物の謎を巡る取材、明日四国の方のみNHK総合でご覧頂けます。
道後温泉の建造に携わった棟梁の想像図なども描いてきましたのでそれも放映されるはず。

NHK Discover四国「“湯の迷宮”が秘めた謎 知られざる道後温泉本館」

a0087957_0303226.jpg


いいところだったな、松山は。
[PR]
# by dersuebeppi | 2017-01-20 00:31
a0087957_1033183.jpg


雑誌ミセスの1月号より新連載として掲載されております。
世界の各地で得た印象深い出会いや記憶についてがテーマになっておりますが、1回目はリスボン、2回目はパドヴァ、そして次号はシリアのアレッポです。
ご興味があれば、どうぞ手に取って見てくださいませ。
(毎回このページに掲載される写真も私の撮影によるものです)
[PR]
# by dersuebeppi | 2017-01-19 10:33
a0087957_8333270.jpg

玉村へビオさんが描いた『火の鳥 太陽編』のルベツ
昨年のキチムシで日本とイタリア用に2つ購入
ルベツの品格と威厳、そして着物のアイヌ文様の美しさに一目惚れしたのだった
彼のアイヌモチーフの作品をもっと見てみたいのう...
[PR]
# by dersuebeppi | 2017-01-18 08:39
更新されました:
ヤマザキマリの地球のどこかでハッスル日記第108回目
「北海道育ちなのに寒さがダメになった理由」

a0087957_741465.jpg

[PR]
# by dersuebeppi | 2017-01-18 07:41
たちまち凍り付いたルシウスタオル
只今マイナス16度

a0087957_838646.jpg


a0087957_753455.jpg


a0087957_824058.jpg

[PR]
# by dersuebeppi | 2017-01-14 07:54
私の作品はLINEマンガでもいろいろ読めます
a0087957_9282457.jpg


「世界の果てでも漫画描き」は、キューバ、エジプト、シリア、チベット、各国飛行場、その他諸々今まで私が暮らして来たり尋ねた場所のいくつかを紹介する作品ですが、無料連載中ということでこれから徐々にエピソードがアップされる予定
こちらから1話目無料で読めるようになっているので是非!!

LINEマンガ ヤマザキマリの書籍
(ちなみに作者のおすすめは「ルミとマヤとその周辺」です!)
[PR]
# by dersuebeppi | 2017-01-11 09:31
左から:ローマで買ったMarie-Christine Pavoneのアザラシ、革製ヘラクレスオオカブト、神戸で頂いたアクイレイアのモザイク画のシビレエイ

a0087957_18535175.jpg

[PR]
# by dersuebeppi | 2017-01-10 18:54
ヤマザキマリの地球のどこかでハッスル日記
第107回 「道後温泉で明治維新の多元的なエネルギッシュさを知る」

a0087957_18451779.jpg

[PR]
# by dersuebeppi | 2017-01-10 18:47
a0087957_10291911.jpg


ヴェネチア派であり、盛期ルネッサンスの巨匠ティツィアーノとヴェネチア展にてトークショーを行います。
申し込みは明日1月10日まで。
イタリア・ルネサンスはフィレンツェとローマで生まれた作品にスポットが当たりがちですが、ルネサンスを爛熟に至らせたヴェネチア共和国の光と影と、ティツィアーノを始めとするそこで活躍した画家達について、私なりの見解でのお話ができればと思っております。
お時間の有る方は是非いらしてください。

詳しくはこちら

開催日:2月24日(金) 14:00~15:30(開場13:30)
会場:東京都美術館 講堂(定員225名)
*聴講無料、観覧券提示(半券可)
*事前申込制(応募者多数の場合は抽選となります)
申込方法:
往復ハガキの「往信用裏面」に郵便番号・住所・名前(ふりがな)・電話番号、「返信用表面」に郵便番号・住所・名前を明記のうえ、下記までお申し込みください。1枚のハガキで最大2名の申込可。2名の場合は、それぞれの名前を必ず明記してください。
申込先:〒150-8551
東京都渋谷区渋谷1-3-9 ヒューリック渋谷一丁目ビル3F ユース・プラニング センター内
「ティツィアーノ展スペシャルトーク」係
申込締切: 2017年1月10日(火)必着
[PR]
# by dersuebeppi | 2017-01-09 10:32
a0087957_22494161.jpg


3度目の正直
ぎりぎりまで何があるかわからないと思っていたのですが、やっと叶いました。
担当ディレクターも中止になった過去から重ねて今回の放送まで何十回とシナリオを書き換えてきたに違いありません、本当にご苦労様でございました。
そしてメールやFAXを送って下さったたくさんの皆様、ありがとうございました!

a0087957_22582926.jpg


↑とり・みきと私がミックスしたイラストに笑った



放送が終って帰ろうとしていたところで、マネージャーKさんの旦那(NHKの番組の編集をしている)に呼び止められ、出社してきたばかりで頭がボサボサな男性をいきなり紹介されました

「こちら、“大アマゾン”のディレクター国分さん」

衝動的に両手を差し出し、「めちゃくちゃ素晴らしいドキュメンタリーでした」と興奮しながらディレクターと握手。
「川口浩探検隊を見ていた頃に似た気持ちが蘇りました」と思わずそんな感想を述べてしまった私に「いやいや、あんなにタフじゃないですから!」と国分さん、“大アマゾン”はだいたいタフさだけじゃ叶わない番組ですよ....

とにかく一言でも募っていた感動を伝えられて良かった。
また1話目から見直します。


ガリンペイロ――黄金に憑かれた男たち


「大アマゾン」
[PR]
# by dersuebeppi | 2017-01-05 23:04